介護.com
他カテゴリ→ 準備/心構え 環境作り 食事介助 排泄介助 清潔介助 床ズレ対策 移動介助 リハビリ介助 痴呆介助 ターミナルケア
 トップ > 睡眠介助> 睡眠中の冷暖房管理を注意(快眠を促す方法・環境):高齢者が心身ともに快眠できる環境を整える サイトマップ
介護の準備と心構え

 ・介護始める時の態勢づくり
 ・介護生活プランの立案方法
 ・介護人自身の健康管理
◆お年寄りに対する理解◆
 ・『身体』『心理』への理解
◆『寝たきり』を予防する方法◆
 ・寝たきりのきっかけ
 ・『寝たまま』状態の悪影響
 ・寝たきりを予防する要件

介護の環境作り

 ・住まいの危険な場所の点検
◆介護に適した住環境の改造◆
 @照明方法 A移動の工夫
 Bお風呂場 Cトイレ
 D寝床    E臭いの対策法
各季節ごとの注意点と工夫◆
 @春季A夏季B秋季C冬季

食事の介助と工夫

 ・栄養バランスの考え方
 ・献立の作り方
 ・調理方法の工夫
 @脱水の予防A便秘の予防
 B塩分摂取を控えるコツ
 C食欲不振』の場合の工夫
 D嚥下困難』の場合の工夫
◆正しく食事をとる方法◆
 ・正しい食事の姿勢
 ・自助具を使用しての食事
 ・寝たままでの食事の介助法
 ・薬剤を使う際の注意点
 ・健康の記録の記入方法

排泄の介助と自立

◆排泄をしやすくする工夫◆
 ・トイレを使いやすくする工夫
 ・排泄で介助が必要な場合
 ・便器(腰上げ)の使用法
 ・便器(腰上げできない場合)
◆介護での排泄の補助器具◆
 @衣服・下着     A尿器
 Bポータブルトイレ Cオムツ
◆排泄トラブルと予防法◆
 @失禁 A便秘 B下痢

睡眠の介助と工夫

◆快眠のための寝具選び◆
 ・快眠の寝具選びの4ポイント
 ・ベッド周辺の整備
 ・布団(フトン)の活用法
 ・寝床シーツの扱い方
 ・着脱の楽な寝巻(パジャマ)
◆睡眠時のトラブル予防◆
 ・長時間寝込む場合の注意点
 ・寝返り(体位の変換)の介助

清潔保持の介助

◆清潔保持の介助と注意点◆
 ・入浴介助の方法と注意点
部分浴の介助@手浴 A足浴
 ・清拭方法(入浴できない)
 ・洗髪介助 ・洗面・洗顔介助
口腔の清潔保持の介助法
 @歯磨き A入れ歯
 ・スキンケアとかゆみの悩み
◆清潔保持に活用できる衣服◆
 @扱いやすい衣類
 A下着と寝巻(パジャマ)

床ズレ予防の介助

 ・主な原因 ・主な症状と経過
◆床ズレ予防法や対処法◆
 ・床ズレ発症の予防・対処法
 ・床ズレ全般の対処法

移動と動作の介助

 ・安全で無理のない移動介助
 ・寝たまま位置移動の介助
 ・上体(上半身)起こし介助法
 ・ベッドからイスの移動の介助
 ・イスから立ち上がるの介助
 ・車イス介助法と注意点

リハビリの介助

リハビリテーションのポイント
介護での関節拘縮の予防法
 @手と腕と肩 A
◆自力でできるリハビリ◆
寝たままでできるリハビリ・運動
 @上半身 A下半身
座ってできるリハビリ・運動
 @腕・肩、足 A前と横へ
 ・安全な歩き方の練習・介助
 ・言語・聴覚障害がある場合

痴呆症状の介助

 ・痴呆症状の介護とは
 @介護の仕方と注意点
 A痴呆と老化の違いと原因
 Bの主な症状
 C予防する生活のポイント
 D痴呆症状との付き合い方

ターミナルケア(終末期の介護)

