介護.com
他カテゴリ→ 準備/心構え 環境作り 食事介助 排泄介助 睡眠介助 清潔介助 移動介助 リハビリ介助 痴呆介助 ターミナルケア
 トップ > 床ズレ対策 > 圧迫摩擦を取り除く円座やクッションの活用(床ズレ予防法):道具を活用して効率的な床ズレ予防 サイトマップ
介護の準備と心構え

 ・介護始める時の態勢づくり
 ・介護生活プランの立案方法
 ・介護人自身の健康管理
◆お年寄りに対する理解◆
 ・『身体』『心理』への理解
◆『寝たきり』を予防する方法◆
 ・寝たきりのきっかけ
 ・『寝たまま』状態の悪影響
 ・寝たきりを予防する要件

介護の環境作り

 ・住まいの危険な場所の点検
◆介護に適した住環境の改造◆
 @照明方法 A移動の工夫
 Bお風呂場 Cトイレ
 D寝床    E臭いの対策法
各季節ごとの注意点と工夫◆
 @春季A夏季B秋季C冬季

食事の介助と工夫

 ・栄養バランスの考え方
 ・献立の作り方
 ・調理方法の工夫
 @脱水の予防A便秘の予防
 B塩分摂取を控えるコツ
 C食欲不振』の場合の工夫
 D嚥下困難』の場合の工夫
◆正しく食事をとる方法◆
 ・正しい食事の姿勢
 ・自助具を使用しての食事
 ・寝たままでの食事の介助法
 ・薬剤を使う際の注意点
 ・健康の記録の記入方法

排泄の介助と自立

◆排泄をしやすくする工夫◆
 ・トイレを使いやすくする工夫
 ・排泄で介助が必要な場合
 ・便器(腰上げ)の使用法
 ・便器(腰上げできない場合)
◆介護での排泄の補助器具◆
 @衣服・下着     A尿器
 Bポータブルトイレ Cオムツ
◆排泄トラブルと予防法◆
 @失禁 A便秘 B下痢

睡眠の介助と工夫

◆快眠のための寝具選び◆
 ・快眠の寝具選びの4ポイント
 ・ベッド周辺の整備
 ・布団(フトン)の活用法
 ・寝床シーツの扱い方
 ・着脱の楽な寝巻(パジャマ)
◆睡眠時のトラブル予防◆
 ・長時間寝込む場合の注意点
 ・寝返り(体位の変換)の介助

清潔保持の介助

◆清潔保持の介助と注意点◆
 ・入浴介助の方法と注意点
部分浴の介助@手浴 A足浴
 ・清拭方法(入浴できない)
 ・洗髪介助 ・洗面・洗顔介助
口腔の清潔保持の介助法
 @歯磨き A入れ歯
 ・スキンケアとかゆみの悩み
◆清潔保持に活用できる衣服◆
 @扱いやすい衣類
 A下着と寝巻(パジャマ)

床ズレ予防の介助

 ・主な原因 ・主な症状と経過
◆床ズレ予防法や対処法◆
 ・床ズレ発症の予防・対処法
 ・床ズレ全般の対処法

移動と動作の介助

 ・安全で無理のない移動介助
 ・寝たまま位置移動の介助
 ・上体(上半身)起こし介助法
 ・ベッドからイスの移動の介助
 ・イスから立ち上がるの介助
 ・車イス介助法と注意点

リハビリの介助

リハビリテーションのポイント
介護での関節拘縮の予防法
 @手と腕と肩 A
◆自力でできるリハビリ◆
寝たままでできるリハビリ・運動
 @上半身 A下半身
座ってできるリハビリ・運動
 @腕・肩、足 A前と横へ
 ・安全な歩き方の練習・介助
 ・言語・聴覚障害がある場合

痴呆症状の介助

 ・痴呆症状の介護とは
 @介護の仕方と注意点
 A痴呆と老化の違いと原因
 Bの主な症状
 C予防する生活のポイント
 D痴呆症状との付き合い方

ターミナルケア(終末期の介護)

 ・ターミナルケアとは
 ・ターミナルケアは在宅か病院か
◆介護者が知るべき応急手当◆
 ・容態の見方(緊急時の手当)

圧迫摩擦を取り除く円座やクッションの活用(床ズレ予防法):道具を活用して効率的な床ズレ予防の生活を

◇介護での床ズレ(褥瘡)の予防と手当ての方法

 

道具を上手に活用する

 床ズレ予防のために、肌への圧迫を和らげたり、皮膚(ヒフ)を保護する道具は、いろいろな種類のものが市販・発明されております。
 まず『円座(エンザ)』は、身体の出っ張っている場所に当てる円形のクッションです。当てた部分が輪の中に沈み込まない大きさのものを使用しましょう。ソフトで肌触りの良いものや、いろいろな大きさのものが市販されております。ゴム製のタイプ(型)の円座には、吸湿性の良いガーゼや綿のカバーをかけてしようしましょう。また、円座は、家庭でも作成することができます。肘(ヒジ)や踵(カカト)などの大きさに合わせて、作成してみても良いでしょう。

