介護.com
他カテゴリ→ 準備/心構え 環境作り 食事介助 排泄介助 清潔介助 床ズレ対策 移動介助 リハビリ介助 痴呆介助 ターミナルケア
 トップ > 睡眠介助> お年寄りの睡眠の特徴と障害:老化による身体と精神の衰えによる睡眠の質の低下 サイトマップ
介護の準備と心構え

 ・介護始める時の態勢づくり
 ・介護生活プランの立案方法
 ・介護人自身の健康管理
◆お年寄りに対する理解◆
 ・『身体』『心理』への理解
◆『寝たきり』を予防する方法◆
 ・寝たきりのきっかけ
 ・『寝たまま』状態の悪影響
 ・寝たきりを予防する要件

介護の環境作り

 ・住まいの危険な場所の点検
◆介護に適した住環境の改造◆
 @照明方法 A移動の工夫
 Bお風呂場 Cトイレ
 D寝床    E臭いの対策法
各季節ごとの注意点と工夫◆
 @春季A夏季B秋季C冬季

食事の介助と工夫

 ・栄養バランスの考え方
 ・献立の作り方
 ・調理方法の工夫
 @脱水の予防A便秘の予防
 B塩分摂取を控えるコツ
 C食欲不振』の場合の工夫
 D嚥下困難』の場合の工夫
◆正しく食事をとる方法◆
 ・正しい食事の姿勢
 ・自助具を使用しての食事
 ・寝たままでの食事の介助法
 ・薬剤を使う際の注意点
 ・健康の記録の記入方法

排泄の介助と自立

◆排泄をしやすくする工夫◆
 ・トイレを使いやすくする工夫
 ・排泄で介助が必要な場合
 ・便器(腰上げ)の使用法
 ・便器(腰上げできない場合)
◆介護での排泄の補助器具◆
 @衣服・下着     A尿器
 Bポータブルトイレ Cオムツ
◆排泄トラブルと予防法◆
 @失禁 A便秘 B下痢

睡眠の介助と工夫

◆快眠のための寝具選び◆
 ・快眠の寝具選びの4ポイント
 ・ベッド周辺の整備
 ・布団(フトン)の活用法
 ・寝床シーツの扱い方
 ・着脱の楽な寝巻(パジャマ)
◆睡眠時のトラブル予防◆
 ・長時間寝込む場合の注意点
 ・寝返り(体位の変換)の介助

清潔保持の介助

◆清潔保持の介助と注意点◆
 ・入浴介助の方法と注意点
部分浴の介助@手浴 A足浴
 ・清拭方法(入浴できない)
 ・洗髪介助 ・洗面・洗顔介助
口腔の清潔保持の介助法
 @歯磨き A入れ歯
 ・スキンケアとかゆみの悩み
◆清潔保持に活用できる衣服◆
 @扱いやすい衣類
 A下着と寝巻(パジャマ)

床ズレ予防の介助

 ・主な原因 ・主な症状と経過
◆床ズレ予防法や対処法◆
 ・床ズレ発症の予防・対処法
 ・床ズレ全般の対処法

移動と動作の介助

 ・安全で無理のない移動介助
 ・寝たまま位置移動の介助
 ・上体(上半身)起こし介助法
 ・ベッドからイスの移動の介助
 ・イスから立ち上がるの介助
 ・車イス介助法と注意点

リハビリの介助

リハビリテーションのポイント
介護での関節拘縮の予防法
 @手と腕と肩 A
◆自力でできるリハビリ◆
寝たままでできるリハビリ・運動
 @上半身 A下半身
座ってできるリハビリ・運動
 @腕・肩、足 A前と横へ
 ・安全な歩き方の練習・介助
 ・言語・聴覚障害がある場合

痴呆症状の介助

 ・痴呆症状の介護とは
 @介護の仕方と注意点
 A痴呆と老化の違いと原因
 Bの主な症状
 C予防する生活のポイント
 D痴呆症状との付き合い方

ターミナルケア(終末期の介護)

 ・ターミナルケアとは
 ・ターミナルケアは在宅か病院か
◆介護者が知るべき応急手当◆
 ・容態の見方(緊急時の手当)

