介護.com
他カテゴリ→ 準備/心構え 環境作り 排泄介助 睡眠介助 清潔介助 床ズレ対策 移動介助 リハビリ介助 痴呆介助 ターミナルケア
 トップ > 食事介助> 基本は栄養をバランスよく(食事介護のポイント):栄養をバランスよく塩と水分の摂り過ぎに注意 サイトマップ
介護の準備と心構え

 ・介護始める時の態勢づくり
 ・介護生活プランの立案方法
 ・介護人自身の健康管理
◆お年寄りに対する理解◆
 ・『身体』『心理』への理解
◆『寝たきり』を予防する方法◆
 ・寝たきりのきっかけ
 ・『寝たまま』状態の悪影響
 ・寝たきりを予防する要件

介護の環境作り

 ・住まいの危険な場所の点検
◆介護に適した住環境の改造◆
 @照明方法 A移動の工夫
 Bお風呂場 Cトイレ
 D寝床    E臭いの対策法
各季節ごとの注意点と工夫◆
 @春季A夏季B秋季C冬季

食事の介助と工夫

 ・栄養バランスの考え方
 ・献立の作り方
 ・調理方法の工夫
 @脱水の予防A便秘の予防
 B塩分摂取を控えるコツ
 C食欲不振』の場合の工夫
 D嚥下困難』の場合の工夫
◆正しく食事をとる方法◆
 ・正しい食事の姿勢
 ・自助具を使用しての食事
 ・寝たままでの食事の介助法
 ・薬剤を使う際の注意点
 ・健康の記録の記入方法

排泄の介助と自立

◆排泄をしやすくする工夫◆
 ・トイレを使いやすくする工夫
 ・排泄で介助が必要な場合
 ・便器(腰上げ)の使用法
 ・便器(腰上げできない場合)
◆介護での排泄の補助器具◆
 @衣服・下着     A尿器
 Bポータブルトイレ Cオムツ
◆排泄トラブルと予防法◆
 @失禁 A便秘 B下痢

睡眠の介助と工夫

◆快眠のための寝具選び◆
 ・快眠の寝具選びの4ポイント
 ・ベッド周辺の整備
 ・布団(フトン)の活用法
 ・寝床シーツの扱い方
 ・着脱の楽な寝巻(パジャマ)
◆睡眠時のトラブル予防◆
 ・長時間寝込む場合の注意点
 ・寝返り(体位の変換)の介助

清潔保持の介助

◆清潔保持の介助と注意点◆
 ・入浴介助の方法と注意点
部分浴の介助@手浴 A足浴
 ・清拭方法(入浴できない)
 ・洗髪介助 ・洗面・洗顔介助
口腔の清潔保持の介助法
 @歯磨き A入れ歯
 ・スキンケアとかゆみの悩み
◆清潔保持に活用できる衣服◆
 @扱いやすい衣類
 A下着と寝巻(パジャマ)

床ズレ予防の介助

 ・主な原因 ・主な症状と経過
◆床ズレ予防法や対処法◆
 ・床ズレ発症の予防・対処法
 ・床ズレ全般の対処法

移動と動作の介助

 ・安全で無理のない移動介助
 ・寝たまま位置移動の介助
 ・上体(上半身)起こし介助法
 ・ベッドからイスの移動の介助
 ・イスから立ち上がるの介助
 ・車イス介助法と注意点

リハビリの介助

リハビリテーションのポイント
介護での関節拘縮の予防法
 @手と腕と肩 A
◆自力でできるリハビリ◆
寝たままでできるリハビリ・運動
 @上半身 A下半身
座ってできるリハビリ・運動
 @腕・肩、足 A前と横へ
 ・安全な歩き方の練習・介助
 ・言語・聴覚障害がある場合

痴呆症状の介助

 ・痴呆症状の介護とは
 @介護の仕方と注意点
 A痴呆と老化の違いと原因
 Bの主な症状
 C予防する生活のポイント
 D痴呆症状との付き合い方

ターミナルケア(終末期の介護)

 ・ターミナルケアとは
 ・ターミナルケアは在宅か病院か
◆介護者が知るべき応急手当◆
 ・容態の見方(緊急時の手当)

基本は栄養をバランスよく(食事介護のポイント):栄養をバランスよく塩と水分の摂り方に注意

◇介護生活での食事の介助と工夫の方法

食事介護

 年齢が若いときには、体力的な蓄えがあるので、栄養の偏りもすぐには健康に影響することはありません。しかしながら、お年寄り(被介護者)の場合には、その日の食事の内容が身体の具合にすぐに響いてしまうと考えていいでしょう。年をとればわかるのですが、その日の食事しだいで、その日の調子などが大きく変わるものです。特に、食が細くなり、一回に食べることのできる量が限られてくると、一食一食が栄養を摂るための重要な機会(チャンス)であると言っても過言ではないでしょう。
 そして、年をとるにしたがって、食の嗜好(シコウ)が変わっていったり、消化吸収能力が低下していくので、栄養のバランスには特に気をつけたいものですね。肉や魚、野菜などをまんべんなく摂って、栄養不足にならないように気をつけましょう。なお、お年寄り(被介護者)の栄養バランスの考え方にかんしては、当サイトの別ページで詳しく説明させていただきますので、そちらをご参照ください。

