介護.com
他カテゴリ→ 準備/心構え 環境作り 排泄介助 睡眠介助 清潔介助 床ズレ対策 移動介助 リハビリ介助 痴呆介助 ターミナルケア
 トップ > 食事介助> 食事はゆっくりとよく噛むを基本に(食事介護のポイント):老化により唾液の減少や消化能力の低下が サイトマップ
介護の準備と心構え

 ・介護始める時の態勢づくり
 ・介護生活プランの立案方法
 ・介護人自身の健康管理
◆お年寄りに対する理解◆
 ・『身体』『心理』への理解
◆『寝たきり』を予防する方法◆
 ・寝たきりのきっかけ
 ・『寝たまま』状態の悪影響
 ・寝たきりを予防する要件

介護の環境作り

 ・住まいの危険な場所の点検
◆介護に適した住環境の改造◆
 @照明方法 A移動の工夫
 Bお風呂場 Cトイレ
 D寝床    E臭いの対策法
各季節ごとの注意点と工夫◆
 @春季A夏季B秋季C冬季

食事の介助と工夫

 ・栄養バランスの考え方
 ・献立の作り方
 ・調理方法の工夫
 @脱水の予防A便秘の予防
 B塩分摂取を控えるコツ
 C食欲不振』の場合の工夫
 D嚥下困難』の場合の工夫
◆正しく食事をとる方法◆
 ・正しい食事の姿勢
 ・自助具を使用しての食事
 ・寝たままでの食事の介助法
 ・薬剤を使う際の注意点
 ・健康の記録の記入方法

排泄の介助と自立

◆排泄をしやすくする工夫◆
 ・トイレを使いやすくする工夫
 ・排泄で介助が必要な場合
 ・便器(腰上げ)の使用法
 ・便器(腰上げできない場合)
◆介護での排泄の補助器具◆
 @衣服・下着     A尿器
 Bポータブルトイレ Cオムツ
◆排泄トラブルと予防法◆
 @失禁 A便秘 B下痢

睡眠の介助と工夫

◆快眠のための寝具選び◆
 ・快眠の寝具選びの4ポイント
 ・ベッド周辺の整備
 ・布団(フトン)の活用法
 ・寝床シーツの扱い方
 ・着脱の楽な寝巻(パジャマ)
◆睡眠時のトラブル予防◆
 ・長時間寝込む場合の注意点
 ・寝返り(体位の変換)の介助

清潔保持の介助

◆清潔保持の介助と注意点◆
 ・入浴介助の方法と注意点
部分浴の介助@手浴 A足浴
 ・清拭方法(入浴できない)
 ・洗髪介助 ・洗面・洗顔介助
口腔の清潔保持の介助法
 @歯磨き A入れ歯
 ・スキンケアとかゆみの悩み
◆清潔保持に活用できる衣服◆
 @扱いやすい衣類
 A下着と寝巻(パジャマ)

床ズレ予防の介助

 ・主な原因 ・主な症状と経過
◆床ズレ予防法や対処法◆
 ・床ズレ発症の予防・対処法
 ・床ズレ全般の対処法

移動と動作の介助

 ・安全で無理のない移動介助
 ・寝たまま位置移動の介助
 ・上体(上半身)起こし介助法
 ・ベッドからイスの移動の介助
 ・イスから立ち上がるの介助
 ・車イス介助法と注意点

リハビリの介助

リハビリテーションのポイント
介護での関節拘縮の予防法
 @手と腕と肩 A
◆自力でできるリハビリ◆
寝たままでできるリハビリ・運動
 @上半身 A下半身
座ってできるリハビリ・運動
 @腕・肩、足 A前と横へ
 ・安全な歩き方の練習・介助
 ・言語・聴覚障害がある場合

痴呆症状の介助

 ・痴呆症状の介護とは
 @介護の仕方と注意点
 A痴呆と老化の違いと原因
 Bの主な症状
 C予防する生活のポイント
 D痴呆症状との付き合い方

ターミナルケア(終末期の介護)

 ・ターミナルケアとは
 ・ターミナルケアは在宅か病院か
◆介護者が知るべき応急手当◆
 ・容態の見方(緊急時の手当)