お年寄りの睡眠の特徴と障害:老化による身体と精神の衰えによる睡眠の質の低下を上手く扱う

◇介護生活での快適な睡眠の工夫と寝具整備の方法

睡眠の特徴と障害

老人の眠りの特徴

 眠りには、深さ長さの二つの要素があり、二つをかけたものが睡眠の量といえるでしょう。そして、ある程度の睡眠の量がなければ、熟眠感や疲労の回復は得られません。われわれは、生きるために食べていかなくてはいけませんが、同様に睡眠も生きるためには必要な行為です。この二つは、年齢とともに、量が減って質が変わります。
 眠りに関して言えば、睡眠時間が短くなります。なかなか寝つけない、夜中にたびたび目が覚めてしまうなど、床に就いている時間は長くても、眠っている時間が少ないのです。これに加えて、眠りが一般的に浅く、夢にかかわりの深いレム睡眠も減少すると言われます。ようするに、バタンキュー、前後不覚という若い人の眠りと違って、トロトロと眠ってはすぐに覚め、しばらく覚めてまた眠るという波を繰り返します。目が覚めたことばかりが頭に残り、一睡もしなかったように感じます。昼間は夜の不足を取り戻すかのようにウトウトと居眠りをします。
 そして、その気になってやることのない人、刺激の少ない人は、居眠りがますます多くなり、夜には眠れなくなってしまいます。若いころの安眠、会館、熟眠は懐かしいものとなり、思い出すとさびしくなってしまいます。

  • 「高齢者の睡眠」に関しての補足:睡眠のリズムは成長・発達・加齢によって変化が見られ、高齢者の場合には、レム睡眠の減少によって総睡眠時間が減少します。これに加えて、高齢者になると、睡眠周期の浅い睡眠段階が増加していることが認められており、夜間の睡眠時間が短縮して、日中の居眠りが増えて、多相性睡眠となります。高齢者に特徴的な睡眠障害は、@入眠後の覚醒(睡眠時の中途覚醒)で、回数や時間は一般的に言って、男性が女性よりも多いです。その原因の一つとして夜間の排尿が挙げられ、排尿後再び眠るまでには時間がかかります。A入眠傷害も増強します。入眠に要する時間では、若年者の10分と比較すると、70歳代で28分、80歳代で38分という報告があり、高齢者になると寝つきが悪くなります。

 

お年寄りの眠りの邪魔になる要素

 お年寄り(被介護者)には、安眠をさまたげるさまざまな悪条件があります。トイレが近くなったり、足腰の痛みや手足の痺れ(シビレ)、冷え、体中のあちらこちらがの痒み(カユミ)など、非常にわずらわしく感じることでしょう。
 高血圧や糖尿病、心臓病や胃腸病などがあると、倦怠感(ケンタイカン)や全身の不快感、息苦しさや動悸(ドウキ)、お腹の違和感などが加わって、眠りが浅くなったり、眠りの途中で目が覚めたりします。
 そして、たびたびトイレに立ったり、薬剤をつけたり飲んだり、手当てをしているうちにスッカリ目が覚めてしまって、今度はなかなか寝つけないといったことがあるでしょう。このようなことが続くと、疲労回復やエネルギーの蓄積、それに睡眠それ自体を楽しむはずの安眠の機会(チャンス)が失われてしまい、夜はいまわしいだけのものになってしまいます。

  • 「高齢者の睡眠に適切な環境」に関しての補足:お年寄り(被介護者)の睡眠に適切な環境の整備にかんして説明していきましょう。@温度;夜間の室温は、夏季は25℃以下、冬季は15℃以上が最適でしょう。寝床(ネドコ)内の温度は33℃くらいが適当です。湯たんぽや電気アンカで足元を温める場合には、低温ヤケドに十分注意しつつ足から20センチくらい離しておきましょう。電気毛布を使い場合には、途中でスイッチを切るなどの配慮が必要でしょう。A湿度;60%くらいが適切でしょう。B光量;30ルクスくらいの間接照明が睡眠には良いといわれております。C音量;自動車や工事の騒音の防止を徹底しましょう。D寝具・寝衣;適当な固さのマットと適度な固さで通気性・熱放散性のある枕(マクラ)が良いでしょう。枕は幅が長めで頭を乗せたときに、6〜8センチくらいの高さになるように配慮しましょう。シーツや寝巻が汚れていたり、糊が効きすぎていたりするのも良くないでしょう。E臭気;窓を開けて部屋の換気を行います。臭気を除去します。F寝室の広さや色調;カーテン、壁の色調は落ち着いたものにします。

 