 【参考】栄養バランスの考え方:高齢者に必要な栄養バランス
     ・介護で特に摂りたい栄養食品群

 また、お年寄り(被介護者)に非常に多い『骨粗鬆症(コツソショウショウ)』といった病気も、カルシウムが不足して骨がもろくなるために起こるものです。骨粗鬆症にかかると、骨折を引き起こしやすく、しかも治癒(チユ)が遅くて、寝たきり生活のきっかけにもなります。このようなことを考慮すると、カルシウムも、若い時期よりも増して意識して摂取するようにしましょう。

 【参考】老衰・骨折外傷(寝たきりのきっかけ)

  • 「骨粗鬆症(コツソショウショウ)」に関しての補足:女性ホルモンには骨へのカルシウム沈着を促進する作用があり、閉経後は女性ホルモンが減少するために、骨量が減少して骨粗鬆症を生じやすいです。骨粗鬆症は、高齢女性に多く見られ、骨がもろくなって、骨折を生じやすくなります。骨折(特に大腿骨頸部骨折)は、脳血管障害と並んで、寝たきりの原因として重要です。病的骨折はその他、胸腰椎移行部、前腕骨遠位端、上腕骨近位端などに起こりやすいです。
    【骨折(コッセツ)】骨折のうち、折れた骨が皮膚(ヒフ)を突き破って外に出たものを「複雑骨折(開放骨折)」、皮膚(ヒフ)内におさまっているものを「単純骨折(閉鎖骨折)」と言います。複雑骨折が感染を生じやすくのに対して、単純骨折は比較的難治性である治癒(チユ)しやすいです。
  • 「カルシウム(栄養学的な側面)」に関しての補足:食品からのカルシウムの吸収は、小腸、特に十二指腸で行われます。乳糖は腸管からのカルシウム吸収に有効な作用をします。また、カルシウムとリンの比率が2:1〜1:2の範囲でよく吸収されます。カルシウムの摂取量が不足すると、血中カルシウム濃度が下がります。そして、副甲状腺ホルモンが分泌(ブンピツ)されて、骨からカルシウムが取り出されます。その一方で、血中カルシウム濃度が過剰になるとカルシトニンが分泌されて、カルシウムを骨に戻します。
    カルシウムの欠乏の状態が継続すると、骨のカルシウムが減少して、骨粗鬆症(コツソショウショウ)が起こります。つまりカルシウムの摂取が不足すると骨量が減少し易いのです。カルシウムの標準所要量は成人一人当たり600mgとされており、妊婦、授乳婦は1,000mg以上が要求されております。ビタミンDはカルシウムが骨や歯を形成する上で関係が深いです。


≫次のページ「特に塩分と水分の摂り方には注意(食事介護のポイント):お年寄りが好む和食は塩分過剰で、加齢から脱水症になりやすい」へ

 


同じカテゴリ「食事の介助」の主なページ
◆介護でのお年寄りに望ましい食事の考え方◆
 @基本は栄養をバランスよく
 A特に塩分と水分の摂り方には注意
 B食事はゆっくりとよく噛むを基本に
 C介護における食生活の合理化を
   【参考】お年寄りにとっての食事の意味
栄養バランスの考え方
 @介護で特に摂りたい栄養食品群
   【参考】不足しがちなカルシウム補給を
献立の作り方
   【参考】介護の献立のチェックポイント
調理方法の工夫
   【参考】飲み込みの練習のコツ
 @脱水の食事での予防法
 A便秘の食事での予防法
 B塩分摂取を上手に控えるコツ
 C食欲不振』の場合の工夫
 D嚥下困難』の場合の工夫

◆お年寄りが正しく食事をとる方法◆
正しい食事の姿勢
   【参考】麻痺症状がある場合の食事姿勢
自助具を使用しての食事
   【参考】家庭で自助具での食事の工夫
寝たままでの食事の介助方法
 @寝たまま食事介助の事故予防策
   【参考】経管栄養の場合の介助の注意点
薬剤を使う際に知っておくべき注意点
   【参考】介護での薬剤の管理方法
   【参考】薬剤を飲み忘れない工夫
健康の記録(介護ノート)の記入方法
   【参考】介護での正しい測定方法
このカテゴリでよくある質問
 ・


◆当サイトの見方◆
関心のある分野を上のカテゴリメニューから選び、各カテゴリのトップページにいって関心のある情報を探してください。
同じカテゴリで他のページも見たければ、下部にあるページ紹介から探してみてください。
左メニューは、各カテゴリのトップページと主なページを載せてありますので、関心のあるページを見てみてください。
◆著者紹介◆
介護経験10年以上の介護福祉士・介護支援専門員(ケアマネジャー)4人が中心となり作成・管理・運営しています。
他に看護師や医師にもアドバイスを頂きながら作成しております。
介護る.com
介護
kaigol.com

本サイトのご利用について 参照文献・論文・サイト一覧
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・