食事はゆっくりとよく噛むを基本に(食事介護のポイント):老化により唾液の減少や消化能力の低下が見られ対応する必要が

◇介護生活での食事の介助と工夫の方法

噛む介護

 加齢による衰えによって、唾液(ダエキ)の分泌(ブンピツ)が少なくなってきて、歯も弱くなる一因となります。一般的に言って、噛む力が若いころの三分の一から四分の一になりますから、食べやすいものをユックリと味わうようにしましょう。お年寄り(被介護者)は、食事に十分な時間をかけて、口のなかでよく噛んでから飲み込まないと、むせたり、嚥下困難(エンゲコンナン)に陥ります。嚥下困難など、食事を飲み込む際の悩みにかんしては、当サイトの別ページで詳しく説明させていただきますので、そちらをご参照ください。

 【参考】嚥下困難』の場合の食事介護:調理を食べやすく工夫し栄養に気を配る

  • 「加齢による唾液分泌の低下」に関しての補足:唾液(ダエキ)は口腔内にある粘液腺、耳下腺、舌下線、顎下腺などの唾液腺から分泌(ブンピツ)される分泌物の混合液で、1日約1,000ml〜1,500ml(99.5%は水分)が分泌されます。有形成分としては、粘液・プチアリンおよび種々の塩類を含み、pH6.3〜6.9、比重1.002〜1.012の液体です。
    唾液(ダエキ)の生理的作用は食物を軟らかくして、口腔内を潤し、デンプン分解酵素であるプチアリンによってデンプンを麦芽糖にまで分解させる作用があります。それに加えて、細菌の繁殖を予防し、その分泌量によって水分代謝および体温の調節に関与しています。病的には水銀、ヨウ素、鉛などを排泄(ハイセツ)する作用があります。また、耳下腺はパロチンという老化防止の作用があるといわれているホルモンを分泌しています。高齢になると、唾液(ダエキ)の分泌量は低下しますので、様々な生理作用も効果が減少します、。これに加えて、唾液の分泌量の低下により、食物の消化がうまくいかず栄養も摂取しずらくなり、口腔内が汚れやすくなったりします。唾液の分泌量の低下を念頭において、食事の援助を行う場合には可能なかぎり水分を与えて食べ易いように工夫することが重要です。
  • 「嚥下困難(エンゲコンナン)」に関しての補足:飲食物が上手く飲み込めない、むせるなどの症状があり、食物が円滑に運ばれない状態を言います。高齢者や麻痺(マヒ)のある患者さんによく見られます。高齢者は、老化に伴って消化機能も低下して、咀嚼力は健康な成人の25%くらいに低下すると言われております。唾液(ダエキ)の分泌も低下しますから、口腔(コウクウ)内で食品を十分にかみくだいてドロドロの状態にしにくく、嚥下力も弱くなりますので飲み込んだものが気管に流入して「むせる」ことが多くなります。そうして「嚥下困難」の状態になるのです。
    【嚥下困難な人の食事介助のポイントは】@唾液(ダエキ)を出させるため、料理に変化をつけて見た目も美しく食欲をそそり美味しくする、A飲み込みやすくするために水分を多めにして料理をやわらかくする、B片栗粉、くず、寒天、ゼラチンなどを使ってトロミをつけてのどごしを良くする、C温かい料理、冷たい料理を組み合わせてメニューを多彩にする、などといったことが挙げられるでしょう。また、高齢者の身体的な特徴をよく理解すべきでしょう。食事の姿勢を整えることによって、むせこみを防ぐことができます。嚥下困難がある人には調理の工夫は言うまでもないことですが、特に食事の姿勢に配慮することが重要です。高齢になるにしたがって、嚥下障害が生じやすくなりますが、麻痺(マヒ)に伴う嚥下障害は特に食事を摂るときの注意が必要となります。誤嚥(ゴエン)を予防するために、@腹部・食道を圧迫しない姿勢をとる、A食事の材料や味付けや調理形態を選ぶ、B1度に口に入れる量は適量にする、Cきちんと嚥下してから次の食物を口に入れる、などの配慮が必要になります。嚥下障害があるお年寄り(被介護者)の食事介助を行う際には、口の中に食物がたまらないように、麻痺(マヒ)側を上にした側臥位をとらせます。

 胃腸のトラブルも多くなりますから、便秘(ベンピ)下痢(ゲリ)にならないように注意します。消化の悪い食べ物や脂肪分の摂り過ぎを避けて、腹八分目にとどめるようにしましょう。お年寄り(被介護者)の便秘(ベンピ)や下痢(ゲリ)などのお悩みにかんしては、当サイトの別ページで詳しく説明させていただきますので、そちらをご参照ください。

