介護.com
他カテゴリ→ 準備/心構え 環境作り 食事介助 排泄介助 睡眠介助 床ズレ対策 移動介助 リハビリ介助 痴呆介助 ターミナルケア
 トップ > 清潔介助> 介護での入浴介助の方法と注意点:介護での入浴介助には段取りと環境づくりが重要 サイトマップ
介護の準備と心構え

 ・介護始める時の態勢づくり
 ・介護生活プランの立案方法
 ・介護人自身の健康管理
◆お年寄りに対する理解◆
 ・『身体』『心理』への理解
◆『寝たきり』を予防する方法◆
 ・寝たきりのきっかけ
 ・『寝たまま』状態の悪影響
 ・寝たきりを予防する要件

介護の環境作り

 ・住まいの危険な場所の点検
◆介護に適した住環境の改造◆
 @照明方法 A移動の工夫
 Bお風呂場 Cトイレ
 D寝床    E臭いの対策法
各季節ごとの注意点と工夫◆
 @春季A夏季B秋季C冬季

食事の介助と工夫

 ・栄養バランスの考え方
 ・献立の作り方
 ・調理方法の工夫
 @脱水の予防A便秘の予防
 B塩分摂取を控えるコツ
 C食欲不振』の場合の工夫
 D嚥下困難』の場合の工夫
◆正しく食事をとる方法◆
 ・正しい食事の姿勢
 ・自助具を使用しての食事
 ・寝たままでの食事の介助法
 ・薬剤を使う際の注意点
 ・健康の記録の記入方法

排泄の介助と自立

◆排泄をしやすくする工夫◆
 ・トイレを使いやすくする工夫
 ・排泄で介助が必要な場合
 ・便器(腰上げ)の使用法
 ・便器(腰上げできない場合)
◆介護での排泄の補助器具◆
 @衣服・下着     A尿器
 Bポータブルトイレ Cオムツ
◆排泄トラブルと予防法◆
 @失禁 A便秘 B下痢

睡眠の介助と工夫

◆快眠のための寝具選び◆
 ・快眠の寝具選びの4ポイント
 ・ベッド周辺の整備
 ・布団(フトン)の活用法
 ・寝床シーツの扱い方
 ・着脱の楽な寝巻(パジャマ)
◆睡眠時のトラブル予防◆
 ・長時間寝込む場合の注意点
 ・寝返り(体位の変換)の介助

清潔保持の介助

◆清潔保持の介助と注意点◆
 ・入浴介助の方法と注意点
部分浴の介助@手浴 A足浴
 ・清拭方法(入浴できない)
 ・洗髪介助 ・洗面・洗顔介助
口腔の清潔保持の介助法
 @歯磨き A入れ歯
 ・スキンケアとかゆみの悩み
◆清潔保持に活用できる衣服◆
 @扱いやすい衣類
 A下着と寝巻(パジャマ)

床ズレ予防の介助

 ・主な原因 ・主な症状と経過
◆床ズレ予防法や対処法◆
 ・床ズレ発症の予防・対処法
 ・床ズレ全般の対処法

移動と動作の介助

 ・安全で無理のない移動介助
 ・寝たまま位置移動の介助
 ・上体(上半身)起こし介助法
 ・ベッドからイスの移動の介助
 ・イスから立ち上がるの介助
 ・車イス介助法と注意点

リハビリの介助

リハビリテーションのポイント
介護での関節拘縮の予防法
 @手と腕と肩 A
◆自力でできるリハビリ◆
寝たままでできるリハビリ・運動
 @上半身 A下半身
座ってできるリハビリ・運動
 @腕・肩、足 A前と横へ
 ・安全な歩き方の練習・介助
 ・言語・聴覚障害がある場合

痴呆症状の介助

 ・痴呆症状の介護とは
 @介護の仕方と注意点
 A痴呆と老化の違いと原因
 Bの主な症状
 C予防する生活のポイント
 D痴呆症状との付き合い方

ターミナルケア(終末期の介護)

 ・ターミナルケアとは
 ・ターミナルケアは在宅か病院か
◆介護者が知るべき応急手当◆
 ・容態の見方(緊急時の手当)

