介護.com
他カテゴリ→ 準備/心構え 環境作り 排泄介助 睡眠介助 清潔介助 床ズレ対策 移動介助 リハビリ介助 痴呆介助 ターミナルケア
 トップ > 食事介助> 介護で薬剤を使う際に知っておくべき注意点:医師に相談の上で基本(時間・用量・用法)を守って サイトマップ
介護の準備と心構え

 ・介護始める時の態勢づくり
 ・介護生活プランの立案方法
 ・介護人自身の健康管理
◆お年寄りに対する理解◆
 ・『身体』『心理』への理解
◆『寝たきり』を予防する方法◆
 ・寝たきりのきっかけ
 ・『寝たまま』状態の悪影響
 ・寝たきりを予防する要件

介護の環境作り

 ・住まいの危険な場所の点検
◆介護に適した住環境の改造◆
 @照明方法 A移動の工夫
 Bお風呂場 Cトイレ
 D寝床    E臭いの対策法
各季節ごとの注意点と工夫◆
 @春季A夏季B秋季C冬季

食事の介助と工夫

 ・栄養バランスの考え方
 ・献立の作り方
 ・調理方法の工夫
 @脱水の予防A便秘の予防
 B塩分摂取を控えるコツ
 C食欲不振』の場合の工夫
 D嚥下困難』の場合の工夫
◆正しく食事をとる方法◆
 ・正しい食事の姿勢
 ・自助具を使用しての食事
 ・寝たままでの食事の介助法
 ・薬剤を使う際の注意点
 ・健康の記録の記入方法

排泄の介助と自立

◆排泄をしやすくする工夫◆
 ・トイレを使いやすくする工夫
 ・排泄で介助が必要な場合
 ・便器(腰上げ)の使用法
 ・便器(腰上げできない場合)
◆介護での排泄の補助器具◆
 @衣服・下着     A尿器
 Bポータブルトイレ Cオムツ
◆排泄トラブルと予防法◆
 @失禁 A便秘 B下痢

睡眠の介助と工夫

◆快眠のための寝具選び◆
 ・快眠の寝具選びの4ポイント
 ・ベッド周辺の整備
 ・布団(フトン)の活用法
 ・寝床シーツの扱い方
 ・着脱の楽な寝巻(パジャマ)
◆睡眠時のトラブル予防◆
 ・長時間寝込む場合の注意点
 ・寝返り(体位の変換)の介助

清潔保持の介助

◆清潔保持の介助と注意点◆
 ・入浴介助の方法と注意点
部分浴の介助@手浴 A足浴
 ・清拭方法(入浴できない)
 ・洗髪介助 ・洗面・洗顔介助
口腔の清潔保持の介助法
 @歯磨き A入れ歯
 ・スキンケアとかゆみの悩み
◆清潔保持に活用できる衣服◆
 @扱いやすい衣類
 A下着と寝巻(パジャマ)

床ズレ予防の介助

 ・主な原因 ・主な症状と経過
◆床ズレ予防法や対処法◆
 ・床ズレ発症の予防・対処法
 ・床ズレ全般の対処法

移動と動作の介助

 ・安全で無理のない移動介助
 ・寝たまま位置移動の介助
 ・上体(上半身)起こし介助法
 ・ベッドからイスの移動の介助
 ・イスから立ち上がるの介助
 ・車イス介助法と注意点

リハビリの介助

リハビリテーションのポイント
介護での関節拘縮の予防法
 @手と腕と肩 A
◆自力でできるリハビリ◆
寝たままでできるリハビリ・運動
 @上半身 A下半身
座ってできるリハビリ・運動
 @腕・肩、足 A前と横へ
 ・安全な歩き方の練習・介助
 ・言語・聴覚障害がある場合

痴呆症状の介助

 ・痴呆症状の介護とは
 @介護の仕方と注意点
 A痴呆と老化の違いと原因
 Bの主な症状
 C予防する生活のポイント
 D痴呆症状との付き合い方

ターミナルケア(終末期の介護)

