介護.com
他カテゴリ→ 準備/心構え 環境作り 排泄介助 睡眠介助 清潔介助 床ズレ対策 移動介助 リハビリ介助 痴呆介助 ターミナルケア
 トップ > 食事介助> 介護でのお年寄りにとっての食事の意味:健康と生活リズムを左右する食事介助は介護の根幹 サイトマップ
介護の準備と心構え

 ・介護始める時の態勢づくり
 ・介護生活プランの立案方法
 ・介護人自身の健康管理
◆お年寄りに対する理解◆
 ・『身体』『心理』への理解
◆『寝たきり』を予防する方法◆
 ・寝たきりのきっかけ
 ・『寝たまま』状態の悪影響
 ・寝たきりを予防する要件

介護の環境作り

 ・住まいの危険な場所の点検
◆介護に適した住環境の改造◆
 @照明方法 A移動の工夫
 Bお風呂場 Cトイレ
 D寝床    E臭いの対策法
各季節ごとの注意点と工夫◆
 @春季A夏季B秋季C冬季

食事の介助と工夫

 ・栄養バランスの考え方
 ・献立の作り方
 ・調理方法の工夫
 @脱水の予防A便秘の予防
 B塩分摂取を控えるコツ
 C食欲不振』の場合の工夫
 D嚥下困難』の場合の工夫
◆正しく食事をとる方法◆
 ・正しい食事の姿勢
 ・自助具を使用しての食事
 ・寝たままでの食事の介助法
 ・薬剤を使う際の注意点
 ・健康の記録の記入方法

排泄の介助と自立

◆排泄をしやすくする工夫◆
 ・トイレを使いやすくする工夫
 ・排泄で介助が必要な場合
 ・便器(腰上げ)の使用法
 ・便器(腰上げできない場合)
◆介護での排泄の補助器具◆
 @衣服・下着     A尿器
 Bポータブルトイレ Cオムツ
◆排泄トラブルと予防法◆
 @失禁 A便秘 B下痢

睡眠の介助と工夫

◆快眠のための寝具選び◆
 ・快眠の寝具選びの4ポイント
 ・ベッド周辺の整備
 ・布団(フトン)の活用法
 ・寝床シーツの扱い方
 ・着脱の楽な寝巻(パジャマ)
◆睡眠時のトラブル予防◆
 ・長時間寝込む場合の注意点
 ・寝返り(体位の変換)の介助

清潔保持の介助

◆清潔保持の介助と注意点◆
 ・入浴介助の方法と注意点
部分浴の介助@手浴 A足浴
 ・清拭方法(入浴できない)
 ・洗髪介助 ・洗面・洗顔介助
口腔の清潔保持の介助法
 @歯磨き A入れ歯
 ・スキンケアとかゆみの悩み
◆清潔保持に活用できる衣服◆
 @扱いやすい衣類
 A下着と寝巻(パジャマ)

床ズレ予防の介助

 ・主な原因 ・主な症状と経過
◆床ズレ予防法や対処法◆
 ・床ズレ発症の予防・対処法
 ・床ズレ全般の対処法

移動と動作の介助

 ・安全で無理のない移動介助
 ・寝たまま位置移動の介助
 ・上体(上半身)起こし介助法
 ・ベッドからイスの移動の介助
 ・イスから立ち上がるの介助
 ・車イス介助法と注意点

リハビリの介助

リハビリテーションのポイント
介護での関節拘縮の予防法
 @手と腕と肩 A
◆自力でできるリハビリ◆
寝たままでできるリハビリ・運動
 @上半身 A下半身
座ってできるリハビリ・運動
 @腕・肩、足 A前と横へ
 ・安全な歩き方の練習・介助
 ・言語・聴覚障害がある場合

痴呆症状の介助

 ・痴呆症状の介護とは
 @介護の仕方と注意点
 A痴呆と老化の違いと原因
 Bの主な症状
 C予防する生活のポイント
 D痴呆症状との付き合い方

ターミナルケア(終末期の介護)

 ・ターミナルケアとは
 ・ターミナルケアは在宅か病院か
◆介護者が知るべき応急手当◆
 ・容態の見方(緊急時の手当)

介護でのお年寄りにとっての食事の意味:健康と生活リズムを左右する食事介助は介護の根幹

◇介護生活での食事の介助と工夫の方法

介護の食事

『食べること』の意味

 人の一生とは、「食に始まり食に終わる」とさえ言われております。現代の日本においては、どれだけ長生きしたかではなくて、どう長生きするのか、あるいは健康でより良く生きたか、ということが問われている時代だと思います。お年寄り(被介護者)自身がシッカリと食事をとって、元気で長生きすることが、家族の心の支えになるのだということを、お年寄り(被介護者)によく理解してもらうことも重要なのです。
 そして、食の持つ意味は、よりよく生きるために食べるところだと言われ、まず健康を保持し、老化現象を遅らせて、疾病を予防していくことが目的なのです。その点を基本にすえて、より良い食生活を送り、身体的にも精神的にも社会的にも、健康的な一生を送りために、介護における食生活の重要性について、今一度確認してみましょう。

 

