介護.com
他カテゴリ→ 準備/心構え 環境作り 食事介助 排泄介助 睡眠介助 清潔介助 床ズレ対策 移動介助 リハビリ介助 ターミナルケア
 トップ > ターミナルケア> ターミナルケア(終末期の介護)とは:終末期の介護は非常に気をつかうが、最期だからこそ サイトマップ
介護の準備と心構え

 ・介護始める時の態勢づくり
 ・介護生活プランの立案方法
 ・介護人自身の健康管理
◆お年寄りに対する理解◆
 ・『身体』『心理』への理解
◆『寝たきり』を予防する方法◆
 ・寝たきりのきっかけ
 ・『寝たまま』状態の悪影響
 ・寝たきりを予防する要件

介護の環境作り

 ・住まいの危険な場所の点検
◆介護に適した住環境の改造◆
 @照明方法 A移動の工夫
 Bお風呂場 Cトイレ
 D寝床    E臭いの対策法
各季節ごとの注意点と工夫◆
 @春季A夏季B秋季C冬季

食事の介助と工夫

 ・栄養バランスの考え方
 ・献立の作り方
 ・調理方法の工夫
 @脱水の予防A便秘の予防
 B塩分摂取を控えるコツ
 C食欲不振』の場合の工夫
 D嚥下困難』の場合の工夫
◆正しく食事をとる方法◆
 ・正しい食事の姿勢
 ・自助具を使用しての食事
 ・寝たままでの食事の介助法
 ・薬剤を使う際の注意点
 ・健康の記録の記入方法

排泄の介助と自立

◆排泄をしやすくする工夫◆
 ・トイレを使いやすくする工夫
 ・排泄で介助が必要な場合
 ・便器(腰上げ)の使用法
 ・便器(腰上げできない場合)
◆介護での排泄の補助器具◆
 @衣服・下着     A尿器
 Bポータブルトイレ Cオムツ
◆排泄トラブルと予防法◆
 @失禁 A便秘 B下痢

睡眠の介助と工夫

◆快眠のための寝具選び◆
 ・快眠の寝具選びの4ポイント
 ・ベッド周辺の整備
 ・布団(フトン)の活用法
 ・寝床シーツの扱い方
 ・着脱の楽な寝巻(パジャマ)
◆睡眠時のトラブル予防◆
 ・長時間寝込む場合の注意点
 ・寝返り(体位の変換)の介助

清潔保持の介助

◆清潔保持の介助と注意点◆
 ・入浴介助の方法と注意点
部分浴の介助@手浴 A足浴
 ・清拭方法(入浴できない)
 ・洗髪介助 ・洗面・洗顔介助
口腔の清潔保持の介助法
 @歯磨き A入れ歯
 ・スキンケアとかゆみの悩み
◆清潔保持に活用できる衣服◆
 @扱いやすい衣類
 A下着と寝巻(パジャマ)

床ズレ予防の介助

 ・主な原因 ・主な症状と経過
◆床ズレ予防法や対処法◆
 ・床ズレ発症の予防・対処法
 ・床ズレ全般の対処法

移動と動作の介助

 ・安全で無理のない移動介助
 ・寝たまま位置移動の介助
 ・上体(上半身)起こし介助法
 ・ベッドからイスの移動の介助
 ・イスから立ち上がるの介助
 ・車イス介助法と注意点

リハビリの介助

リハビリテーションのポイント
介護での関節拘縮の予防法
 @手と腕と肩 A
◆自力でできるリハビリ◆
寝たままでできるリハビリ・運動
 @上半身 A下半身
座ってできるリハビリ・運動
 @腕・肩、足 A前と横へ
 ・安全な歩き方の練習・介助
 ・言語・聴覚障害がある場合

痴呆症状の介助

 ・痴呆症状の介護とは
 @介護の仕方と注意点
 A痴呆と老化の違いと原因
 Bの主な症状
 C予防する生活のポイント
 D痴呆症状との付き合い方

ターミナルケア(終末期の介護)

 ・ターミナルケアとは
 ・ターミナルケアは在宅か病院か
◆介護者が知るべき応急手当◆
 ・容態の見方(緊急時の手当)

ターミナルケア(終末期の介護)とは:終末期の介護は非常に気をつかうが、最期だからこそシッカリ理解

◇ターミナルケア(終末期の介護)と応急手当の方法

ターミナルケア(終末期の介護)

 すべての人間には、生命の終わるときがきます。たとえ平均寿命異常生きてきたとしても、これで良し、と生命の区切りをつけることはなかなか難しいことでしょう。死に対して、治療面で積極的に戦っている段階から、死が確実に接近していることが目に見え、これ以上積極的な治療法がとれないとなると、いよいよターミナルケア(終末期の介護)の段階に入ります。
 ターミナルとは、「終点」や「究極」の意味で、生と死の境界線のことも意味します。つまり、『ターミナルケア(終末期の介護)』とは、確実に死に近づいた患者さんのために、最後に行う医療看護あるいは介護のことを言います。
 そしてターミナルケア(終末期の介護)には、主に下記のような場合が当てはまります。

