介護.com
他カテゴリ→ 準備/心構え 環境作り 食事介助 排泄介助 睡眠介助 清潔介助 床ズレ対策 移動介助 リハビリ介助 ターミナルケア
 トップ > ターミナルケア> 火傷(ヤケド)の場合の応急手当:火傷(熱傷)の広さと深さに注意して、症状の重さで手当てを サイトマップ
介護の準備と心構え

 ・介護始める時の態勢づくり
 ・介護生活プランの立案方法
 ・介護人自身の健康管理
◆お年寄りに対する理解◆
 ・『身体』『心理』への理解
◆『寝たきり』を予防する方法◆
 ・寝たきりのきっかけ
 ・『寝たまま』状態の悪影響
 ・寝たきりを予防する要件

介護の環境作り

 ・住まいの危険な場所の点検
◆介護に適した住環境の改造◆
 @照明方法 A移動の工夫
 Bお風呂場 Cトイレ
 D寝床    E臭いの対策法
各季節ごとの注意点と工夫◆
 @春季A夏季B秋季C冬季

食事の介助と工夫

 ・栄養バランスの考え方
 ・献立の作り方
 ・調理方法の工夫
 @脱水の予防A便秘の予防
 B塩分摂取を控えるコツ
 C食欲不振』の場合の工夫
 D嚥下困難』の場合の工夫
◆正しく食事をとる方法◆
 ・正しい食事の姿勢
 ・自助具を使用しての食事
 ・寝たままでの食事の介助法
 ・薬剤を使う際の注意点
 ・健康の記録の記入方法

排泄の介助と自立

◆排泄をしやすくする工夫◆
 ・トイレを使いやすくする工夫
 ・排泄で介助が必要な場合
 ・便器(腰上げ)の使用法
 ・便器(腰上げできない場合)
◆介護での排泄の補助器具◆
 @衣服・下着     A尿器
 Bポータブルトイレ Cオムツ
◆排泄トラブルと予防法◆
 @失禁 A便秘 B下痢

睡眠の介助と工夫

◆快眠のための寝具選び◆
 ・快眠の寝具選びの4ポイント
 ・ベッド周辺の整備
 ・布団(フトン)の活用法
 ・寝床シーツの扱い方
 ・着脱の楽な寝巻(パジャマ)
◆睡眠時のトラブル予防◆
 ・長時間寝込む場合の注意点
 ・寝返り(体位の変換)の介助

清潔保持の介助

◆清潔保持の介助と注意点◆
 ・入浴介助の方法と注意点
部分浴の介助@手浴 A足浴
 ・清拭方法(入浴できない)
 ・洗髪介助 ・洗面・洗顔介助
口腔の清潔保持の介助法
 @歯磨き A入れ歯
 ・スキンケアとかゆみの悩み
◆清潔保持に活用できる衣服◆
 @扱いやすい衣類
 A下着と寝巻(パジャマ)

床ズレ予防の介助

 ・主な原因 ・主な症状と経過
◆床ズレ予防法や対処法◆
 ・床ズレ発症の予防・対処法
 ・床ズレ全般の対処法

移動と動作の介助

 ・安全で無理のない移動介助
 ・寝たまま位置移動の介助
 ・上体(上半身)起こし介助法
 ・ベッドからイスの移動の介助
 ・イスから立ち上がるの介助
 ・車イス介助法と注意点

リハビリの介助

リハビリテーションのポイント
介護での関節拘縮の予防法
 @手と腕と肩 A
◆自力でできるリハビリ◆
寝たままでできるリハビリ・運動
 @上半身 A下半身
座ってできるリハビリ・運動
 @腕・肩、足 A前と横へ
 ・安全な歩き方の練習・介助
 ・言語・聴覚障害がある場合

痴呆症状の介助

 ・痴呆症状の介護とは
 @介護の仕方と注意点
 A痴呆と老化の違いと原因
 Bの主な症状
 C予防する生活のポイント
 D痴呆症状との付き合い方

ターミナルケア(終末期の介護)

 ・ターミナルケアとは
 ・ターミナルケアは在宅か病院か
◆介護者が知るべき応急手当◆
 ・容態の見方(緊急時の手当)

火傷(ヤケド)の場合の応急手当:火傷(熱傷)の広さと深さに注意して、症状の重さで手当てを行う

◇ターミナルケア(終末期の介護)と応急手当の方法

火傷(ヤケド)

火傷(ヤケド)の手当ての手順

 できるだけ速く患部(病気や傷のあるところ)を水(水道水)で冷やします。火傷(ヤケド)による痛みと熱さを感じなくなるまで、少なくとも10〜15分は冷やします。患部に直接強い流水をかけると、皮膚(ヒフ)がむけるおそれがあります。水は、患部の少し上から流すようにしてかけましょう。
 また、服を着たまま内側を火傷(ヤケド)した場合には、無理に脱がせずに、服の上から水をかけて冷やして、落ち着いたら衣服をハサミで切ります。清潔なガーゼや布で患部を覆って、医師の処置を受けましょう。

 また、水疱(スイホウ)ができた場合には、つぶさないようにします。これに加えて、油やアロエなどを塗ったりしないようにしましょう。雑菌が入り、化膿(カノウ)することがあります。

  • 「水疱(スイホウ)」に関しての補足:水疱(スイホウ)ができてきたら、まずは水疱(スイホウ)を破らないように注意すべきです。『水疱(スイホウ)』とは、一般的に「水ぶくれ(ミズブクレ)」と呼ばれ、皮膚(ヒフ)の表皮中または表皮下にサラサラとした水分がたまり、半球状に隆起した状態のことです。もしも、この水疱(スイホウ)が破れてしまったり、膿(ウミ)が出てきたりした場合には、とりあえずは家庭に常備している消毒薬をつけましょう。

