介護.com
他カテゴリ→ 準備/心構え 環境作り 排泄介助 睡眠介助 清潔介助 床ズレ対策 移動介助 リハビリ介助 痴呆介助 ターミナルケア
 トップ > 食事介助> 介護での正しい測定方法:測定時間と測定方法に注意して体の癖を理解して測定する サイトマップ
介護の準備と心構え

 ・介護始める時の態勢づくり
 ・介護生活プランの立案方法
 ・介護人自身の健康管理
◆お年寄りに対する理解◆
 ・『身体』『心理』への理解
◆『寝たきり』を予防する方法◆
 ・寝たきりのきっかけ
 ・『寝たまま』状態の悪影響
 ・寝たきりを予防する要件

介護の環境作り

 ・住まいの危険な場所の点検
◆介護に適した住環境の改造◆
 @照明方法 A移動の工夫
 Bお風呂場 Cトイレ
 D寝床    E臭いの対策法
各季節ごとの注意点と工夫◆
 @春季A夏季B秋季C冬季

食事の介助と工夫

 ・栄養バランスの考え方
 ・献立の作り方
 ・調理方法の工夫
 @脱水の予防A便秘の予防
 B塩分摂取を控えるコツ
 C食欲不振』の場合の工夫
 D嚥下困難』の場合の工夫
◆正しく食事をとる方法◆
 ・正しい食事の姿勢
 ・自助具を使用しての食事
 ・寝たままでの食事の介助法
 ・薬剤を使う際の注意点
 ・健康の記録の記入方法

排泄の介助と自立

◆排泄をしやすくする工夫◆
 ・トイレを使いやすくする工夫
 ・排泄で介助が必要な場合
 ・便器(腰上げ)の使用法
 ・便器(腰上げできない場合)
◆介護での排泄の補助器具◆
 @衣服・下着     A尿器
 Bポータブルトイレ Cオムツ
◆排泄トラブルと予防法◆
 @失禁 A便秘 B下痢

睡眠の介助と工夫

◆快眠のための寝具選び◆
 ・快眠の寝具選びの4ポイント
 ・ベッド周辺の整備
 ・布団(フトン)の活用法
 ・寝床シーツの扱い方
 ・着脱の楽な寝巻(パジャマ)
◆睡眠時のトラブル予防◆
 ・長時間寝込む場合の注意点
 ・寝返り(体位の変換)の介助

清潔保持の介助

◆清潔保持の介助と注意点◆
 ・入浴介助の方法と注意点
部分浴の介助@手浴 A足浴
 ・清拭方法(入浴できない)
 ・洗髪介助 ・洗面・洗顔介助
口腔の清潔保持の介助法
 @歯磨き A入れ歯
 ・スキンケアとかゆみの悩み
◆清潔保持に活用できる衣服◆
 @扱いやすい衣類
 A下着と寝巻(パジャマ)

床ズレ予防の介助

 ・主な原因 ・主な症状と経過
◆床ズレ予防法や対処法◆
 ・床ズレ発症の予防・対処法
 ・床ズレ全般の対処法

移動と動作の介助

 ・安全で無理のない移動介助
 ・寝たまま位置移動の介助
 ・上体(上半身)起こし介助法
 ・ベッドからイスの移動の介助
 ・イスから立ち上がるの介助
 ・車イス介助法と注意点

リハビリの介助

リハビリテーションのポイント
介護での関節拘縮の予防法
 @手と腕と肩 A
◆自力でできるリハビリ◆
寝たままでできるリハビリ・運動
 @上半身 A下半身
座ってできるリハビリ・運動
 @腕・肩、足 A前と横へ
 ・安全な歩き方の練習・介助
 ・言語・聴覚障害がある場合

痴呆症状の介助

 ・痴呆症状の介護とは
 @介護の仕方と注意点
 A痴呆と老化の違いと原因
 Bの主な症状
 C予防する生活のポイント
 D痴呆症状との付き合い方

ターミナルケア(終末期の介護)

 ・ターミナルケアとは
 ・ターミナルケアは在宅か病院か
◆介護者が知るべき応急手当◆
 ・容態の見方(緊急時の手当)

介護での正しい測定方法:測定時間と測定方法に注意して体の癖を理解して測定する

◇介護生活での食事の介助と工夫の方法

介護での正しい測定方法

  1. 介護での『体温』の測定方法

    お年寄り(被介護者)の『体温』を測定する場合、朝に起きた際に1回と午後3時ごろの合計2回測りましょう。これはお年寄り(被介護者)にキチンと測定するように習慣づけて自主的に測定して、介護者も確認するようにしましょう。そして、同じ時間に測定したほうが良いので、朝食の準備が整う間とか、おやつの前に測定をするとか、毎日行う日課と結びつけて習慣付けておくのが良いでしょう。
    体温は、わきの下で測定しますが、お年寄り(被介護者)が横向きで寝ている場合には、上側の脇ではかり、体温計を押しつぶして計ることのないようにします。お年寄り(被介護者)が痩せていて、体温計がわきの下に密着できない場合には、口腔(コウクウ)で測ります。この場合には、わきの下よりも測定値が二分ほど高く出ることになるので、その点は忘れずに調節してください。

