介護.com
他カテゴリ→ 準備/心構え 環境作り 排泄介助 睡眠介助 清潔介助 床ズレ対策 移動介助 リハビリ介助 痴呆介助 ターミナルケア
 トップ > 食事介助> 介護での調理方法にはひと工夫:高齢者の好む食べ易い料理方法や調理法で食欲促進 サイトマップ
介護の準備と心構え

 ・介護始める時の態勢づくり
 ・介護生活プランの立案方法
 ・介護人自身の健康管理
◆お年寄りに対する理解◆
 ・『身体』『心理』への理解
◆『寝たきり』を予防する方法◆
 ・寝たきりのきっかけ
 ・『寝たまま』状態の悪影響
 ・寝たきりを予防する要件

介護の環境作り

 ・住まいの危険な場所の点検
◆介護に適した住環境の改造◆
 @照明方法 A移動の工夫
 Bお風呂場 Cトイレ
 D寝床    E臭いの対策法
各季節ごとの注意点と工夫◆
 @春季A夏季B秋季C冬季

食事の介助と工夫

 ・栄養バランスの考え方
 ・献立の作り方
 ・調理方法の工夫
 @脱水の予防A便秘の予防
 B塩分摂取を控えるコツ
 C食欲不振』の場合の工夫
 D嚥下困難』の場合の工夫
◆正しく食事をとる方法◆
 ・正しい食事の姿勢
 ・自助具を使用しての食事
 ・寝たままでの食事の介助法
 ・薬剤を使う際の注意点
 ・健康の記録の記入方法

排泄の介助と自立

◆排泄をしやすくする工夫◆
 ・トイレを使いやすくする工夫
 ・排泄で介助が必要な場合
 ・便器(腰上げ)の使用法
 ・便器(腰上げできない場合)
◆介護での排泄の補助器具◆
 @衣服・下着     A尿器
 Bポータブルトイレ Cオムツ
◆排泄トラブルと予防法◆
 @失禁 A便秘 B下痢

睡眠の介助と工夫

◆快眠のための寝具選び◆
 ・快眠の寝具選びの4ポイント
 ・ベッド周辺の整備
 ・布団(フトン)の活用法
 ・寝床シーツの扱い方
 ・着脱の楽な寝巻(パジャマ)
◆睡眠時のトラブル予防◆
 ・長時間寝込む場合の注意点
 ・寝返り(体位の変換)の介助

清潔保持の介助

◆清潔保持の介助と注意点◆
 ・入浴介助の方法と注意点
部分浴の介助@手浴 A足浴
 ・清拭方法(入浴できない)
 ・洗髪介助 ・洗面・洗顔介助
口腔の清潔保持の介助法
 @歯磨き A入れ歯
 ・スキンケアとかゆみの悩み
◆清潔保持に活用できる衣服◆
 @扱いやすい衣類
 A下着と寝巻(パジャマ)

床ズレ予防の介助

 ・主な原因 ・主な症状と経過
◆床ズレ予防法や対処法◆
 ・床ズレ発症の予防・対処法
 ・床ズレ全般の対処法

移動と動作の介助

 ・安全で無理のない移動介助
 ・寝たまま位置移動の介助
 ・上体(上半身)起こし介助法
 ・ベッドからイスの移動の介助
 ・イスから立ち上がるの介助
 ・車イス介助法と注意点

リハビリの介助

リハビリテーションのポイント
介護での関節拘縮の予防法
 @手と腕と肩 A
◆自力でできるリハビリ◆
寝たままでできるリハビリ・運動
 @上半身 A下半身
座ってできるリハビリ・運動
 @腕・肩、足 A前と横へ
 ・安全な歩き方の練習・介助
 ・言語・聴覚障害がある場合

痴呆症状の介助

 ・痴呆症状の介護とは
 @介護の仕方と注意点
 A痴呆と老化の違いと原因
 Bの主な症状
 C予防する生活のポイント
 D痴呆症状との付き合い方

ターミナルケア(終末期の介護)

 ・ターミナルケアとは
 ・ターミナルケアは在宅か病院か
◆介護者が知るべき応急手当◆
 ・容態の見方(緊急時の手当)

介護での調理方法にはひと工夫:高齢者の好む食べ易い料理方法や調理法で食欲促進

◇介護生活での食事の介助と工夫の方法

介護調理の工夫

  1. 煮物はお年寄りに人気のメニュー

    柔らかい煮物などは、日本のお年寄り(被介護者)の好物でしょう。一口大に切ったり、「隠し包丁」を入れて、食べやすくする心遣いをしましょう。
    野菜類にかんしては、繊維(センイ)をくだくためにゆっくりと煮込みます。カボチャやサツマイモなどは、汁気が少ないとぱさついて飲み込みづらく、喉(ノド)につかえることがあります。汁気を残して煮含め、汁ごと盛り付けると良いでしょう。
    また、魚、肉、大豆製品は、長く煮過ぎるとかたくなりますので、短時間で仕上げると良いでしょう。
    煮物の下ごしらえとして、油でサッと炒めておいてから煮ると、油のコクが加わって美味しくなるでしょう。また、胡麻油(ゴマアブラ)を使っても良いでしょう。煮豆やひじきの煮物、きんぴらごぼうなどを時間のあるときなどに作りおいておくと重宝します。しかしながら、常備食は、どうしても味付けを濃くするので、小皿に少しだけ盛り付けるようにしましょう。