お年寄りの眠れぬ夜の知恵

 暗く静かな夜は安眠の条件ですが、眠ることができないお年寄り(被介護者)にとっては、地獄とも言える辛さでしょう。何も見えず、何も聞こえず、ジッとしていると淋しさがまぎれずに、不安や不満などが頭をめぐって悪いことばかりがめぐることもあるでしょう。
 そして、頭はいよいよ冴えてきて、悪いほうへと空回りを始めてきます。たとえば、失敗やあやまち、後悔やうらみ、不安や不満など、暗い思いが募るばかりでしょう。腹立たしく思う人や悲しくなるひとなどさまざまなお年寄り(被介護者)がおられるでしょう。悶々として一夜を明かして、明るくなって人声や生活音が聞こえてくると安心して眠れてしまうということもあるのです。こうして、不眠に耐えられずに担当の専門医のもとを訪れるお年寄り(被介護者)が少なくはないのです。お年寄り(被介護者)の大体5人に1人と言われております。
 当然のことながら、よく眠れるという幸せな人もいるのですが、多くのお年寄り(被介護者)は深夜放送を聴いたり、何かを読んだり書いたりして、できる限りの知恵をしぼっておられるのです。忘れ上手やあきらめ上手など、なんらかの自分自身の特性を利用して、上手に寝かしつけられるお年寄り(被介護者)もおられます。

  • 「不眠症(フミンショウ)」に関しての補足:不眠症とは、就眠や睡眠の持続が障害されることで起こります。不眠症の原因のひとつに身体的側面によるものもあるのですが、精神的側面、環境的側面に起因するものがあります。眠れないと言うことは、誰にとってもつらいことではあるのですが、眠れないと訴えるお年寄り(被介護者)がいれば、話を聞いて、足浴をゆっくりと行い安眠を促す介護に当たってみると良いでしょう。これに加えて、不眠対策にかんしては、生活全般にも着目して、援助していく必要があります。一般的に言って、高齢者は深い眠りが少なく浅眠傾向にあるので、入眠するまでに時間がかかり、寝つきが悪く、夜間に2、3回はトイレに起きるなど、熟睡感が得られないために不眠症を訴えることが多いのも特徴的です。不眠症は、統合失調症(精神分裂症)、躁うつ病、神経症、性格異常などの精神障害などから引き起こされる場合もあります。


≫次のページ「お年寄りの快眠のための環境:良い寝具と寝室、生活リズムにメリハリをつけて良質な睡眠を」へ

 


同じカテゴリ「睡眠の介助」のページ
介護における快眠と寝具の考え方
 @お年寄りの快眠のための環境
 Aお年寄りの不眠症と対策
 Bお年寄りの睡眠の特徴と障害
介護で快眠を促すための環境と整備方法
 @身体をサッパリして清潔でリズムを整えて
 A寝床に入る前に精神をリラックスさせる
 Bのどが渇いていないか
 C睡眠中の冷暖房管理を注意
 D睡眠中に呼吸が苦しい場合

◆介護での快眠のための寝具選びのポイント◆
快眠の寝具選びの4ポイント
 @寝ている人の身体の動きを妨げない
 A適度な固さと柔らかさ
 B吸湿性通気性があるもの
 C手入れが容易である扱いやすい寝具
ベッド周辺の整備
 @ベッド用寝具のお手入れ
   【参考】介護目的でベッドを手に入れる方法
布団(フトン)の活用法
   【参考】介護での布団(フトン)生活の工夫
   【参考】介護での枕(マクラ)の選び方
寝床シーツの扱い方
 @寝床シーツの交換の方法
着脱の楽な寝巻(パジャマ)
   【参考】介護での寝巻(パジャマ)の種類
 @寝巻(和式)の着脱の介助
 Aパジャマの着脱の介助

◆睡眠時のトラブル予防のためのポイント◆
長時間に寝込む場合の注意点
 @片麻痺症状がある場合の寝返り方法
 A寝たきりによる手足の変形
 B手足の変形の予防法
寝返り(体位の変換)の介助方法
 @体位変換を仰向けから横向けに
 A楽な姿勢の睡眠の工夫
このカテゴリでよくある質問
 ・


◆当サイトの見方◆
関心のある分野を上のカテゴリメニューから選び、各カテゴリのトップページにいって関心のある情報を探してください。
同じカテゴリで他のページも見たければ、下部にあるページ紹介から探してみてください。
左メニューは、各カテゴリのトップページと主なページを載せてありますので、関心のあるページを見てみてください。
◆著者紹介◆
介護経験10年以上の介護福祉士・介護支援専門員(ケアマネジャー)4人が中心となり作成・管理・運営しています。
他に看護師や医師にもアドバイスを頂きながら作成しております。
介護る.com
介護
kaigol.com

本サイトのご利用について 参照文献・論文・サイト一覧
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・