    • 「体温の測定方法」に関しての補足:体温の測定には、腋の下のほか、口腔(コウクウ)舌下、直腸などで測定することができます。直腸温>口腔温>腋窩温の順に体温が高くなりやすくなります。一般的に言って、腋窩検温は10分間測定して、直腸検温は3分間の測定で、そのつど体温計の消毒を行います。
      体温の正常値は年齢によって異なり、乳幼児のほうが高齢者よりは体温が高くなります。また、体温は1日の中で早朝に最も低く、夕方に高くなります。日中の変動は1℃以内です。
      このような事柄を勘案して、検温方法、検温時間などを選択していきます。片麻痺がある場合の体温測定は健側(ケンソク:障害もしくは麻痺のない側)で行います。これは麻痺側では、体温計をきちんと保持できないこと、また麻痺側の腋窩温が健側の腋窩温よりも低いためです。また、口腔検温は、理解力の乏しい人には危険であり、鼻閉のある人は正確に測ることができないために不適切です。



  2. 介護での『脈(ミャク)』の測定方法

    お年寄り(被介護者)の『脈(ミャク)』を測定する場合、手首のつけ根から2センチぐらい上の親指側に、脈のふれるところがあります。人差し指、中指、薬指の三本の指をそろえて添えて、一分間測りましょう。拍動(ハクドウ)が規則的か、打ち方の強弱はどうかなどにも気をつけます。


  3. 介護での『呼吸数』の測定方法

    寝ている際の胸の上下の動きを1分間数えます。苦しそうでないか、「ヒューヒュー」や「ゼーゼー」などいっていないかなど、不自然な音を発していないかなどにも注意します。


  4. 介護での『血圧』の測定方法

    お年寄り(被介護者)が静かにリラックスした状態のときに、血圧を測ります。排尿(ハイニョウ)、排便(ハイベン)を済ませた後で、いつも同じ姿勢、同じ側の腕で測ります。


  5. 介護での『尿や便の量』の測定方法

    お年寄り(被介護者)が一人で排泄(ハイセツ)できる場合には、トイレのそばに紙を貼っておいたり、カードを置いておいて、尿と便の回数を記入してもらうといいでしょう。採尿器の場合には、目盛りがついているので、分量を記録します。目盛りがない場合には、一度、水を計量カップで測りながら入れ、目盛りを書き込んでおきます。オムツを使用している場合には、オムツごろはかりにのせて、重さを記入しておきます。使用前のオムツの重さを差し引くと、正確な重さが分かります。


≫次のページ「介護での健康の記録(介護ノート)の記入方法:分かりやすく時系列での変化がわかるように統一して記録」へ

 


同じカテゴリ「食事の介助」の主なページ
◆介護でのお年寄りに望ましい食事の考え方◆
 @基本は栄養をバランスよく
 A特に塩分と水分の摂り方には注意
 B食事はゆっくりとよく噛むを基本に
 C介護における食生活の合理化を
   【参考】お年寄りにとっての食事の意味
栄養バランスの考え方
 @介護で特に摂りたい栄養食品群
   【参考】不足しがちなカルシウム補給を
献立の作り方
   【参考】介護の献立のチェックポイント
調理方法の工夫
   【参考】飲み込みの練習のコツ
 @脱水の食事での予防法
 A便秘の食事での予防法
 B塩分摂取を上手に控えるコツ
 C食欲不振』の場合の工夫
 D嚥下困難』の場合の工夫

◆お年寄りが正しく食事をとる方法◆
正しい食事の姿勢
   【参考】麻痺症状がある場合の食事姿勢
自助具を使用しての食事
   【参考】家庭で自助具での食事の工夫
寝たままでの食事の介助方法
 @寝たまま食事介助の事故予防策
   【参考】経管栄養の場合の介助の注意点
薬剤を使う際に知っておくべき注意点
   【参考】介護での薬剤の管理方法
   【参考】薬剤を飲み忘れない工夫
健康の記録(介護ノート)の記入方法
   【参考】介護での正しい測定方法
このカテゴリでよくある質問
 ・


◆当サイトの見方◆
関心のある分野を上のカテゴリメニューから選び、各カテゴリのトップページにいって関心のある情報を探してください。
同じカテゴリで他のページも見たければ、下部にあるページ紹介から探してみてください。
左メニューは、各カテゴリのトップページと主なページを載せてありますので、関心のあるページを見てみてください。
◆著者紹介◆
介護経験10年以上の介護福祉士・介護支援専門員(ケアマネジャー)4人が中心となり作成・管理・運営しています。
他に看護師や医師にもアドバイスを頂きながら作成しております。
介護る.com
介護
kaigol.com

本サイトのご利用について 参照文献・論文・サイト一覧
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・