 【参考】便秘の予防法と対策:食事や運動、生活習慣の3つの側面から改善
      ・お年寄りでもできる便秘に効く体操
      ・便秘の食事での予防法:消化機能の衰えや運動不足が主因だが食事・運動療法で

 【参考】下痢がひどい場合の対策:風邪(カゼ)や食中毒など個々の状況によって対応策を

  • 「便秘(ベンピ)」に関しての補足:便秘とは、便が大腸内に長時間において停滞し、水分が再吸収されることによってかたくなって、排便(ハイベン)に困難および苦痛を伴う状態です。便秘のタイプ(型)としては、大腸の機能障害による『大腸性便秘(ダイチョウセイ・ベンピ)』と、直腸における排便機能の障害による『直腸性便秘(チョクチョウセイ・ベンピ)』の2つのタイプ(型)に分けられます。
    大腸性便秘にかんしては、『弛緩性便秘(シカンセイ・ベンピ)』・『痙攣性便秘(ケイレンセイ・ベンピ)』・『機械的通過障害による便秘』があります。また、直腸性便秘には、日本人に最も多い『習慣性便秘』があります。
    便秘には予防策が重要で、そのためには、@毎日一定時間に排便を試みる、A水分を十分に摂って、栄養バランスの良い食事をこころがけ、繊維に富む食品や脂肪食品を多く摂取すること、B腹部マッサージや腹筋の増強運動を行うこと、Cストレス解消や不安・恐怖などの精神的要因の軽減に努めること、などが挙げられます。
  • 「下痢(ゲリ)」に関しての補足:下痢症状とは、便中の水分の割合が増加した状態をいい多くは排便回数の増加を伴います。水分割合の増加程度により、『軟便』、『水様性下痢』などと言います。たとえば、コレラ菌では米のとぎ汁様、カンピロバクターやサルモネラ菌細菌感染の場合には『血性』、乳児冬季下痢症の場合では『白色』など、患っている疾患によって特徴的な症状をしめすことがあります。頻繁に繰り返される下痢の場合には、『脱水症』や『電解質異常』を生じやすいので補液(水分や電解質などを点滴静注などにより投与すること)が必要です。


≫次のページ「介護における食生活の合理化を(食事介護のポイント):自力で食事できるように補助具や食事介護サービスなどの活用も」へ

 


同じカテゴリ「食事の介助」の主なページ
◆介護でのお年寄りに望ましい食事の考え方◆
 @基本は栄養をバランスよく
 A特に塩分と水分の摂り方には注意
 B食事はゆっくりとよく噛むを基本に
 C介護における食生活の合理化を
   【参考】お年寄りにとっての食事の意味
栄養バランスの考え方
 @介護で特に摂りたい栄養食品群
   【参考】不足しがちなカルシウム補給を
献立の作り方
   【参考】介護の献立のチェックポイント
調理方法の工夫
   【参考】飲み込みの練習のコツ
 @脱水の食事での予防法
 A便秘の食事での予防法
 B塩分摂取を上手に控えるコツ
 C食欲不振』の場合の工夫
 D嚥下困難』の場合の工夫

◆お年寄りが正しく食事をとる方法◆
正しい食事の姿勢
   【参考】麻痺症状がある場合の食事姿勢
自助具を使用しての食事
   【参考】家庭で自助具での食事の工夫
寝たままでの食事の介助方法
 @寝たまま食事介助の事故予防策
   【参考】経管栄養の場合の介助の注意点
薬剤を使う際に知っておくべき注意点
   【参考】介護での薬剤の管理方法
   【参考】薬剤を飲み忘れない工夫
健康の記録(介護ノート)の記入方法
   【参考】介護での正しい測定方法
このカテゴリでよくある質問
 ・


◆当サイトの見方◆
関心のある分野を上のカテゴリメニューから選び、各カテゴリのトップページにいって関心のある情報を探してください。
同じカテゴリで他のページも見たければ、下部にあるページ紹介から探してみてください。
左メニューは、各カテゴリのトップページと主なページを載せてありますので、関心のあるページを見てみてください。
◆著者紹介◆
介護経験10年以上の介護福祉士・介護支援専門員(ケアマネジャー)4人が中心となり作成・管理・運営しています。
他に看護師や医師にもアドバイスを頂きながら作成しております。
介護る.com
介護
kaigol.com

本サイトのご利用について 参照文献・論文・サイト一覧
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・