介護.com
他カテゴリ→ 準備/心構え 環境作り 食事介助 排泄介助 睡眠介助 清潔介助 移動介助 リハビリ介助 痴呆介助 ターミナルケア
 トップ > 床ズレ対策 > 皮膚が赤くなってきた(床ズレの各症状の対処法):各床ズレ症状の段階に合った対処法を施す サイトマップ
介護の準備と心構え

 ・介護始める時の態勢づくり
 ・介護生活プランの立案方法
 ・介護人自身の健康管理
◆お年寄りに対する理解◆
 ・『身体』『心理』への理解
◆『寝たきり』を予防する方法◆
 ・寝たきりのきっかけ
 ・『寝たまま』状態の悪影響
 ・寝たきりを予防する要件

介護の環境作り

 ・住まいの危険な場所の点検
◆介護に適した住環境の改造◆
 @照明方法 A移動の工夫
 Bお風呂場 Cトイレ
 D寝床    E臭いの対策法
各季節ごとの注意点と工夫◆
 @春季A夏季B秋季C冬季

食事の介助と工夫

 ・栄養バランスの考え方
 ・献立の作り方
 ・調理方法の工夫
 @脱水の予防A便秘の予防
 B塩分摂取を控えるコツ
 C食欲不振』の場合の工夫
 D嚥下困難』の場合の工夫
◆正しく食事をとる方法◆
 ・正しい食事の姿勢
 ・自助具を使用しての食事
 ・寝たままでの食事の介助法
 ・薬剤を使う際の注意点
 ・健康の記録の記入方法

排泄の介助と自立

◆排泄をしやすくする工夫◆
 ・トイレを使いやすくする工夫
 ・排泄で介助が必要な場合
 ・便器(腰上げ)の使用法
 ・便器(腰上げできない場合)
◆介護での排泄の補助器具◆
 @衣服・下着     A尿器
 Bポータブルトイレ Cオムツ
◆排泄トラブルと予防法◆
 @失禁 A便秘 B下痢

睡眠の介助と工夫

◆快眠のための寝具選び◆
 ・快眠の寝具選びの4ポイント
 ・ベッド周辺の整備
 ・布団(フトン)の活用法
 ・寝床シーツの扱い方
 ・着脱の楽な寝巻(パジャマ)
◆睡眠時のトラブル予防◆
 ・長時間寝込む場合の注意点
 ・寝返り(体位の変換)の介助

清潔保持の介助

◆清潔保持の介助と注意点◆
 ・入浴介助の方法と注意点
部分浴の介助@手浴 A足浴
 ・清拭方法(入浴できない)
 ・洗髪介助 ・洗面・洗顔介助
口腔の清潔保持の介助法
 @歯磨き A入れ歯
 ・スキンケアとかゆみの悩み
◆清潔保持に活用できる衣服◆
 @扱いやすい衣類
 A下着と寝巻(パジャマ)

床ズレ予防の介助

 ・主な原因 ・主な症状と経過
◆床ズレ予防法や対処法◆
 ・床ズレ発症の予防・対処法
 ・床ズレ全般の対処法

移動と動作の介助

 ・安全で無理のない移動介助
 ・寝たまま位置移動の介助
 ・上体(上半身)起こし介助法
 ・ベッドからイスの移動の介助
 ・イスから立ち上がるの介助
 ・車イス介助法と注意点

リハビリの介助

リハビリテーションのポイント
介護での関節拘縮の予防法
 @手と腕と肩 A
◆自力でできるリハビリ◆
寝たままでできるリハビリ・運動
 @上半身 A下半身
座ってできるリハビリ・運動
 @腕・肩、足 A前と横へ
 ・安全な歩き方の練習・介助
 ・言語・聴覚障害がある場合

痴呆症状の介助

 ・痴呆症状の介護とは
 @介護の仕方と注意点
 A痴呆と老化の違いと原因
 Bの主な症状
 C予防する生活のポイント
 D痴呆症状との付き合い方

ターミナルケア(終末期の介護)

 ・ターミナルケアとは
 ・ターミナルケアは在宅か病院か
◆介護者が知るべき応急手当◆
 ・容態の見方(緊急時の手当)

皮膚が赤くなってきた場合(床ズレの各症状の対処法):各床ズレ症状の段階に合った対処法を施す

◇介護での床ズレ(褥瘡)の予防と手当ての方法

 

最初の注意信号を見逃すな

 お年寄り(被介護者)の入浴時や身体をふくさいには、全身をよく観察することを習慣づけることが重要でしょう。そして、皮膚(ヒフ)が赤くなっている部分を見つけたら、すぐに手当てをするようにしましょう。重症化を予防するには、早期発見、早期治療が重要です。
 床ズレの手当てもまずは、その原因を取り除くことが重要です。床ズレになりかかったり、床ズレのある部分が下側になって、圧迫されていないかどうか注意します。清潔と乾燥を心がけて、下記のような方法で血液の循環を促進することが、予防の第一歩ですから、できることから習慣付けましょう。