介護での食事のお世話の基本

 介護における食事のお世話の第一の基本は、「介護者自身がしてもらいたいことをして差し上げる」ということでしょう。これは介護全般にも言えることですが、何をすればいいのか迷ったのなら、自分であればどうして欲しいのかを考えながらお世話をすすめるべきでしょう。しかしながら、別ページでも述べているように、過保護な介護を続けると、むしろお年寄り(被介護者)が衰えるのを早めてしまうため、その見極めも重要です。
 第二には、お年寄り(被介護者)をよく観察して理解することです。お年寄り(被介護者)の食事は個人差が著しいので、食事の内容も援助のしかたもそれぞれ異なってきます。だから、どのような食事の介助(カイジョ)や援助が必要となるのかは、お年寄り(被介護者)をよく理解することから始まると言っても過言ではありません。まずは、触れ合い、さわってみて、感じてみて、そこで実際の食事の介助(カイジョ)をしてみるなど、いろいろとかかわってみてください。
 例を挙げると、刻み食を出した場合でも、かぶや大根などは、柔らかく煮れば大きいままでも食べることができる、という被介護者(お年寄り)もおられるでしょう。また、利き手に麻痺(マヒ)症状があるお年寄り(被介護者)でも、残存機能を活かして反対側の手などを使うように工夫すれば、握り食にして自分だけで食べることも可能でしょう。こういったことなどは、実際にお年寄り(被介護者)の介助をしてみれば、徐々にわかってきて、試し方も理解できて来るでしょう。ただ見ているだけだとか、頭で考えているだけでは、良い介護は決して出来ないのです。

  • 「食事の介助(カイジョ)」に関しての補足:@食事介護は、お年寄り(被介護者)の身体状況はもちろんのこと、生活全体の状態を把握して、さらに食習慣や嗜好を理解した上で、その人に合わせた食事を用意することが必要です。食事の摂取量は1回だけの食事ではなく1日の量や数日間の食欲の様子、日中の過ごし方や運動量などから把握することが重要です。1日にどのくらい食べているのか、水分をどのくらい摂取しているのかを排泄量とともにチェックして、全身の状態を把握しておかなければいけません。

 

介護で食事のお世話をする際の注意点

 お年寄り(被介護者)が食事を残してしまった場合、さりげなく、なぜ食事を残したのかの理由、あるいは食べない場合にはなぜ食べないのか、といった問題意識を持ち続けることが重要です。
 つまり、食事には一連の流れがあって、食欲→摂食→咀嚼(ソシャク)→嚥下(エンゲ)→消化→吸収→排便(ハイベン)といった流れがあり、いずれが欠けてしまっても完全な食とはいえないと言われます。こうした流れの中で、思いやりのある気配り、目配りを忘れないようにする一方で、お年寄り(被介護者)を見守る目線は、客観的に、冷静に、食の流れの全体を通して状態を把握することが肝要なのです。温かい心と冷めた頭が要求されているのです。そして、食事での介助(カイジョ)の注意点を下記にまとめました。

  1. まずはお年寄り(被介護者)への思いやりを大事に
  2. 病人の悩みを上手に聞き出していく
  3. 病人からも信頼される介護者になる
  4. 食事介助は明るく言葉をかけながら行う
  5. 気分が滅入らないように明るく対応する
  6. 疲れてもできるだけ気を落ち着けてトラブルを避ける
  7. トラブルが生じても翌日に持ち越さぬよう切り替える
  8. 食事がうまく飲み込めなくなった場合は観察して担当の専門医に相談
  9. 食欲の状況やその変化を観察して、変化が合った場合には担当の専門医に相談
 

同じカテゴリ「食事の介助」の主なページ
◆介護でのお年寄りに望ましい食事の考え方◆
 @基本は栄養をバランスよく
 A特に塩分と水分の摂り方には注意
 B食事はゆっくりとよく噛むを基本に
 C介護における食生活の合理化を
   【参考】お年寄りにとっての食事の意味
栄養バランスの考え方
 @介護で特に摂りたい栄養食品群
   【参考】不足しがちなカルシウム補給を
献立の作り方
   【参考】介護の献立のチェックポイント
調理方法の工夫
   【参考】飲み込みの練習のコツ
 @脱水の食事での予防法
 A便秘の食事での予防法
 B塩分摂取を上手に控えるコツ
 C食欲不振』の場合の工夫
 D嚥下困難』の場合の工夫

◆お年寄りが正しく食事をとる方法◆
正しい食事の姿勢
   【参考】麻痺症状がある場合の食事姿勢
自助具を使用しての食事
   【参考】家庭で自助具での食事の工夫
寝たままでの食事の介助方法
 @寝たまま食事介助の事故予防策
   【参考】経管栄養の場合の介助の注意点
薬剤を使う際に知っておくべき注意点
   【参考】介護での薬剤の管理方法
   【参考】薬剤を飲み忘れない工夫
健康の記録(介護ノート)の記入方法
   【参考】介護での正しい測定方法
このカテゴリでよくある質問
 ・


◆当サイトの見方◆
関心のある分野を上のカテゴリメニューから選び、各カテゴリのトップページにいって関心のある情報を探してください。
同じカテゴリで他のページも見たければ、下部にあるページ紹介から探してみてください。
左メニューは、各カテゴリのトップページと主なページを載せてありますので、関心のあるページを見てみてください。
◆著者紹介◆
介護経験10年以上の介護福祉士・介護支援専門員(ケアマネジャー)4人が中心となり作成・管理・運営しています。
他に看護師や医師にもアドバイスを頂きながら作成しております。
介護る.com
介護
kaigol.com

本サイトのご利用について 参照文献・論文・サイト一覧
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・