介護.com
他カテゴリ→ 準備/心構え 環境作り 食事介助 排泄介助 睡眠介助 清潔介助 移動介助 リハビリ介助 痴呆介助 ターミナルケア
 トップ > 床ズレ対策 > 床ズレ予防の生活習慣のポイント:皮膚の圧迫と清潔、乾燥を心がけて健康的な生活を送ること サイトマップ
介護の準備と心構え

 ・介護始める時の態勢づくり
 ・介護生活プランの立案方法
 ・介護人自身の健康管理
◆お年寄りに対する理解◆
 ・『身体』『心理』への理解
◆『寝たきり』を予防する方法◆
 ・寝たきりのきっかけ
 ・『寝たまま』状態の悪影響
 ・寝たきりを予防する要件

介護の環境作り

 ・住まいの危険な場所の点検
◆介護に適した住環境の改造◆
 @照明方法 A移動の工夫
 Bお風呂場 Cトイレ
 D寝床    E臭いの対策法
各季節ごとの注意点と工夫◆
 @春季A夏季B秋季C冬季

食事の介助と工夫

 ・栄養バランスの考え方
 ・献立の作り方
 ・調理方法の工夫
 @脱水の予防A便秘の予防
 B塩分摂取を控えるコツ
 C食欲不振』の場合の工夫
 D嚥下困難』の場合の工夫
◆正しく食事をとる方法◆
 ・正しい食事の姿勢
 ・自助具を使用しての食事
 ・寝たままでの食事の介助法
 ・薬剤を使う際の注意点
 ・健康の記録の記入方法

排泄の介助と自立

◆排泄をしやすくする工夫◆
 ・トイレを使いやすくする工夫
 ・排泄で介助が必要な場合
 ・便器(腰上げ)の使用法
 ・便器(腰上げできない場合)
◆介護での排泄の補助器具◆
 @衣服・下着     A尿器
 Bポータブルトイレ Cオムツ
◆排泄トラブルと予防法◆
 @失禁 A便秘 B下痢

睡眠の介助と工夫

◆快眠のための寝具選び◆
 ・快眠の寝具選びの4ポイント
 ・ベッド周辺の整備
 ・布団(フトン)の活用法
 ・寝床シーツの扱い方
 ・着脱の楽な寝巻(パジャマ)
◆睡眠時のトラブル予防◆
 ・長時間寝込む場合の注意点
 ・寝返り(体位の変換)の介助

清潔保持の介助

◆清潔保持の介助と注意点◆
 ・入浴介助の方法と注意点
部分浴の介助@手浴 A足浴
 ・清拭方法(入浴できない)
 ・洗髪介助 ・洗面・洗顔介助
口腔の清潔保持の介助法
 @歯磨き A入れ歯
 ・スキンケアとかゆみの悩み
◆清潔保持に活用できる衣服◆
 @扱いやすい衣類
 A下着と寝巻(パジャマ)

床ズレ予防の介助

 ・主な原因 ・主な症状と経過
◆床ズレ予防法や対処法◆
 ・床ズレ発症の予防・対処法
 ・床ズレ全般の対処法

移動と動作の介助

 ・安全で無理のない移動介助
 ・寝たまま位置移動の介助
 ・上体(上半身)起こし介助法
 ・ベッドからイスの移動の介助
 ・イスから立ち上がるの介助
 ・車イス介助法と注意点

リハビリの介助

リハビリテーションのポイント
介護での関節拘縮の予防法
 @手と腕と肩 A
◆自力でできるリハビリ◆
寝たままでできるリハビリ・運動
 @上半身 A下半身
座ってできるリハビリ・運動
 @腕・肩、足 A前と横へ
 ・安全な歩き方の練習・介助
 ・言語・聴覚障害がある場合

痴呆症状の介助

 ・痴呆症状の介護とは
 @介護の仕方と注意点
 A痴呆と老化の違いと原因
 Bの主な症状
 C予防する生活のポイント
 D痴呆症状との付き合い方

ターミナルケア(終末期の介護)

 ・ターミナルケアとは
 ・ターミナルケアは在宅か病院か
◆介護者が知るべき応急手当◆
 ・容態の見方(緊急時の手当)

床ズレ予防の生活習慣のポイント:皮膚の圧迫と清潔、乾燥を心がけて健康的な生活を送ることが一番

◇介護での床ズレ(褥瘡)の予防と手当ての方法

床ズレ予防

  1. こまめな体位変換

    床ズレは、同じ姿勢で長く寝ている場合などに皮膚(ヒフ)が擦れ合う部分にできやすいので、お年寄り(被介護者)の寝ている体位変換をできる限りこまめに行って、市販のエアマットやウォーターマット、ムートン、円座、クッションなどを上手に使って、圧迫を取り除きましょう。

