介護.com
他カテゴリ→ 準備/心構え 環境作り 食事介助 排泄介助 睡眠介助 清潔介助 床ズレ対策 移動介助 リハビリ介助 ターミナルケア
 トップ > ターミナルケア> 身体の苦痛を和らげるターミナルケア(終末期の介護):間際だからこそ痛みを和らげ安らかな生活 サイトマップ
介護の準備と心構え

 ・介護始める時の態勢づくり
 ・介護生活プランの立案方法
 ・介護人自身の健康管理
◆お年寄りに対する理解◆
 ・『身体』『心理』への理解
◆『寝たきり』を予防する方法◆
 ・寝たきりのきっかけ
 ・『寝たまま』状態の悪影響
 ・寝たきりを予防する要件

介護の環境作り

 ・住まいの危険な場所の点検
◆介護に適した住環境の改造◆
 @照明方法 A移動の工夫
 Bお風呂場 Cトイレ
 D寝床    E臭いの対策法
各季節ごとの注意点と工夫◆
 @春季A夏季B秋季C冬季

食事の介助と工夫

 ・栄養バランスの考え方
 ・献立の作り方
 ・調理方法の工夫
 @脱水の予防A便秘の予防
 B塩分摂取を控えるコツ
 C食欲不振』の場合の工夫
 D嚥下困難』の場合の工夫
◆正しく食事をとる方法◆
 ・正しい食事の姿勢
 ・自助具を使用しての食事
 ・寝たままでの食事の介助法
 ・薬剤を使う際の注意点
 ・健康の記録の記入方法

排泄の介助と自立

◆排泄をしやすくする工夫◆
 ・トイレを使いやすくする工夫
 ・排泄で介助が必要な場合
 ・便器(腰上げ)の使用法
 ・便器(腰上げできない場合)
◆介護での排泄の補助器具◆
 @衣服・下着     A尿器
 Bポータブルトイレ Cオムツ
◆排泄トラブルと予防法◆
 @失禁 A便秘 B下痢

睡眠の介助と工夫

◆快眠のための寝具選び◆
 ・快眠の寝具選びの4ポイント
 ・ベッド周辺の整備
 ・布団(フトン)の活用法
 ・寝床シーツの扱い方
 ・着脱の楽な寝巻(パジャマ)
◆睡眠時のトラブル予防◆
 ・長時間寝込む場合の注意点
 ・寝返り(体位の変換)の介助

清潔保持の介助

◆清潔保持の介助と注意点◆
 ・入浴介助の方法と注意点
部分浴の介助@手浴 A足浴
 ・清拭方法(入浴できない)
 ・洗髪介助 ・洗面・洗顔介助
口腔の清潔保持の介助法
 @歯磨き A入れ歯
 ・スキンケアとかゆみの悩み
◆清潔保持に活用できる衣服◆
 @扱いやすい衣類
 A下着と寝巻(パジャマ)

床ズレ予防の介助

 ・主な原因 ・主な症状と経過
◆床ズレ予防法や対処法◆
 ・床ズレ発症の予防・対処法
 ・床ズレ全般の対処法

移動と動作の介助

 ・安全で無理のない移動介助
 ・寝たまま位置移動の介助
 ・上体(上半身)起こし介助法
 ・ベッドからイスの移動の介助
 ・イスから立ち上がるの介助
 ・車イス介助法と注意点

リハビリの介助

リハビリテーションのポイント
介護での関節拘縮の予防法
 @手と腕と肩 A
◆自力でできるリハビリ◆
寝たままでできるリハビリ・運動
 @上半身 A下半身
座ってできるリハビリ・運動
 @腕・肩、足 A前と横へ
 ・安全な歩き方の練習・介助
 ・言語・聴覚障害がある場合