  • 「介護における皮膚(ヒフ)の圧迫」に関しての補足:高齢者の場合は特に、皮膚(ヒフ)が圧迫されると圧迫部の血管への血流量が減少して、圧迫部分の皮膚(ヒフ)に十分な栄養が行き渡らないために時間の経過とともに皮膚が発赤(ホッセキ)して徐々に赤黒くなって、褥瘡(「床ズレ」のこと)になりやすくなります。皮膚への圧迫は自らの体重がかかることによって起こり、骨の突出部が褥瘡の好発部位となります。これに加えて、外部の物体との間の皮膚にも圧迫がかかりやすいのです。人が臥床した場合、頭部には7%、胸部には33%、臀部(お尻)には44%、脚部には16%の割合で荷重がかかり、全体量の半分近くが臀部にかかっていることになります。
    皮膚への圧迫を除去するためには、同一部位で長時間にわたって圧迫を受けないことが重要です。そのためには、定期的な体位変換(最低でも2時間おき)を実施することが望ましいです。だから、エアマットやウォーターマットなどの褥瘡の予防用具を活用することも良いでしょう。これに加えて、関節の拘縮(コウシュク:長時間動かさないことが原因で固まってしまい動かせなくなること)や変形のある人は自分で体位を保持できないことが多いために、枕やクッション・座布団などを使って負担を少なくして、安楽に保てるようにしましょう。圧迫を受け易い部位はマッサージを行って、血液の循環を促すようにします。

 

  • 温湿布をする

    1. やや熱めのおしぼりで、赤くなっている部分を軽くおさえます。これを3〜4回繰り返して血行をよくします。そして、乾いたタオルで水気をよくふき取ります。
    2. 湿布(シップ)の後、赤くなった部分を、らせんを描くようにマッサージすると、より効果的でしょう。
      床ズレ予防 床ズレ予防

  • マッサージをする
     【詳細】床ズレ予防のマッサージの具体的な方法
     
  • ドライヤーで軽く温風をかける
        床ズレ予防

 また、床ズレの周囲を清潔にして、マッサージなどをまめに行えば、発赤(ホッセキ)の段階でくいとめることができます。『発赤(ホッセキ)』とは、炎症に際して現れる症状で、皮膚や粘膜の一部が充血して、その部分が赤色に見える状態です。
 これに加えて、栄養状態を良くすることで、ある程度もち直すことができます。栄養のバランスを考えて、流動食の場合にも栄養価の高いものをとって、抵抗力をつけましょう。また、日光浴も、床ズレには効果的です。

  • 「流動食(リュウドウショク)」に関しての補足:流動食とは、噛まないで、飲み下すことができる状態になっている食事のことです。この食事は水分を多く含んでおりますので、量の割合で言えば摂取できる栄養量は少ないです。従いまして、十分な栄養補給は期待できませんので長期間にわたって行うことはできません。流動食は文字通り流動ですが、喫食時に固形(ゼリー、アイスクリーム、ヨーグルトなど)であっても喉(ノド)を通るときに流動食になれば良いのです。重湯(ジュウトウ)、くず湯、野菜スープ、果汁、牛乳、卵黄などが通常は用いられます。高エネルギーのものとしてはポタージュ、卵黄乳などがあります。これに加えて、流動食は離乳の場合にも用いられます。

 【参考】栄養状態の悪化による床ズレ(介護における床ズレの原因)


≫次のページ「水疱(スイホウ)ができた場合(床ズレの各症状の対処法):各床ズレ症状の段階に合った対処法を施す」へ

 


同じカテゴリ「床ズレの対策」のページ
床ズレの主な原因
 @圧迫や摩擦による床ズレ
 A湿気や不潔による床ズレ
 B栄養状態の悪化による床ズレ

床ズレの主な症状と経過
   【参考】床ズレ予防の生活習慣のポイント

◆床ズレに対する予防法や対処法◆
床ズレの発症の予防・対処法
 @体位変換による皮膚圧迫の予防
   【参考】予防の楽な姿勢や道具の活用
 A圧迫摩擦を取り除く円座・クッションの活用
   【参考】円座やクッションの使用法
 B座る姿勢(座位)で筋肉の劣化予防
 Cマッサージで血行を促進
   【参考】マッサージの具体的な方法

床ズレ全般の基本的な対処法
   【参考】床ズレを家庭で手当てする場合
 @皮膚が赤くなってきた場合
 A水疱(スイホウ)ができた場合
 Bびらん・潰瘍ができた場合
このカテゴリでよくある質問
 ・


◆当サイトの見方◆
関心のある分野を上のカテゴリメニューから選び、各カテゴリのトップページにいって関心のある情報を探してください。
同じカテゴリで他のページも見たければ、下部にあるページ紹介から探してみてください。
左メニューは、各カテゴリのトップページと主なページを載せてありますので、関心のあるページを見てみてください。
◆著者紹介◆
介護経験10年以上の介護福祉士・介護支援専門員(ケアマネジャー)4人が中心となり作成・管理・運営しています。
他に看護師や医師にもアドバイスを頂きながら作成しております。
介護る.com
介護
kaigol.com

本サイトのご利用について 参照文献・論文・サイト一覧
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・