 

火傷(ヤケド)が重度の場合には救急車を

 火傷(ヤケド)の重症度は、広さと深さによって判断します。

  1. 火傷の広さの判定

    火傷(ヤケド)をしたお年寄り(被介護者)本人の手のひらを1パーセントとして、火傷(ヤケド)の面積をはかります。また、成人の場合で考えると、頭と首で9パーセント、胴体の前面・背面それぞれで18パーセント、片腕で9パーセント、片脚が18パーセントなどです。火傷(ヤケド)の深さがそれほどでなくても、範囲が広ければ重症という扱いになるのです。
    お年寄り(被介護者)は体表面積の10パーセント以上を火傷すると生命にかかわると言われております(一般の成人は10パーセント、小児は20パーセント)。ですから、介護下のお年寄りの場合、10パーセント以上と判断した場合にはすぐに救急車を呼んでください。

     
  2. 火傷の深さの判定

    火傷(ヤケド)の深さはT〜V度に分類されます。表皮が熱く赤くなる程度であれば、自宅でよく冷やせば治ります(T度)。表皮だけが損傷して赤くなり、ヒリヒリする痛みがあります。
    そして、U度以上の火傷(ヤケド)にかんしては、すぐに病院に連れて行く必要があります。U度は、かなり水ぶくれができたり、表面の皮膚(ヒフ)がくずれている場合で、少し深い火傷(ヤケド)になります。患部(病気や傷のあるところ)が赤くなり、しばらくたつと水疱(スイホウ)ができます。深い火傷(ヤケド)の場合には、水疱(スイホウ)の下に白い膜が見えます。これは皮膚(ヒフ)が熱によって損傷し、タンパク質が変質した白い膜です。治癒(チユ)には時間がかかり、瘢痕(ハンコン)が残りやすくなります。
    V度は、皮膚(ヒフ)が白っぽくなり乾燥ぎみで痛みを感じなくなる場合です。皮下組織まで損傷する火傷(ヤケド)です。皮膚(ヒフ)は焼け焦げて壊死(エシ)して、黒褐色か白っぽく変色し、無感覚となります。瘢痕(ハンコン)が残り、部位によっては機能障害が生じます。
  • 「火傷(ヤケド)の治療法」に関しての補足:やけどをしたら、すぐに患部(病気や傷のあるところ)を冷やします。流水で冷やす場合には、水流が強すぎると皮がむけたりするので、刺激にならない程度の強さに調整します。やけどが広範囲にわたっている場合には、浴槽(ヨクソウ)などに水を張り、身体ごと冷やします。水疱(スイホウ)はつぶさないようにます。体表の10パーセント以上でU度を超えるやけどを負った場合には、全身状態が悪化するおそれがあるため、入院が必要となります。鎮痛薬、抗菌薬などを服用あるいは塗布して感染を防ぎながら治療をします。

 

低温やけどに要注意:感覚が鈍っている高齢者の場合、使い捨てカイロや電気アンカなどでも気をつけるべし

 火や熱湯ではなくても、使い捨てカイロや電気アンカなどによるお年寄り(被介護者)の低温火傷が増えております。直接に皮膚(ヒフ)にふれないように、布にくるんだりするなど、気をつけてください。

  • 「低温やけど」に関しての補足:低温やけどとは、45度くらいの熱源に長時間にわたって接していたことによって生じる火傷(ヤケド)を言います。電気アンカは、直接、皮膚(ヒフ)に長時間つけると低温やけどを起こします。知覚障害では、熱い・冷たいなどの感覚を感じることができないので、下肢に知覚障害のある場合には特に注意が必要です。しかしながら、湯たんぽや電気アンカなどの利用については知覚障害の有無にかかわらず、低温やけどなどに留意すべきでしょう。
    【介護のポイント】@貼用部の皮膚(ヒフ)には湯たんぽや電気アンカなどは直接当てない(貼用部から10センチくらい離しておく)、A湯たんぽや電気アンカ等には厚手の布類をカバーとして使用する、B時々、皮膚(ヒフ)に発赤(ホッセキ)がないかどうかを調べる。

「ターミナルケア(終末期の介護)」のページ
ターミナルケア(終末期の介護)とは
ターミナルケアは在宅か病院か
 @精神面のターミナルケア(終末期の介護)
 A身体面のターミナルケア(終末期の介護)
 B身体の苦痛を和らげるターミナルケア
 C遺体を整える(死亡の確認後)
   【参考】献体について
   【参考】尊厳死について

◆介護者が知っておくべき応急手当の方法◆
容態の見方(緊急時の応急手当)
 @意識がない(昏睡)場合の応急手当
   【参考】脳卒中の発作への備え
 A人工呼吸での応急手当
 B心臓マッサージでの応急手当
 C喉(ノド)がつまった場合の応急手当
 D骨折した場合の応急手当
 E出血がある場合の応急手当
 F火傷(ヤケド)の場合の応急手当
このカテゴリでよくある質問
 ・


◆当サイトの見方◆
関心のある分野を上のカテゴリメニューから選び、各カテゴリのトップページにいって関心のある情報を探してください。
同じカテゴリで他のページも見たければ、下部にあるページ紹介から探してみてください。
左メニューは、各カテゴリのトップページと主なページを載せてありますので、関心のあるページを見てみてください。
◆著者紹介◆
介護経験10年以上の介護福祉士・介護支援専門員(ケアマネジャー)4人が中心となり作成・管理・運営しています。
他に看護師や医師にもアドバイスを頂きながら作成しております。
介護る.com
介護
kaigol.com

本サイトのご利用について 参照文献・論文・サイト一覧
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・