     【参考】体位変換による皮膚圧迫の予防(床ズレ予防法)


  2. 皮膚(ヒフ)の清潔と乾燥

    入浴や清拭(セイシキ)を毎日行って、寝巻(パジャマ)やシーツの素材には、木綿や麻を用いると良いでしょう。縫い目やボタンが身体にあたらないように、皺(シワ)をつくらないこと、オムツが濡れたら、すぐに取り替えて皮膚(ヒフ)をいつも清潔に乾燥させておくように心がけましょう。

     【参考】介護での入浴介助の方法と注意点
     【参考】介護での清拭方法・順序(入浴できない場合)

    • 「介護における身体の清潔」に関しての補足:介護において、身体の清潔を考える場合、用具や生活環境との関係を考慮にいれながら、身体各部位の清潔を保つ方法を考えなければいけません。介護において身体の清潔を保つ方法には、清拭(セイシキ)と入浴の二つがあります。高齢者の身体を清潔にすることは、気分が爽快になるだけではなく、皮膚(ヒフ)の生理機能の働きを良好にし、細菌の感染を予防する効果もあります。また、洗面、歯磨き、洗髪、爪の手入れなどの身だしなみは、自尊心を保つためにも、快適に過ごすためにも重要な行為であり、様々な意欲や人との交流にも影響を与えることになります。
      ◆清拭について:発熱や衰弱など身体状態の悪い場合に清潔を保持する方法です。以下、@〜Bで注意点を解説します。
      @清拭を入念に行う:指の間、わきの下、陰部(インブ)、腎部、首のまわりや耳の後ろ、へそなど皮膚(ヒフ)の二面が接する部分は、汗や垢(アカ)などがたまりやすく、悪臭の原因にもなりやすいので、各部の清潔を保つようにします。
      Aプライバシー守り羞恥心を与えないようにする:清潔にかんする介護は、スキンシップやコミュニケーションの良い機会(チャンス)となることから、皮膚(ヒフ)の発赤(ホッセキ)や浮腫などの観察を行い、お年寄り(被介護者)の異常の早期発見に努める機会(チャンス)とするべきでしょう。これに加えて、人前で肌や障害の部位を露出しなければならない利用者の気持ちを考えて、プライバシーを保護することや羞恥心を与えない配置に配慮しなければいけません。
      B効果的な清拭方法:ふくときに皮膚(ヒフ)のマッサージを兼ねて、血行を良くし、褥瘡(「床ズレ」のこと)の予防につなげつつやるのがコツです。これに加えて、ふきながら手足の関節を動かすようにして、変形や拘縮(コウシュク)予防に役だてましょう。
      ◆入浴について:以下、@〜Aで注意点を解説します。
      @入浴時のチェック:全身状態や、皮膚(ヒフ)の状態の観察、入浴中は言葉がけを行って安心させましょう。入浴後は体調確認を行いましょう。
      A入浴時の注意点:入浴は空腹時を避けて、食後30分から1時間後に行います。湯の温度は40度前後に調節します。お湯の量は、胸の高さくらいにして水圧による心臓への負担を少なくします。手すりをつけたり滑り止めマットを敷くなどして安全面を配慮します。石鹸(セッケン)は十分に洗い流すようにしましょう。



  3. 患部の日光浴やマッサージ

    少しでも赤く腫れた部分を見つけたら、周囲を手のひらでマッサージしたり、30分くらいで日光浴をして血行を促します。

     【参考】マッサージで血行を促進(床ズレ予防法)

     【参考】 床ズレ全般の基本的な対処法:十分な栄養と日光浴を


  4. 介護ノートと医師の活用

    毎日の全身状態を、目と手で確かめて、介護ノートに記録して、発熱やびらんが起こったら、早めに担当の専門医や保健師、看護師に相談しましょう。抗菌剤は担当の専門医が診 断して使用を決めます。

     【参考】介護での健康の記録(介護ノート)の記入方法


  5. 感染症予防の徹底

    床ズレの手当ての前後は、お世話をする介護者も、石鹸(セッケン)で手をよく洗い、細菌感染の心配がある場合には、洗濯物は家族のものとは別にして洗いましょう。
     
    • 「高齢者の感染症の予防法・対策法」に関しての補足:病原体が体内に侵入して増殖することを予防することは高齢者にとって特に重要なことです。予防対策としては、
      @感染の原因となる病原体が含まれているもの(感染源)との接触を絶つこと(消毒や滅菌はこのために行われます。感染源は感染症によって異なり、血液、排便、痰、汚染された食品や水、罹患した人、動物、など様々あります。)、
      A感染経路を遮断すること
      B感染を受けないように抵抗力を高めること(普段の健康管理に気をつけて、予防接種を受けるなど)が挙げられます。介護従事者(あるいは在宅介護者)にとっての感染予防の基本は、うがいとケア前後の手洗いの徹底でしょう。