痴呆症状の介助

 ・痴呆症状の介護とは
 @介護の仕方と注意点
 A痴呆と老化の違いと原因
 Bの主な症状
 C予防する生活のポイント
 D痴呆症状との付き合い方

ターミナルケア(終末期の介護)

 ・ターミナルケアとは
 ・ターミナルケアは在宅か病院か
◆介護者が知るべき応急手当◆
 ・容態の見方(緊急時の手当)

身体の苦痛を和らげるターミナルケア(終末期の介護):間際だからこそ痛みを和らげ安らかな生活を

◇ターミナルケア(終末期の介護)と応急手当の方法

ターミナルケア(終末期の介護)

  1. 痛みの軽減

    病気によって、身体的に痛みがある場合は、担当の専門医から鎮痛薬の与え方を聞いておき、適宜与えます。副作用や効き具合によく注意しておきます。できれば、痛みが襲う前に投薬するようにしたいものです。
     
     
  2. 呼吸困難の軽減

    ターミナルケア(終末期の介護)のお年寄り(被介護者)には、痰(タン)がきれずに苦しむことがよくあります。痰(タン)の吸引の方法をよく覚えておきましょう。担当の専門医の指示があれば、酸素吸入をすることになるかもしれません。
     
    • 「呼吸器機能の障害者の介護」に関しての補足:呼吸器機能の障害者は、呼吸運動それ自体に多大なエネルギーを必要とするために、動作によって呼吸困難が増大してしまうのです。そのために、一人ひとりにあった動作のペースや生活の方法を守ることが重要です。しかしながら、終日寝込んでいると体力も低下して、呼吸筋も弱ってしまいますので、主治医と相談の上で、適度な運動を取り入れることは望ましいでしょう。
      室内では、掃除をこまめに行うい、温度・湿度を適切に保ちましょう。食生活では、アレルギー(特定の物質を摂取したり、特定の物質に接触したりした結果おこる異常な免疫反応や過敏反応)や糖尿病や高血圧などの合併症(ある病気に関連 しておこった別の病気)がない限り、特別な食事制限はありませんが、栄養のバランスや十分な水分摂取、過食の防止などの注意は必要です。
      また、在宅酸素療法をしている場合には、主治医の指示による酸素吸入量を守り、本人のペースでQOL(Quality of Life:生活の質)を高めていかれるように援助をします。気管切開をしている人や人口呼吸器装着者においては、生命の安全とともにコミュニケーションの工夫が重要です。緊急時にあわてないように、介護従事者(あるいは在宅介護者)は医療機関へつなぐべき場合の知識を得ておく必要があります。


       
  3. 手足の保温

    ターミナルケア(終末期の介護)の患者さんは、一般的に言って、血液の循環が悪くなりますので、手足が冷たくなります。足元に湯たんぽを入れたり、手足のマッサージをしてあげましょう。
     
    • 「温熱療法」に関しての補足:温熱療法とは、各種の物理療法によりリハビリテーションを行う物理療法の一つで、患部(病気や傷のあるところ)の血行を良くして、病気による痛みを軽減して、筋肉の緊張を取り除いて、関節の可動域(各関節が運動を行なう際に正常に動かすことができる範囲)を改善することを目的としています。例を挙げると、ホットパック、パラフィン浴、マイクロウェーブ療法、超音波療法などがあります。
       
       
  4. 解熱

    発熱がある場合には、担当の専門医に診てもらった上で解熱剤を用います。発熱は体力を消耗しますので、早めに対応することが重要です。氷枕を使うのも良いでしょう。
     
     
  5. 流動食

    食欲が落ちて、固形物を食べることができなくなってしまったら、流動食に切り替えます。栄養がバランスよく入った市販の経口流動食もありますから、担当の専門医や看護師、保健師に相談してみてください。
     