  1. 癌(ガン)の末期
  2. 慢性病の末期(慢性心不全、慢性腎不全、慢性呼吸不全、慢性肝不全など)
  3. 神経難病の末期(手足の麻痺など)
  4. 老衰(ロウスイ)
  • 「ターミナルケア(終末期の介護)」に関しての補足:死期の迫った(一般的には6ヶ月以内)患者さんに対して、延命を第一の目的とする治療ではなく、苦痛の緩和を中心としたケアを行うことにより、痛みから解放されて納得して静かな日々を過ごしたりやり残したことを実現したりして、残された日々を充実して過ごせるように援助する取り組みです。医療的なかかわりのみならず、生命と人権を尊重した全人的なケア(トータルケア)が求められます。近代ホスピスの生みの親シシリー・ソンダースは末期患者の痛みには、トータルペインすなわち身体的苦痛・精神的苦痛・社会的苦痛・霊的苦痛(スピリチュアルペイン)があると説きました。
    この考え方は、全人的なケアを進めていく上での大きな手がかりにとなると考えられております。つまり、終末期に遭遇する介護者には、清潔保持や、苦痛を和らげるための身体介護や環境整備という役割とともに、本人および家族の不安や孤独を軽減するといった精神的支えとなることが求められております。こうしたターミナルケア(終末期の介護)は、医療施設としてのホスピスや緩和ケア病棟のみならず、在宅や特別養護老人ホームなどでも必要とされております。
  • 「ホスピス(Hospice)」に関しての補足:終末期の患者さんのためにターミナルケア(終末期の介護)を行う施設のことを「ホスピス(Hospice)」と言います。この「ホスピス」はもともと中世の宗教団体による施設で、聖地巡礼者に対して宿と食事を提供した施設のことです。現在は、終末期の患者さんに対して、疾患の根治ではなく、精神的・肉体的苦痛の軽減によりQOL(Quality of Life:生活の質)の向上を目的とした終末期医療を行う施設をいいます。ホスピスでは、治療によって回復する可能性のない患者さんが対象となりますから、医療面では痛みなどの苦痛のコントロールが最優先されます。しかしながら、日本のホスピスでは患者さんや家族の希望があれば、点滴や制癌剤の投与も行われ、可能なら一日でも長くと言う希望にも応えています。
    ホスピスでは残り少ない生を享受できるように、さまざまな宿泊やペットの持ち込みも許可して、あらゆる面で、病院というより生活の場に近づける配慮がなされております。日本においては、ターミナルケア(終末期の介護)にかんして、患者さんのすべてが病名の告知を受けているわけではないこと、ボランティアの参画が少ないこと、在宅ケアが立ち遅れていることが今後の課題となっています。


≫次のページ「ターミナルケアは在宅か病院か:自宅の環境や家族の意思などを確認のうえで都合がつけば自宅介護も可能」へ

 


「ターミナルケア(終末期の介護)」のページ
ターミナルケア(終末期の介護)とは
ターミナルケアは在宅か病院か
 @精神面のターミナルケア(終末期の介護)
 A身体面のターミナルケア(終末期の介護)
 B身体の苦痛を和らげるターミナルケア
 C遺体を整える(死亡の確認後)
   【参考】献体について
   【参考】尊厳死について

◆介護者が知っておくべき応急手当の方法◆
容態の見方(緊急時の応急手当)
 @意識がない(昏睡)場合の応急手当
   【参考】脳卒中の発作への備え
 A人工呼吸での応急手当
 B心臓マッサージでの応急手当
 C喉(ノド)がつまった場合の応急手当
 D骨折した場合の応急手当
 E出血がある場合の応急手当
 F火傷(ヤケド)の場合の応急手当
このカテゴリでよくある質問
 ・


◆当サイトの見方◆
関心のある分野を上のカテゴリメニューから選び、各カテゴリのトップページにいって関心のある情報を探してください。
同じカテゴリで他のページも見たければ、下部にあるページ紹介から探してみてください。
左メニューは、各カテゴリのトップページと主なページを載せてありますので、関心のあるページを見てみてください。
◆著者紹介◆
介護経験10年以上の介護福祉士・介護支援専門員(ケアマネジャー)4人が中心となり作成・管理・運営しています。
他に看護師や医師にもアドバイスを頂きながら作成しております。
介護る.com
介護
kaigol.com

本サイトのご利用について 参照文献・論文・サイト一覧
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・