介護.com
他カテゴリ→ 準備/心構え 環境作り 食事介助 排泄介助 睡眠介助 床ズレ対策 移動介助 リハビリ介助 痴呆介助 ターミナルケア
 トップ > 清潔介助> 手浴(部分浴)の介助方法と注意点:麻痺がある場合や水虫の場合なども考慮して適切な方法で サイトマップ
介護の準備と心構え

 ・介護始める時の態勢づくり
 ・介護生活プランの立案方法
 ・介護人自身の健康管理
◆お年寄りに対する理解◆
 ・『身体』『心理』への理解
◆『寝たきり』を予防する方法◆
 ・寝たきりのきっかけ
 ・『寝たまま』状態の悪影響
 ・寝たきりを予防する要件

介護の環境作り

 ・住まいの危険な場所の点検
◆介護に適した住環境の改造◆
 @照明方法 A移動の工夫
 Bお風呂場 Cトイレ
 D寝床    E臭いの対策法
各季節ごとの注意点と工夫◆
 @春季A夏季B秋季C冬季

食事の介助と工夫

 ・栄養バランスの考え方
 ・献立の作り方
 ・調理方法の工夫
 @脱水の予防A便秘の予防
 B塩分摂取を控えるコツ
 C食欲不振』の場合の工夫
 D嚥下困難』の場合の工夫
◆正しく食事をとる方法◆
 ・正しい食事の姿勢
 ・自助具を使用しての食事
 ・寝たままでの食事の介助法
 ・薬剤を使う際の注意点
 ・健康の記録の記入方法

排泄の介助と自立

◆排泄をしやすくする工夫◆
 ・トイレを使いやすくする工夫
 ・排泄で介助が必要な場合
 ・便器(腰上げ)の使用法
 ・便器(腰上げできない場合)
◆介護での排泄の補助器具◆
 @衣服・下着     A尿器
 Bポータブルトイレ Cオムツ
◆排泄トラブルと予防法◆
 @失禁 A便秘 B下痢

睡眠の介助と工夫

◆快眠のための寝具選び◆
 ・快眠の寝具選びの4ポイント
 ・ベッド周辺の整備
 ・布団(フトン)の活用法
 ・寝床シーツの扱い方
 ・着脱の楽な寝巻(パジャマ)
◆睡眠時のトラブル予防◆
 ・長時間寝込む場合の注意点
 ・寝返り(体位の変換)の介助

清潔保持の介助

◆清潔保持の介助と注意点◆
 ・入浴介助の方法と注意点
部分浴の介助@手浴 A足浴
 ・清拭方法(入浴できない)
 ・洗髪介助 ・洗面・洗顔介助
口腔の清潔保持の介助法
 @歯磨き A入れ歯
 ・スキンケアとかゆみの悩み
◆清潔保持に活用できる衣服◆
 @扱いやすい衣類
 A下着と寝巻(パジャマ)

床ズレ予防の介助

 ・主な原因 ・主な症状と経過
◆床ズレ予防法や対処法◆
 ・床ズレ発症の予防・対処法
 ・床ズレ全般の対処法

移動と動作の介助

 ・安全で無理のない移動介助
 ・寝たまま位置移動の介助
 ・上体(上半身)起こし介助法
 ・ベッドからイスの移動の介助
 ・イスから立ち上がるの介助
 ・車イス介助法と注意点

リハビリの介助

リハビリテーションのポイント
介護での関節拘縮の予防法
 @手と腕と肩 A
◆自力でできるリハビリ◆
寝たままでできるリハビリ・運動
 @上半身 A下半身
座ってできるリハビリ・運動
 @腕・肩、足 A前と横へ
 ・安全な歩き方の練習・介助
 ・言語・聴覚障害がある場合

痴呆症状の介助

 ・痴呆症状の介護とは
 @介護の仕方と注意点
 A痴呆と老化の違いと原因
 Bの主な症状
 C予防する生活のポイント
 D痴呆症状との付き合い方

ターミナルケア(終末期の介護)

 ・ターミナルケアとは
 ・ターミナルケアは在宅か病院か
◆介護者が知るべき応急手当◆
 ・容態の見方(緊急時の手当)

手浴(部分浴)の介助方法と注意点:麻痺がある場合や水虫の場合なども考慮して適切な方法で

◇介護での身体を清潔に保持する工夫と介助

 

手足の血行促進を兼ねて清潔保持の介助を

 手、足、陰部(インブ)は、特に汚れやすい部分ですから、清潔保持にかんしては特にきをかけて行わなければいけない部分です。だから、一日に一回は洗う必要があるでしょう。お湯に手をつけることは、心地の良いものですよね。介護者が身体に触れることで、お年寄り(被介護者)の気持ちも和みます。

  • 「介護での手浴(シュヨク)」に関しての補足:手浴は部分浴の一種で、湯に手を浸し洗うことです。座位の体勢が保持できるのであれば、ベッド上で寝具を濡らさないように工夫して、身体の前部に湯の容器を置きます。お年寄りが、座位の保持が不可能であれば、横向きになって片方の手ずつ洗いましょう。ぬるめのお湯の中に手を入れて温めた後、石鹸(セッケン)でよく洗います。その次に、少しお湯の温度を高くして温めます。タオルで水分をよくふき取って、必要に応じてオリーブ油やハンドクリームなどで肌を整えます。必要な場合には爪切りも行いましょう。

 

