介護.com
他カテゴリ→ 準備/心構え 環境作り 食事介助 排泄介助 睡眠介助 清潔介助 床ズレ対策 移動介助 リハビリ介助 ターミナルケア
 トップ > ターミナルケア> 遺体を整える(死亡の確認後):末期の水などの儀式や遺体を整える作業なども覚えておく サイトマップ
介護の準備と心構え

 ・介護始める時の態勢づくり
 ・介護生活プランの立案方法
 ・介護人自身の健康管理
◆お年寄りに対する理解◆
 ・『身体』『心理』への理解
◆『寝たきり』を予防する方法◆
 ・寝たきりのきっかけ
 ・『寝たまま』状態の悪影響
 ・寝たきりを予防する要件

介護の環境作り

 ・住まいの危険な場所の点検
◆介護に適した住環境の改造◆
 @照明方法 A移動の工夫
 Bお風呂場 Cトイレ
 D寝床    E臭いの対策法
各季節ごとの注意点と工夫◆
 @春季A夏季B秋季C冬季

食事の介助と工夫

 ・栄養バランスの考え方
 ・献立の作り方
 ・調理方法の工夫
 @脱水の予防A便秘の予防
 B塩分摂取を控えるコツ
 C食欲不振』の場合の工夫
 D嚥下困難』の場合の工夫
◆正しく食事をとる方法◆
 ・正しい食事の姿勢
 ・自助具を使用しての食事
 ・寝たままでの食事の介助法
 ・薬剤を使う際の注意点
 ・健康の記録の記入方法

排泄の介助と自立

◆排泄をしやすくする工夫◆
 ・トイレを使いやすくする工夫
 ・排泄で介助が必要な場合
 ・便器(腰上げ)の使用法
 ・便器(腰上げできない場合)
◆介護での排泄の補助器具◆
 @衣服・下着     A尿器
 Bポータブルトイレ Cオムツ
◆排泄トラブルと予防法◆
 @失禁 A便秘 B下痢

睡眠の介助と工夫

◆快眠のための寝具選び◆
 ・快眠の寝具選びの4ポイント
 ・ベッド周辺の整備
 ・布団(フトン)の活用法
 ・寝床シーツの扱い方
 ・着脱の楽な寝巻(パジャマ)
◆睡眠時のトラブル予防◆
 ・長時間寝込む場合の注意点
 ・寝返り(体位の変換)の介助

清潔保持の介助

◆清潔保持の介助と注意点◆
 ・入浴介助の方法と注意点
部分浴の介助@手浴 A足浴
 ・清拭方法(入浴できない)
 ・洗髪介助 ・洗面・洗顔介助
口腔の清潔保持の介助法
 @歯磨き A入れ歯
 ・スキンケアとかゆみの悩み
◆清潔保持に活用できる衣服◆
 @扱いやすい衣類
 A下着と寝巻(パジャマ)

床ズレ予防の介助

 ・主な原因 ・主な症状と経過
◆床ズレ予防法や対処法◆
 ・床ズレ発症の予防・対処法
 ・床ズレ全般の対処法

移動と動作の介助

 ・安全で無理のない移動介助
 ・寝たまま位置移動の介助
 ・上体(上半身)起こし介助法
 ・ベッドからイスの移動の介助
 ・イスから立ち上がるの介助
 ・車イス介助法と注意点

リハビリの介助

リハビリテーションのポイント
介護での関節拘縮の予防法
 @手と腕と肩 A
◆自力でできるリハビリ◆
寝たままでできるリハビリ・運動
 @上半身 A下半身
座ってできるリハビリ・運動
 @腕・肩、足 A前と横へ
 ・安全な歩き方の練習・介助
 ・言語・聴覚障害がある場合

痴呆症状の介助

 ・痴呆症状の介護とは
 @介護の仕方と注意点
 A痴呆と老化の違いと原因
 Bの主な症状
 C予防する生活のポイント
 D痴呆症状との付き合い方

ターミナルケア(終末期の介護)

 ・ターミナルケアとは
 ・ターミナルケアは在宅か病院か
◆介護者が知るべき応急手当◆
 ・容態の見方(緊急時の手当)

遺体を整える(死亡の確認後):末期の水などの儀式や遺体を整える作業なども覚えておくと良いでしょう

◇ターミナルケア(終末期の介護)と応急手当の方法

ターミナルケア(終末期の介護)