 ・ターミナルケアとは
 ・ターミナルケアは在宅か病院か
◆介護者が知るべき応急手当◆
 ・容態の見方(緊急時の手当)

睡眠中の冷暖房管理を注意(快眠を促す方法・環境):高齢者が心身ともに快眠できる環境を整える

◇介護生活での快適な睡眠の工夫と寝具整備の方法

冷暖房管理

 『扇風機(センプウキ)』や『クーラー』を使う場合には、お年寄り(被介護者)の身体に風が当たらないよう注意しましょう。こうした冷えた風に当たりすぎると、エネルギーを著しく消耗(ショウモウ)してしまい、体調をくずしてしまいます。一晩中は身体に良くないですから、熟睡したらスイッチが切れるようにタイマーをセットしておきましょう。
 また、『電気毛布』は、温度が高すぎると、翌朝に、脱水症状にちかい症状になることがあります。就寝前にあらかじめ暖めておき、寝るときにはスイッチを消すほうが良いでしょう。これに加えて、『湯たんぽ』や『アンカ』を活用する場合には、低温火傷にならないように、必ずタオルなどでくるむようにします。お年寄り(被介護者)の足が冷たくて眠ることができない場合には、寝る前に『足浴(ソクヨク)』をすると、身体が芯(シン)から温まります。
 そして、肩口が冷える場合には、肩布団をかけましょう。ショールや小さめの毛布、バスタオルなどでもかまいません。

  • 「高齢者の睡眠に適切な環境」に関しての補足:お年寄り(被介護者)の睡眠に適切な環境の整備にかんして説明していきましょう。
    @温度;夜間の室温は、夏季は25℃以下、冬季は15℃以上が最適でしょう。寝床(ネドコ)内の温度は33℃くらいが適当です。湯たんぽや電気アンカで足元を温める場合には、低温ヤケドに十分注意しつつ足から20センチくらい離しておきましょう。電気毛布を使い場合には、途中でスイッチを切るなどの配慮が必要でしょう。
    A湿度;60%くらいが適切でしょう。
    B光量;30ルクスくらいの間接照明が睡眠には良いといわれております。
    C音量;自動車や工事の騒音の防止を徹底しましょう。
    D寝具・寝衣;適当な固さのマットと適度な固さで通気性・熱放散性のある枕(マクラ)が良いでしょう。枕は幅が長めで頭を乗せたときに、6〜8センチくらいの高さになるように配慮しましょう。シーツや寝巻が汚れていたり、糊が効きすぎていたりするのも良くないでしょう。
    E臭気;窓を開けて部屋の換気を行います。臭気を除去します。
    F寝室の広さや色調;カーテン、壁の色調は落ち着いたものにします。
  • 「足浴(ソクヨク)」に関しての補足:足浴とは、足部を湯に浸し洗うことです。足を温湯につけることによって血液の循環を促すのです。足が温められると、全身の血液循環が改善されて温まるとともに、精神的にもリラックスして、安眠を促す効果もあります。なお、足浴の際には、足全体を温めることが重要です。
    【足浴時の介護のポイント】@お湯の温度は40℃程度、A足部を温めるだけではなく、汚れを取る場合には石鹸(セッケン)などを使用し、足底は力を入れて洗ったほうが楽です、B足趾と足趾の間は丁寧に洗います、C足趾の爪と皮膚の間は汚れや悪臭が強いので、特に丁寧に洗います、D石鹸はきちんと洗い流して乾いたタオルなどで水分を十分にふきとります、E足部全体を末梢から中枢に向かってマッサージを行います、F爪が退いている場合には爪きりを行います、G座位で行うことが望ましいですが、座位が取れない場合には仰臥位で行います。
  • 「電気アンカ」に関しての補足:電気アンカとは、電気の熱で保温するアンカのことであり、乾性温あん法の一つです。電気アンカや湯たんぽで保温するときには、肌に直接触れることがないように身体から10センチ以上離しておきます。表面温度は45℃以上にならないように注意します。
  • 「湯たんぽ」に関しての補足:湯あん法(乾性温あん法)の一つです。介護における使用上のポイントは下記の通りです。
    留意点@使用前にひび、穴や破損がないか、栓にパッキングの摩擦による湯漏れが無いかを確認します。
    A湯の温度は、金属製の湯たんぽの場合には、80℃程度にします(ただし高齢者、麻痺のある高齢者は感覚が鈍く、熱傷の恐れがあるため60℃)。ゴム製湯たんぽの場合には、60℃とします(ゴムの変質や劣化を予防するため)。
    B金属製湯たんぽでも、直火にかけてわかしてはいけません(破損しやすくなったり、金属が高温になったりし、熱傷を生じる場合があります)。
    C湯たんぽは必ずカバーに入れて、寝床(ネドコ)の保温のためには表面温度が45℃以上にならないようにして、身体から10〜15センチ離します。乳児(生後0日から満1歳未満までの子ども)、高齢者、意識不明者、麻痺のある人などには熱傷予防のため温度に留意し、身体から離して、観察を密に行い、発赤(ホッセキ)、痛みなど異常の早期発見に努めましょう。