介護での手浴の正しい方法

 「肘(ヒジ)の上」から、「肘(ヒジ)の下」、「手先」の順序で洗っていきます。せっけんで指の間もよく洗って、お湯をかえてすすいでいきます。そして、水滴がのこらないように、タオルでよく水気をふき取りましょう。

  1. 横向きの場合には、上側の手から手浴しましょう。お湯にゆったりつけてあげると喜ばれるでしょう。拭く際には、指先から肘(ヒジ)に向かって行いましょう。
    手浴
     
  2. 被介護者(お年寄り)に麻痺がある場合には、手を十分に温めてから、少しずつ指を開きましょう。蒸しタオルで指の間も丁寧にふきましょう。
    手浴
    【参考】状況に応じた清拭方法(蒸しタオルの活用法)(蒸しタオルの作り方)
     
     
  3. 指と指がつかないように、小さなタオルを握らせて、指の間にガーゼや綿をはさみます。これは水虫の予防にもなります。(水虫対策には下記を参照)
    手浴

 また、下記の「お年寄り(被介護者)に麻痺がある場合」や「手や足に水虫が確認できた場合」などの特殊なケースは、配慮することもありますから、是非忘れずに対処してあげてください。

  • お年寄り(被介護者)に麻痺がある場合

    麻痺(マヒ)症状によって手を握ったままのお年寄り(被介護者)は、手の内側に汗や汚れがそのまま溜まってしまい、不潔になりがちです。だから、指を開いてあげて、指の間まできれいにふき取って、爪の手入れもしてあげてください。
  • 手や足に水虫が確認できた場合

    水虫(ミズムシ)が確認できた場合には、指の間を入念に洗った後に、水気をふきとって、水虫用の塗り薬をぬりましょう。そして、清潔と乾燥に気をつけて、ガーゼや綿を、指と指の間に挟んでおくと良いでしょう。

    • 「水虫(足白癬{アシハクセン}・手白癬{テハクセン})」に関しての補足:いわゆる「水虫」とは、皮膚(ヒフ)の角質(カクシツ)や爪などを形成するタンパク質(ケラチン)を好む真菌(カビの一種)が、足や手の皮膚に感染して起きるものです。特に、汗を多くかく人、靴を長時間にわたって履いて足が蒸れ易い人、糖尿病などを患っていて免疫力が低下している人、高齢者、副腎皮質ステロイド薬を長期間連用してきた人によく見られる皮膚病の一種です。
      症状には、「@趾間(シカン)型」「A小水疱(ショウスイホウ)型」「B角質増殖型」の3タイプ(型)あります。@趾間型は、指の間がふやけたり、ただれてきて、激しい痒み(カユミ)が出てきます。A小水疱型は、足の裏に小さな水疱(スイホウ)ができて、蒸れると激しい痒み(カユミ)がでてきます。B角質増殖型は、足の裏などの角質が分厚くなり、ガサガサになって、痒み(カユミ)が無いので、水虫と気づかないこともあります。治療法としては、足や手が蒸れないように注意して、抗真菌薬の軟膏(ナンコウ)を数ヶ月間患部に塗布(トフ)します。


≫次のページ「足浴(部分浴)の介助方法と注意点:温度に気をつけて、足のゆびの間も清潔にすることを心がける」へ

 


同じカテゴリ「清潔の介助」のページ
清潔保持をする上での基本的な考え方
 @清潔保持で心身ともに健康を保持する
 A過剰介護を避けて声かけを行う
 B生活のリズムおしゃれを気遣う

◆清潔保持の介助の方法と注意点◆
入浴介助の方法と注意点
 @入浴を一人で安全に行う工夫
 A入浴で介助が必要となる場合の介助方法
   【参考】介護で活用できる入浴法
 B入浴後の介助のお世話の方法
部分浴の介助法と注意点
 @手浴(部分浴)の介助方法
 A足浴(部分浴)の介助方法
清拭方法・順序(入浴できない場合)
   【参考】蒸しタオルの活用法
 @仰向け時;顔・両腕・胸・腹の清拭方法
 A横向き時:背中・腰・お尻の清拭方法
 B仰向け時;両足・かかと・陰部の清拭方法
洗髪の介助方法と注意点
洗面・洗顔の介助方法と注意点
   【参考】注意すべき顔の汚れやすい場所
口腔の清潔保持の介助法と注意点
 @歯磨きの介助方法と注意点
 A入れ歯のお手入れ方法
 B口の中にトラブルがある場合
   【参考】介護での痰(タン)のお世話
お年寄りのスキンケアとかゆみの悩み
   【参考】「かゆみ」を予防するポイント

◆清潔保持に活用できる衣服◆
 @扱いやすい衣類と着やすくする工夫
 A介護に適した下着と寝巻(パジャマ)
   【参考】麻痺症状で活用できる衣服
 B介護での衣服のオシャレの楽しみ方
このカテゴリでよくある質問
 ・


◆当サイトの見方◆
関心のある分野を上のカテゴリメニューから選び、各カテゴリのトップページにいって関心のある情報を探してください。
同じカテゴリで他のページも見たければ、下部にあるページ紹介から探してみてください。
左メニューは、各カテゴリのトップページと主なページを載せてありますので、関心のあるページを見てみてください。
◆著者紹介◆
介護経験10年以上の介護福祉士・介護支援専門員(ケアマネジャー)4人が中心となり作成・管理・運営しています。
他に看護師や医師にもアドバイスを頂きながら作成しております。
介護る.com
介護
kaigol.com

本サイトのご利用について 参照文献・論文・サイト一覧
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・