 医師に死亡を確認してもらったら、「末期の水(死に水)」といって、遺体の唇(クチビル)に水を含ませる儀式を行います。割り箸の先に脱脂綿かガーゼを巻いて白糸で結んだものと水を張った茶碗を用意します。故人に最も縁の深い人から順番に、これで故人の唇(クチビル)を湿らせます。
 その後、看護師さんといっしょに遺体を整えます。導尿などの装着器具を取り除き、お腹を押しながら便や尿を排出させたら、ぬるいお湯でタオルをしぼりながら清拭(セイシキ)します。そのあと割り箸で、口、鼻、耳、肛門(コウモン)、膣(チツ)に、アルコールを侵した脱脂綿をつめて、汚物の漏れるのを防ぎます。褥瘡(「床ズレ」のこと)がある場合には、新しいガーゼを厚めに当てて、絆創膏(バンソウコウ)でシッカリととめます。義歯は元どおり入れておきます。顔や手足は家族がお別れの気持ちをこめてふいてあげましょう。

 こうして遺体を清めたら、新しい寝巻(パジャマ)やゆかた、特に着せたい着物があれば、それを着せます。和服は左前にして、ヒモは縦結びにします。髪をとかし、男性はヒゲをそり、女性は薄化粧をして、まぶたと口は閉じさせて、胸の前で手を組ませます。新しいシーツに取り替えて、顔面には30センチ四方くらいの新しいさらしをかけます。
 臨終の儀式は宗教によって違いがあります。遺体を整えたら、葬儀社に連絡します。ふつう、死亡診断書には死亡届の用紙がセットされておりますから、それを死亡地の役所に提出して、火葬の際に必要な埋葬許可証をもらいます。このような手続きは葬儀社も代行してくれます。

  • 「末期の水(死に水)」に関しての補足:いわゆる「死に水」は、死に行く人に対して、居合わせた身内の人々、親しい人々が行うお別れの作法です。その始まりは古く、死者の魂をよみがえらせる呪術(ジュジュツ)として行われたものが、習慣となって受け継がれてきたと言われております。これに加えて、仏典の伝えるところでは、お釈迦様が入滅(ニュウメツ)の折に、水を求められたのに対し、鬼神が応えてこれを捧げたとされております。臨終、あるいは死亡直後に行い、死者の口唇(クチビル)を水で潤します。古来、鳥の羽根、筆、樒(シキミ)の葉などが用いられてきました。最近では、お箸の先に脱脂綿を白糸でしばりつけ、水に浸して口唇(クチビル)に当てる方法がよく行われているようです。一般的に言って、即時に準備する余裕などはありません。湯のみ茶碗(チャワン)に水を入れて、新しい割り箸に脱脂綿をはさんで浸して行うことで十分でしょう。要は心の問題ですから、形式にこだわることはありません。医療者の中に心得ている人がおり、葬儀社の方が詳しく知っておられます。最も近い身内の人から初めて順々に進めていきます。看取りのときであり、もの言わぬ人に心を通わせる緊張した瞬間です。お一人お一人にそれぞれの思いがあり、短くても本当の言葉があふれ出てくるようです。

 【参考】献体について:医学の進歩への貢献へ、平時から考え意思を示すことが大切

 【参考】尊厳死について:できれば平時に率直な話し合いの場を設けることが重要

 


「ターミナルケア(終末期の介護)」のページ
ターミナルケア(終末期の介護)とは
ターミナルケアは在宅か病院か
 @精神面のターミナルケア(終末期の介護)
 A身体面のターミナルケア(終末期の介護)
 B身体の苦痛を和らげるターミナルケア
 C遺体を整える(死亡の確認後)
   【参考】献体について
   【参考】尊厳死について

◆介護者が知っておくべき応急手当の方法◆
容態の見方(緊急時の応急手当)
 @意識がない(昏睡)場合の応急手当
   【参考】脳卒中の発作への備え
 A人工呼吸での応急手当
 B心臓マッサージでの応急手当
 C喉(ノド)がつまった場合の応急手当
 D骨折した場合の応急手当
 E出血がある場合の応急手当
 F火傷(ヤケド)の場合の応急手当
このカテゴリでよくある質問
 ・


◆当サイトの見方◆
関心のある分野を上のカテゴリメニューから選び、各カテゴリのトップページにいって関心のある情報を探してください。
同じカテゴリで他のページも見たければ、下部にあるページ紹介から探してみてください。
左メニューは、各カテゴリのトップページと主なページを載せてありますので、関心のあるページを見てみてください。
◆著者紹介◆
介護経験10年以上の介護福祉士・介護支援専門員(ケアマネジャー)4人が中心となり作成・管理・運営しています。
他に看護師や医師にもアドバイスを頂きながら作成しております。
介護る.com
介護
kaigol.com

本サイトのご利用について 参照文献・論文・サイト一覧
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・