 ・ターミナルケアとは
 ・ターミナルケアは在宅か病院か
◆介護者が知るべき応急手当◆
 ・容態の見方(緊急時の手当)

介護で薬剤を使う際に知っておくべき注意点:医師に相談の上で基本(時間・用量・用法)を守って使用を徹底

◇介護生活での食事の介助と工夫の方法

薬剤

使用する前に担当の専門医と十分に相談

 介護を受けているお年寄り(被介護者)は、一人で複数の病気を抱えていることが多く、その大部分が慢性病です。複数の科の病気にかかっている場合には、担当の専門医にそのことを告げて、どのような薬物療法を受けているのか(どんな薬剤を飲んでいるのか)を話しておくことを忘れないでください。経口薬(ケイコウヤク)だけではなく、座薬、点眼薬、軟膏(ナンコウ)なども忘れないように伝えてください。
 また、薬剤は副作用に注意が必要です。特に、新しい薬剤を出された際には、発疹(ホッシン)、胃腸の不快、体調不良んだお、異常が無いかをよく注意して担当の専門医に知らせましょう。薬物療法後に、快方に向かった際も、当然のことながら、その旨を担当の専門医に知らせましょう。

 

介護での薬剤の正しい飲み方

  1. 飲む時間をキチンと守る

    内服薬は、胃や腸で吸収されて効力を発揮します。食事前や食間、食事後というのは、胃腸の内容物の量や状態によって、吸収の程度を加減(カゲン)するためですので、担当の専門医の指示を必ず守りましょう。
    例を挙げると、強い薬剤は、効きすぎて胃壁を荒らさないようにとか、弱い薬剤は空腹時の胃腸で十分に吸収されるようにとか、ちゃんと考慮されているのです。『食間』とは、食事と食事の間ということで、食事の最中のことではありません。薬剤を飲み忘れたら、次の食事の前でも良いでしょう。また、『空腹時』とは、食事前のことです。何時間かおきという薬剤の場合には、飲み忘れないように、飲んだとき、次の時間に目覚ましやタイマーをかけておきましょう。『食後』の薬剤は、食事を摂らなかったら、牛乳を少し飲むか、お菓子をつまむかした後で飲みましょう。
    処方された内服薬を飲む時間は、正確であるに越したことはないのですが、1,2時間のずれであれば、神経質になることもありません。お年寄り(被介護者)が熟睡しているのを無理やり起こしてまで、薬剤を飲む時間を性格に守ることはありません。

    【参考】薬剤を飲み忘れない工夫(チェックして忘れないように!)


  2. 薬剤の用量を守る

    お年寄り(被介護者)が病院に行くと、ビックリするくらいのたくさんの薬剤をもらいます。「こんなにたくさんの薬剤を飲んでも大丈夫だろうか」と心配するお年寄り(被介護者)も多くいて、少し症状が軽くなってくると、薬物療法を勝手に止めてしまったり、勝手に薬剤の量を減らしてしまったりしがちです。しかしながら、担当の専門医は、患者さんがきちんと指示した薬剤を飲んでいるものと信頼して、そのたびに薬剤を処方しているので、患者さんが勝手に量を変えてしまうと、診断を誤ることにもなりかねません。だから、量が多くて不安な場合や、きちんと服用しなかった場合には、そのことをできるだけ早く素直に担当の専門医に伝えましょう。
    このようなことに加えて、薬剤の用量を守るということは、一回に飲む量のことについて言っているのです。飲み忘れたからといって、前の分もいっしょに飲むなどということは絶対にしないでください。薬剤は身体を病気から守る役割も担いますが、使いすぎれば副作用などによっては身体に悪影響を与えることもあることを忘れてはいけません。


