介護.com
他カテゴリ→ 準備/心構え 環境作り 排泄介助 睡眠介助 清潔介助 床ズレ対策 移動介助 リハビリ介助 痴呆介助 ターミナルケア
 トップ > 食事介助> 介護での塩分摂取を上手に控えるコツ:高齢者は味覚の鈍りと和食嗜好で塩分の過剰摂取傾向に サイトマップ
介護の準備と心構え

 ・介護始める時の態勢づくり
 ・介護生活プランの立案方法
 ・介護人自身の健康管理
◆お年寄りに対する理解◆
 ・『身体』『心理』への理解
◆『寝たきり』を予防する方法◆
 ・寝たきりのきっかけ
 ・『寝たまま』状態の悪影響
 ・寝たきりを予防する要件

介護の環境作り

 ・住まいの危険な場所の点検
◆介護に適した住環境の改造◆
 @照明方法 A移動の工夫
 Bお風呂場 Cトイレ
 D寝床    E臭いの対策法
各季節ごとの注意点と工夫◆
 @春季A夏季B秋季C冬季

食事の介助と工夫

 ・栄養バランスの考え方
 ・献立の作り方
 ・調理方法の工夫
 @脱水の予防A便秘の予防
 B塩分摂取を控えるコツ
 C食欲不振』の場合の工夫
 D嚥下困難』の場合の工夫
◆正しく食事をとる方法◆
 ・正しい食事の姿勢
 ・自助具を使用しての食事
 ・寝たままでの食事の介助法
 ・薬剤を使う際の注意点
 ・健康の記録の記入方法

排泄の介助と自立

◆排泄をしやすくする工夫◆
 ・トイレを使いやすくする工夫
 ・排泄で介助が必要な場合
 ・便器(腰上げ)の使用法
 ・便器(腰上げできない場合)
◆介護での排泄の補助器具◆
 @衣服・下着     A尿器
 Bポータブルトイレ Cオムツ
◆排泄トラブルと予防法◆
 @失禁 A便秘 B下痢

睡眠の介助と工夫

◆快眠のための寝具選び◆
 ・快眠の寝具選びの4ポイント
 ・ベッド周辺の整備
 ・布団(フトン)の活用法
 ・寝床シーツの扱い方
 ・着脱の楽な寝巻(パジャマ)
◆睡眠時のトラブル予防◆
 ・長時間寝込む場合の注意点
 ・寝返り(体位の変換)の介助

清潔保持の介助

◆清潔保持の介助と注意点◆
 ・入浴介助の方法と注意点
部分浴の介助@手浴 A足浴
 ・清拭方法(入浴できない)
 ・洗髪介助 ・洗面・洗顔介助
口腔の清潔保持の介助法
 @歯磨き A入れ歯
 ・スキンケアとかゆみの悩み
◆清潔保持に活用できる衣服◆
 @扱いやすい衣類
 A下着と寝巻(パジャマ)

床ズレ予防の介助

 ・主な原因 ・主な症状と経過
◆床ズレ予防法や対処法◆
 ・床ズレ発症の予防・対処法
 ・床ズレ全般の対処法

移動と動作の介助

 ・安全で無理のない移動介助
 ・寝たまま位置移動の介助
 ・上体(上半身)起こし介助法
 ・ベッドからイスの移動の介助
 ・イスから立ち上がるの介助
 ・車イス介助法と注意点

リハビリの介助

リハビリテーションのポイント
介護での関節拘縮の予防法
 @手と腕と肩 A
◆自力でできるリハビリ◆
寝たままでできるリハビリ・運動
 @上半身 A下半身
座ってできるリハビリ・運動
 @腕・肩、足 A前と横へ
 ・安全な歩き方の練習・介助
 ・言語・聴覚障害がある場合

痴呆症状の介助

 ・痴呆症状の介護とは
 @介護の仕方と注意点
 A痴呆と老化の違いと原因
 Bの主な症状
 C予防する生活のポイント
 D痴呆症状との付き合い方

ターミナルケア(終末期の介護)

 ・ターミナルケアとは
 ・ターミナルケアは在宅か病院か
◆介護者が知るべき応急手当◆
 ・容態の見方(緊急時の手当)

介護での塩分摂取を上手に控えるコツ:高齢者は味覚の鈍りと和食嗜好で塩分の過剰摂取傾向に

◇介護生活での食事の介助と工夫の方法

 

塩分摂取量1日10グラム以下を目標に

 お年寄り(被介護者)も加齢にしたがって味覚が鈍り、濃い味付けの料理を好むようになります。塩分の摂りすぎは、高血圧、ひいては動脈硬化(ドウミャクコウカ)、心臓病などの原因となりますので、注意が必要です。塩分の適切な摂取量は、健康な人で1日10グラム以下、血圧が高めの人は、1日8グラム以下に抑えるようにしましょう。以下では、介護において塩分摂取をなるべく控えるコツを整理しておきましょう。

塩分を抑えるコツ

  1. ダシを上手に活用する

    良いダシを使用すると、塩味が薄くても美味しくいただけます。かつおやコンブ、煮干し、しいたけなどの『ウマミ』を活かした調理をしましょう。味付けをする際には、半分量の調味量を入れてみて、残りは味を調えながら少しずつ入れるようにします。減塩味噌や減塩しょうゆも活用されると良いでしょう。