≫次のページ「睡眠中に呼吸が苦しい場合(快眠を促す方法・環境):高齢者が心身ともに快眠できる環境を整える」へ

 


同じカテゴリ「睡眠の介助」のページ
介護における快眠と寝具の考え方
 @お年寄りの快眠のための環境
 Aお年寄りの不眠症と対策
 Bお年寄りの睡眠の特徴と障害
介護で快眠を促すための環境と整備方法
 @身体をサッパリして清潔でリズムを整えて
 A寝床に入る前に精神をリラックスさせる
 Bのどが渇いていないか
 C睡眠中の冷暖房管理を注意
 D睡眠中に呼吸が苦しい場合

◆介護での快眠のための寝具選びのポイント◆
快眠の寝具選びの4ポイント
 @寝ている人の身体の動きを妨げない
 A適度な固さと柔らかさ
 B吸湿性通気性があるもの
 C手入れが容易である扱いやすい寝具
ベッド周辺の整備
 @ベッド用寝具のお手入れ
   【参考】介護目的でベッドを手に入れる方法
布団(フトン)の活用法
   【参考】介護での布団(フトン)生活の工夫
   【参考】介護での枕(マクラ)の選び方
寝床シーツの扱い方
 @寝床シーツの交換の方法
着脱の楽な寝巻(パジャマ)
   【参考】介護での寝巻(パジャマ)の種類
 @寝巻(和式)の着脱の介助
 Aパジャマの着脱の介助

◆睡眠時のトラブル予防のためのポイント◆
長時間に寝込む場合の注意点
 @片麻痺症状がある場合の寝返り方法
 A寝たきりによる手足の変形
 B手足の変形の予防法
寝返り(体位の変換)の介助方法
 @体位変換を仰向けから横向けに
 A楽な姿勢の睡眠の工夫
このカテゴリでよくある質問
 ・


◆当サイトの見方◆
関心のある分野を上のカテゴリメニューから選び、各カテゴリのトップページにいって関心のある情報を探してください。
同じカテゴリで他のページも見たければ、下部にあるページ紹介から探してみてください。
左メニューは、各カテゴリのトップページと主なページを載せてありますので、関心のあるページを見てみてください。
◆著者紹介◆
介護経験10年以上の介護福祉士・介護支援専門員(ケアマネジャー)4人が中心となり作成・管理・運営しています。
他に看護師や医師にもアドバイスを頂きながら作成しております。
介護る.com
介護
kaigol.com

本サイトのご利用について 参照文献・論文・サイト一覧
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・