  • 円座の作り方

    バスタオルを広げて、対角線にヒモを置いて、二つ折りにします。そして、クルクルと緩まないように巻いて、輪にして端を結びます。
    円座 → 円座 → 円座
     
  • 小さな円座の作り方(靴下で)

    木綿のソックスやシャツの袖(ソデ)を切ったものを巻き込みます。
    円座

 【参考】床ズレ予防での円座やクッションの使用法

 しかしながら、お年寄り(被介護者)が衰弱してぐったりしていたり、当て方が悪い場合には、かえって円座を当てた部分に床ズレができる場合もあります。当てっぱなしにするのではなく、ときどき当てているところをさすってあげるなどをしましょう。
 このようなことに加えて、エアマット、ウォーターマット、ムートンなども便利ですから、積極的に活用されることをお勧めします。

 【参考】寝る際の楽な姿勢や道具の活用:クッションやエアマットの活用

 

シーツや寝巻(パジャマ)の摩擦に要注意

 お年寄り(被介護者)の肌は、若くて健康な人の肌と異なっていて、ちょっとした摩擦でも傷ついてしまうものなのです。特に、麻痺(マヒ)症状があるお年寄り(被介護者)は、傷ついても気づかない場合がありますので、介護者は注意が必要です。
 そして、シーツや寝巻(パジャマ)がゴワゴワだったり、皺(シワ)が肌にあたっていないか、食べこぼしが布団(フトン)の中に入っていないかなどにも気をつけましょう。洗濯(センタク)はこまめに行い、糊(ノリ)づけは避けましょう。

  • 「寝具による摩擦」に関しての補足:年齢とともに人間の皮膚(ヒフ)は水分を失ってきます。水分が少なくなると皮膚(ヒフ)は弾力性を失って傷つきやすくなります。寝具との摩擦によって、高齢者の皮膚(ヒフ)は傷つけられてしまうのです。摩擦を受けると皮膚は赤くなって傷つき褥瘡(「床ズレ」のこと)になりやすく、これに加えて、そこから雑菌も入りやすくなります。そのような状態を予防するために、寝具は清潔で通気性・吸水性の良い柔らかい素材を選んで、皺(シワ)をつくらないようにシーツ交換を行います。体位交換時にもシーツのしわに注意するとともに、皮膚の状態を観察しつつ介護を行うことを忘れないようにしましょう。
  • 「片麻痺(カタマヒ)」に関しての補足:片麻痺とは、脳卒中(ノウソッチュウ)などの脳血管障害などにより脳の運動をつかさどる部分などが損傷して、身体の片側半分を動かす動作がうまくいかなくなることです。『中枢性麻痺(チュウスウセイ・マヒ)』の代表的なもので、手足・体幹(タイカン)・顔面の一面に麻痺(マヒ)症状が起こります。病巣が脳の右側にある場合には、身体の左側に麻痺(マヒ)が起こり(左片麻痺)、失行・失認を引き起こすことが多く、脳の左側にある場合には、身体の右側に麻痺(マヒ)症状が起こり、失語症を引き起こすことが多いです。こうした機能の改善は、麻痺している側への訓練だけでなく、健側上下肢の強化や、装具や用具の適切な使用によって可能となります。身体の半分を動かすことがままならない状態ですので、日常生活において介護する場合には注意が必要となります。


≫次のページ「座る姿勢(座位)で筋肉の劣化予防(床ズレ予防法):全身の筋肉を活発化させて、生活の中での床ズレ予防を」へ

 


同じカテゴリ「床ズレの対策」のページ
床ズレの主な原因
 @圧迫や摩擦による床ズレ
 A湿気や不潔による床ズレ
 B栄養状態の悪化による床ズレ

床ズレの主な症状と経過
   【参考】床ズレ予防の生活習慣のポイント

◆床ズレに対する予防法や対処法◆
床ズレの発症の予防・対処法
 @体位変換による皮膚圧迫の予防
   【参考】予防の楽な姿勢や道具の活用
 A圧迫摩擦を取り除く円座・クッションの活用
   【参考】円座やクッションの使用法
 B座る姿勢(座位)で筋肉の劣化予防
 Cマッサージで血行を促進
   【参考】マッサージの具体的な方法

床ズレ全般の基本的な対処法
   【参考】床ズレを家庭で手当てする場合
 @皮膚が赤くなってきた場合
 A水疱(スイホウ)ができた場合
 Bびらん・潰瘍ができた場合
このカテゴリでよくある質問
 ・


◆当サイトの見方◆
関心のある分野を上のカテゴリメニューから選び、各カテゴリのトップページにいって関心のある情報を探してください。
同じカテゴリで他のページも見たければ、下部にあるページ紹介から探してみてください。
左メニューは、各カテゴリのトップページと主なページを載せてありますので、関心のあるページを見てみてください。
◆著者紹介◆
介護経験10年以上の介護福祉士・介護支援専門員(ケアマネジャー)4人が中心となり作成・管理・運営しています。
他に看護師や医師にもアドバイスを頂きながら作成しております。
介護る.com
介護
kaigol.com

本サイトのご利用について 参照文献・論文・サイト一覧
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・