    • 「流動食(リュウドウショク)」に関しての補足:流動食とは、噛まないで、飲み下すことができる状態になっている食事のことです。この食事は水分を多く含んでおりますので、量の割合で言えば摂取できる栄養量は少ないです。従いまして、十分な栄養補給は期待できませんので長期間にわたって行うことはできません。流動食は文字通り流動ですが、喫食時に固形(ゼリー、アイスクリーム、ヨーグルトなど)であっても喉(ノド)を通るときに流動食になれば良いのです。重湯(ジュウトウ)、くず湯、野菜スープ、果汁、牛乳、卵黄などが通常は用いられます。高エネルギーのものとしてはポタージュ、卵黄乳などがあります。これに加えて、流動食は離乳の場合にも用いられます。
       
       
  6. 臨終が近づいた徴候

    下記のような徴候(チョウコウ)が見られたら、担当の専門医にすぐ連絡して往診してもらうか、指示をうけましょう。
     ・呼吸が乱れる
     ・顔色が悪くなりチアノーゼ(唇などの粘膜が紫色になる病状)が見られる
     ・血圧がどんどん下がり、脈が触れにくくなる
     ・意識が薄れ、表情が無くなり、呼んでも応答が鈍くなる

  7. 死亡の確認

    担当の専門医が臨終に間に合えば、死亡の診断は医師がしますが、間に合わなかった場合には、息が止まった時刻を書きとめておき、医師に報告します。亡くなったときに誰もそばにいなかった場合、同様に医師に連絡して、医師が来るまでそのままにしておきます。亡くなる前、24時間以内に一度医師に診てもらってあれば、死亡診断書を書いてくれます。
     
    • 「死亡診断書」に関しての補足:医師が発行する死亡を証明する書類を言います。死亡時刻、死因、死亡場所などが記載されます。この死亡診断書を基に、死亡届(用紙の左面が死亡届、右面が死亡診断書となっている)を市町村に届けることにより戸籍が抹消されます。
      死亡診断書は、医師が死亡に立ち会って、かつ死亡原因が明らかな場合に交付することができます。なお、医師が死亡に立ち会っていない場合には、死亡診断書ではなく死亡検案書が作成されますが、例外的にその医師が以前から診療している病気で死亡し、なおかつ死亡前24時間以内に診察を行っている場合には、死亡に立ち会っていなくても死亡診断書を交付することができます。


≫次のページ「遺体を整える(死亡の確認後):末期の水などの儀式や遺体を整える作業なども覚えておくと良いでしょう」へ

 


「ターミナルケア(終末期の介護)」のページ
ターミナルケア(終末期の介護)とは
ターミナルケアは在宅か病院か
 @精神面のターミナルケア(終末期の介護)
 A身体面のターミナルケア(終末期の介護)
 B身体の苦痛を和らげるターミナルケア
 C遺体を整える(死亡の確認後)
   【参考】献体について
   【参考】尊厳死について

◆介護者が知っておくべき応急手当の方法◆
容態の見方(緊急時の応急手当)
 @意識がない(昏睡)場合の応急手当
   【参考】脳卒中の発作への備え
 A人工呼吸での応急手当
 B心臓マッサージでの応急手当
 C喉(ノド)がつまった場合の応急手当
 D骨折した場合の応急手当
 E出血がある場合の応急手当
 F火傷(ヤケド)の場合の応急手当
このカテゴリでよくある質問
 ・


◆当サイトの見方◆
関心のある分野を上のカテゴリメニューから選び、各カテゴリのトップページにいって関心のある情報を探してください。
同じカテゴリで他のページも見たければ、下部にあるページ紹介から探してみてください。
左メニューは、各カテゴリのトップページと主なページを載せてありますので、関心のあるページを見てみてください。
◆著者紹介◆
介護経験10年以上の介護福祉士・介護支援専門員(ケアマネジャー)4人が中心となり作成・管理・運営しています。
他に看護師や医師にもアドバイスを頂きながら作成しております。
介護る.com
介護
kaigol.com

本サイトのご利用について 参照文献・論文・サイト一覧
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・