  2. 揚げ物は煮付けると食べやすい

    フライや天ぷら、から揚げなどは、コロモがかたくて、お年寄り(被介護者)には食べにくい場合があります。だから、調味料と大根おろしを加えて、「おろし煮」にしたり、フライの甘辛煮にするなど、一度揚げたものをサッと煮付けると、食べやすくなります。


  3. 炒め物は下ゆでをして食べやすく

    野菜類は、材料を食べやすい大きさに切って、下湯でしてから炒めると、パサパサしません。野菜炒めにかたくり粉でトロミをつけた野菜あんは、豆腐(トウフ)にかけたり、蒸したナスにかけたりと、なにかと重宝します。これに加えて、ゆでうどんにかけても合いますから、是非、試してみてください。


  4. 焼き物は下煮してから食べやすく

    焼き物は、とかく表面がかたくなってくるので、お年寄り(被介護者)には食べにくいことがしばしばあります。照り焼き魚などは、一回煮魚にして、さっと火で焦げ目をつけるようにすると香ばしさが出て、美味しくなります。


  5. あえ物は変化を楽しんで料理のアクセントに

    白あえ、ゴマあえ、ピーナッツあえ、おろしあえなど、あえ物はさまざまなバリエーションが楽しめます。あえ衣をタップリと用いて、食べやすくすると良いでしょう。
    また、酢の物は、酸味が強いと、特にお年寄り(被介護者)の場合にはむせやすいですから、だし汁で薄めたり酢の分量を控えます。酸味の強いくだものは、ヨーグルトあえにするとまろやかな味になります。
    ちなみに、大根おろしは消化を助け、ほどよい水分が料理を食べやすくします。焼き海苔(ノリ)をもんで混ぜたり、しらすぼしやカツオの角煮とあえてもいいでしょう。卵焼き、おひたし、柔らかい肉の一口ステーキなどに添えると、見栄えも良くなって食欲促進にもなるので試してみてください。


  6. 汁物はとろみを付けてムセ予防に

    汁だけでは、嚥下機能が弱っているお年寄り(被介護者)の場合にはむせやすいので、かたくり粉でとろみをつけると飲みやすくなります。汁の実は、ほうれんそうやワカメなど、柔らかいものが喉(ノド)にへばりつくことがありますので、千切りにするなどして、切り方に注意します。

    【参考】飲み込みの練習のコツ(病気の後遺症など嚥下機能低下の対策)


  7. 介護では調理済み食品を上手に利用して負担軽減を

    赤ちゃんの離乳食と同様に、お年寄り(被介護者)のためのシルバーフードが市販されております。肉・魚類は、高たんぱくなものを食べやすく、お年寄り(被介護者)が消化しやすく調理してありますので、忙しいときには便利です。器にあけて、電子レンジで温めたり、野菜を添えるなどして、上手に利用しましょう。

 


同じカテゴリ「食事の介助」の主なページ
◆介護でのお年寄りに望ましい食事の考え方◆
 @基本は栄養をバランスよく
 A特に塩分と水分の摂り方には注意
 B食事はゆっくりとよく噛むを基本に
 C介護における食生活の合理化を
   【参考】お年寄りにとっての食事の意味
栄養バランスの考え方
 @介護で特に摂りたい栄養食品群
   【参考】不足しがちなカルシウム補給を
献立の作り方
   【参考】介護の献立のチェックポイント
調理方法の工夫
   【参考】飲み込みの練習のコツ
 @脱水の食事での予防法
 A便秘の食事での予防法
 B塩分摂取を上手に控えるコツ
 C食欲不振』の場合の工夫
 D嚥下困難』の場合の工夫

◆お年寄りが正しく食事をとる方法◆
正しい食事の姿勢
   【参考】麻痺症状がある場合の食事姿勢
自助具を使用しての食事
   【参考】家庭で自助具での食事の工夫
寝たままでの食事の介助方法
 @寝たまま食事介助の事故予防策
   【参考】経管栄養の場合の介助の注意点
薬剤を使う際に知っておくべき注意点
   【参考】介護での薬剤の管理方法
   【参考】薬剤を飲み忘れない工夫
健康の記録(介護ノート)の記入方法
   【参考】介護での正しい測定方法
このカテゴリでよくある質問
 ・


◆当サイトの見方◆
関心のある分野を上のカテゴリメニューから選び、各カテゴリのトップページにいって関心のある情報を探してください。
同じカテゴリで他のページも見たければ、下部にあるページ紹介から探してみてください。
左メニューは、各カテゴリのトップページと主なページを載せてありますので、関心のあるページを見てみてください。
◆著者紹介◆
介護経験10年以上の介護福祉士・介護支援専門員(ケアマネジャー)4人が中心となり作成・管理・運営しています。
他に看護師や医師にもアドバイスを頂きながら作成しております。
介護る.com
介護
kaigol.com

本サイトのご利用について 参照文献・論文・サイト一覧
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・