  3. 薬剤の用法を守る

    処方された薬剤を飲む際には、水か白湯(サユ:飲むために、湯をぬるく冷ました物)といっしょにのみましょう。緑茶や紅茶、コーヒーなどで飲むと、薬剤の効果を妨げることがあります。しかしながら、それほど神経質になる必要も無く、決められた回数や用量を守ることの方がはるかに重要です。
    ただし、水分なしで薬剤だけを飲むのは避けましょう。その理由は、水分なしで飲み込んだ薬剤が、直接食道の粘膜(ネンマク)に当たって炎症を引き起こしたり、胃の中で薬剤が溶けずに『胃潰瘍(イカイヨウ)』になったり、腸に届く前に唾液(ダエキ)で溶けて効果が無くなったりと、トラブルのもとです。水は、単純に飲みやすくするためのものではなく、薬剤を安全に吸収しやすくする働きもあるのです。
    このようなことに加えて、病院でもらう薬剤は、その患者さんのために処方されたものです。だから、余ったりしたからといって、別の人に分けたりはしないでください。
  • 「胃潰瘍(イカイヨウ)」に関しての補足:胃の粘膜の欠損によって、胃痛、出血(吐血、下血)、穿孔などを生じる疾病を言います。欠損が表面の粘膜にのみ限られたものを「胃びらん」といいます。胃液中に含まれる胃酸、ペプシンなどの組織傷害作用を有する粘液・血流などの防御因子のバランスが崩れた場合に生じやすいとされ、遺伝的要素、タバコや精神的なストレスなどにより生じます。これに加えて、ヘリコバクター・ピロリという細菌の増殖によって引き起こされているとも言われております。
    胃潰瘍の治療には、制酸薬、抗コリン薬、ヒスタミンH2受容体拮抗薬、プロトンポンプ拮抗薬、ピロリ菌の除菌を目的とした抗生物質などを用います。


≫次のページ「介護での薬剤の管理方法:お年寄りまかせにせずに記録と管理をキチンと行う」へ

 


同じカテゴリ「食事の介助」の主なページ
◆介護でのお年寄りに望ましい食事の考え方◆
 @基本は栄養をバランスよく
 A特に塩分と水分の摂り方には注意
 B食事はゆっくりとよく噛むを基本に
 C介護における食生活の合理化を
   【参考】お年寄りにとっての食事の意味
栄養バランスの考え方
 @介護で特に摂りたい栄養食品群
   【参考】不足しがちなカルシウム補給を
献立の作り方
   【参考】介護の献立のチェックポイント
調理方法の工夫
   【参考】飲み込みの練習のコツ
 @脱水の食事での予防法
 A便秘の食事での予防法
 B塩分摂取を上手に控えるコツ
 C食欲不振』の場合の工夫
 D嚥下困難』の場合の工夫

◆お年寄りが正しく食事をとる方法◆
正しい食事の姿勢
   【参考】麻痺症状がある場合の食事姿勢
自助具を使用しての食事
   【参考】家庭で自助具での食事の工夫
寝たままでの食事の介助方法
 @寝たまま食事介助の事故予防策
   【参考】経管栄養の場合の介助の注意点
薬剤を使う際に知っておくべき注意点
   【参考】介護での薬剤の管理方法
   【参考】薬剤を飲み忘れない工夫
健康の記録(介護ノート)の記入方法
   【参考】介護での正しい測定方法
このカテゴリでよくある質問
 ・


◆当サイトの見方◆
関心のある分野を上のカテゴリメニューから選び、各カテゴリのトップページにいって関心のある情報を探してください。
同じカテゴリで他のページも見たければ、下部にあるページ紹介から探してみてください。
左メニューは、各カテゴリのトップページと主なページを載せてありますので、関心のあるページを見てみてください。
◆著者紹介◆
介護経験10年以上の介護福祉士・介護支援専門員(ケアマネジャー)4人が中心となり作成・管理・運営しています。
他に看護師や医師にもアドバイスを頂きながら作成しております。
介護る.com
介護
kaigol.com

本サイトのご利用について 参照文献・論文・サイト一覧
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・