       
    • 「介護での手洗い」に関しての補足:介護においては特に、感染予防の基本は手洗いにあると言ってよいでしょう。流水と石鹸(セッケン)で十分に揉み洗いを行い、指先や指間を洗浄することによって、手指の汚染菌は大幅に減少します。介護従事者(あるいは在宅介護者)は介護において、感染の媒介者にならないように注意が必要です。感染症が疑われる症状があるお年寄り(被介護者)に接触する際には、ゴム手袋を使用して、事後には手洗いとうがいを励行します。そして、基本的な手洗いは下記のように行います。
      【基本的な手洗い方法】(1)手洗いを効果的にするために、@爪は短く切っておく習慣をつける、A指輪や時計は外す、B両手を揉み洗いする、C必ず流水下で洗う、D手の先だけではなく、肘(ヒジ)関節から指先まで十分に洗う、E石鹸(セッケン)や蛇口、タオルの清潔に十分に気をつける、などの配慮が必要です。
      (2)水洗いの場合は、流水下で30回以上、手をすり合わせたり、絡ませたりして揉み洗いする(15〜20秒ほど)。
      (3)普通の石鹸を使用する場合(二度洗いをする);石鹸をつけて軽く洗い、流水で十分に流した後、もう一度洗う。二度目は石鹸をたっぷりとつけて、手を20回以上もみ合わせてから洗い流す。使用後の石鹸は濡れたままにしておかない。
      (4)薬用石鹸を使用する場合;普通の石鹸と同じように二度洗いをする。除菌効果は大きいが、使いすぎると手が荒れてしまうため注意する。



  6. 食事療法の活用

    全身状態の改善のためには、タンパク質、カロリー、ビタミンの豊富な食事をとる工夫をしましょう。経口流動食も市販されており、栄養補給がたいへん便利になっております。

     【参考】介護での栄養バランスの考え方:高齢者に必要な栄養

    • 「流動食(リュウドウショク)」に関しての補足:流動食とは、噛まないで、飲み下すことができる状態になっている食事のことです。この食事は水分を多く含んでおりますので、量の割合で言えば摂取できる栄養量は少ないです。従いまして、十分な栄養補給は期待できませんので長期間にわたって行うことはできません。流動食は文字通り流動ですが、喫食時に固形(ゼリー、アイスクリーム、ヨーグルトなど)であっても喉(ノド)を通るときに流動食になれば良いのです。重湯(ジュウトウ)、くず湯、野菜スープ、果汁、牛乳、卵黄などが通常は用いられます。高エネルギーのものとしてはポタージュ、卵黄乳などがあります。これに加えて、流動食は離乳の場合にも用いられます。

 


同じカテゴリ「床ズレの対策」のページ
床ズレの主な原因
 @圧迫や摩擦による床ズレ
 A湿気や不潔による床ズレ
 B栄養状態の悪化による床ズレ

床ズレの主な症状と経過
   【参考】床ズレ予防の生活習慣のポイント

◆床ズレに対する予防法や対処法◆
床ズレの発症の予防・対処法
 @体位変換による皮膚圧迫の予防
   【参考】予防の楽な姿勢や道具の活用
 A圧迫摩擦を取り除く円座・クッションの活用
   【参考】円座やクッションの使用法
 B座る姿勢(座位)で筋肉の劣化予防
 Cマッサージで血行を促進
   【参考】マッサージの具体的な方法

床ズレ全般の基本的な対処法
   【参考】床ズレを家庭で手当てする場合
 @皮膚が赤くなってきた場合
 A水疱(スイホウ)ができた場合
 Bびらん・潰瘍ができた場合
このカテゴリでよくある質問
 ・


◆当サイトの見方◆
関心のある分野を上のカテゴリメニューから選び、各カテゴリのトップページにいって関心のある情報を探してください。
同じカテゴリで他のページも見たければ、下部にあるページ紹介から探してみてください。
左メニューは、各カテゴリのトップページと主なページを載せてありますので、関心のあるページを見てみてください。
◆著者紹介◆
介護経験10年以上の介護福祉士・介護支援専門員(ケアマネジャー)4人が中心となり作成・管理・運営しています。
他に看護師や医師にもアドバイスを頂きながら作成しております。
介護る.com
介護
kaigol.com

本サイトのご利用について 参照文献・論文・サイト一覧
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・