  2. 砂糖を控える

    砂糖の味付けが濃いと、塩味も濃くなります。ダシを効かせて、材料の持ち味を活かし、料理全体を薄味に仕上げましょう。


  3. 香辛料を活用する

    こしょうやカレー粉、わさび、からしなど、ピリッと辛い香辛料は塩分ではありません。薄味にアクセントをつけて、おいしく食べることが出来ます。これに加えて、ゆず、酢、レモンなどの酸味、みょうが、みつば、しそ、しょうが、ねぎ、セロリ、きのこなどの香り野菜など、塩味以外の味づくりを考えましょう。また、酸味は、甘酢、三杯酢、果実酢、かんきつ酢など、さまざまな種類から選ぶことができます。


  4. 食卓に調味料を置かない

    食卓にしょうゆやソース、食卓塩などを置いておくと、ついついかけすぎて塩分超過になってしまいます。どうしても物足りない場合には、一回分のしょうゆを小皿に取り分けておくか、あらかじめダシで割ったしょうゆや、割り酢じょうゆ、減塩しょうゆなどを用意しましょう。


  5. 素材を活かして美味しく食べる

    野菜でも魚にしても、旬(シュン)のものがいちばん味が良く、単純な料理や薄味つけで美味しく食べることができます。これに加えて、野菜やくだものはカリウムを多く含み、塩分中のナトリウムの悪作用を和らげてくれます。くだものは1日1回、野菜は1日300グラムは食べるようにしましょう。


  6. 汁物は具だくさんで『飲む』より『食べる』

    介護の際には、味噌汁やスープは、なるべく具をたっぷりと入れるようにします。具が多いと汁が少なくてすみ、塩分を控えることが出来ます。うどんやラーメンなどのめん類は、おつゆを残すようにしましょう。


  7. 漬け物を工夫して塩分を控える

    漬け物がなくては、食事がものたりないと感じるお年寄り(被介護者)は多いと思われます。そうしたお年寄り(被介護者)には、漬け物を細かく刻んで、量を多く見せたり、塩分の少ない浅漬けや即席漬けを準備しましょう。


  8. 加工食品や調理済み食品はほどほどにする

    ハムやソーセージ、かまぼこなど、いわゆる加工食品には、すでに塩分が含まれております。これに加えて、調理済みの食品も、一般受けする味にするために、味付けの濃いものが多い傾向がありますので、気をつけましょう。


  9. 介護の献立にはアクセントを

    食事をすべて薄味だと食欲がなくなります。一品だけ味のハッキリとしたものを準備すると、献立(コンダテ)にアクセントがつきます。好物を好み味付けにしたり、少量の佃煮(ツクダニ)、小梅などを添えましょう。

    【参考】介護での献立の作り方:実行と継続をしやすくバランスをとっていく

塩分

  • 「塩分(食塩)の摂取量」に関しての補足:日本人の平均的な食塩の摂取量は1日12グラム以上(国民栄養調査結果)ですが、日本人は一般的に言って、食塩の摂取量が多いので、高血圧の予防の観点からは、日本国民の食塩摂取量は今の半分程度に減らすことが望ましいとされております。厚生労働省の1日10グラム以下の目標は、疾病予防の理想値ではなく、食塩摂取量の現状から判断した当面の目標値と考えて良いでしょう。食塩の摂取量が多いと血圧が高くなって、血圧が高いと脳卒中(ノウソッチュウ)に罹患しやすくなることが疫学上知られております。そのほか、妊娠中毒症や心疾患、腎臓疾患などで浮腫(血管の外の細胞の周りの水分が多くなることで起こる腫れ症候)を伴う場合の食塩の過剰摂取は、その浮腫を助長させますから減塩が必要となるでしょう。

 


同じカテゴリ「食事の介助」の主なページ
◆介護でのお年寄りに望ましい食事の考え方◆
 @基本は栄養をバランスよく
 A特に塩分と水分の摂り方には注意
 B食事はゆっくりとよく噛むを基本に
 C介護における食生活の合理化を
   【参考】お年寄りにとっての食事の意味
栄養バランスの考え方
 @介護で特に摂りたい栄養食品群
   【参考】不足しがちなカルシウム補給を
献立の作り方
   【参考】介護の献立のチェックポイント
調理方法の工夫
   【参考】飲み込みの練習のコツ
 @脱水の食事での予防法
 A便秘の食事での予防法
 B塩分摂取を上手に控えるコツ
 C食欲不振』の場合の工夫
 D嚥下困難』の場合の工夫

◆お年寄りが正しく食事をとる方法◆
正しい食事の姿勢
   【参考】麻痺症状がある場合の食事姿勢
自助具を使用しての食事
   【参考】家庭で自助具での食事の工夫
寝たままでの食事の介助方法
 @寝たまま食事介助の事故予防策
   【参考】経管栄養の場合の介助の注意点
薬剤を使う際に知っておくべき注意点
   【参考】介護での薬剤の管理方法
   【参考】薬剤を飲み忘れない工夫
健康の記録(介護ノート)の記入方法
   【参考】介護での正しい測定方法
このカテゴリでよくある質問
 ・


◆当サイトの見方◆
関心のある分野を上のカテゴリメニューから選び、各カテゴリのトップページにいって関心のある情報を探してください。
同じカテゴリで他のページも見たければ、下部にあるページ紹介から探してみてください。
左メニューは、各カテゴリのトップページと主なページを載せてありますので、関心のあるページを見てみてください。
◆著者紹介◆
介護経験10年以上の介護福祉士・介護支援専門員(ケアマネジャー)4人が中心となり作成・管理・運営しています。
他に看護師や医師にもアドバイスを頂きながら作成しております。
介護る.com
介護
kaigol.com

本サイトのご利用について 参照文献・論文・サイト一覧
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・