介護での入浴介助の方法と注意点:介護での入浴介助には段取りと環境づくりが重要

◇介護での身体を清潔に保持する工夫と介助

入浴介助

入浴時の注意事項

 入浴は身体を清潔にして、血液の循環を良くすると同時に、心身ともにリラックスさせる効果も期待できます。そして、少なくとも週1、2回を目安に入浴を心がけたいものです。しかしながら、入浴は意外に体力を消耗する行為であり、衰えが見られるお年寄り(被介護者)を積極的に参加させるべきではない場合もあります。
 このようなことを考慮すると、必ずお年寄り(被介護者)の体調をチェックしてから入浴させるようにしましょう。特に下記に挙げることなどは、定期的にチェックして調べる習慣をつけて、目安としましょう。

  1. 顔色、体温、脈拍、呼吸、血圧などに異常がないかどうかを見る
  2. 食事前や食事後の1時間は、入浴を避ける
  3. 入浴前に排泄(ハイセツ)を済ませる
  4. 浴室、脱衣室は、裸になっても寒くならない程度の温度(25度くらい)に暖める
  5. お湯の温度は40度くらい(高血圧や心臓病の場合は37〜38度)
  6. 入浴時間は10〜15分程度で、浴槽につかる時間は5分程度に抑える
  7. 入浴中は、お年寄りの顔色を観察して、気分が悪くないか気をつける。目眩(メマイ)を起こしたり、ふらついたりした場合は、冷たい水を飲ませる。介護の必要がないお年寄りでも、ときどき声をかける
  8. 手、足、局部と心臓に遠い部分から温めていく
  9. 入浴後、湯冷めを防ぐため、あらかじめバスタオルを用意して、すぐに身体をふいて乾かす。また、水分の補給も行う
  10. 皮膚の病気のある人は、温めると良くない場合があるので医師に要相談。皮膚のただれや湿疹がある場合は石鹸を使わずにお湯で洗い流す程度にする

 このようなことに加えて、お年寄り(被介護者)の入浴は、できれば日中の暖かい時間にするようにしましょう。そうしれば、湯冷めをする心配もなく、夕食も美味しくいただけるでしょう。これに加えて、万が一、入浴時に転倒した場合でも、周りの人に助けを求めやすく、救急車や病院の対応がスムーズにいきます。

  • 「入浴介助(ニュウヨクカイジョ)」に関しての補足:入浴には、心身の緊張をほぐし、人を安らかな気持ちにさせる効果があります。特に睡眠前の入浴は、安眠を導く効果があります。入浴の際の介助は、障害の部位・種類、入浴する者の年齢や好みなどにより異なりますが、共通して言えることは、@要介護者の耳前の観察と準備、A転倒をしないような安全の確保、B血液の循環を良くして身体を清潔に保つための適切な介助、C入浴後の水分補給などです。
    入浴前には、血圧や体温を確認して通常に比べて高いようであれば入浴する人の希望があっても見合わせたほうが無難です。これに加えて、食後1時間は入浴によって全身の血行が良くなることにより、消化器系の血流量が減少して負担がかかり、消化の能力が落ちるために避けましょう。入浴する人の体調とともに、浴室の環境にも留意し、浴室の床には転倒を防ぐための滑り止めマットがあるかどうか、室温はひく過ぎないか(24度程度を目安に調節)を確認します。湯の温度は個人差はありますが、高齢者、特に血圧が高い人の湯の温度はややぬるめの38度くらいにします。入浴するに当たっては、介助者は利用者の顔色や表情を注意深く観察して、疲労が溜まってはいないかなどを確認しましょう。


≫次のページ「お年寄りが入浴を一人で安全に行う工夫:渡し板や台やイスなどを利用して片麻痺も道具を活用して入浴」へ

 


同じカテゴリ「清潔の介助」のページ
清潔保持をする上での基本的な考え方
 @清潔保持で心身ともに健康を保持する
 A過剰介護を避けて声かけを行う
 B生活のリズムおしゃれを気遣う

◆清潔保持の介助の方法と注意点◆
入浴介助の方法と注意点
 @入浴を一人で安全に行う工夫
 A入浴で介助が必要となる場合の介助方法
   【参考】介護で活用できる入浴法
 B入浴後の介助のお世話の方法
部分浴の介助法と注意点
 @手浴(部分浴)の介助方法
 A足浴(部分浴)の介助方法
清拭方法・順序(入浴できない場合)
   【参考】蒸しタオルの活用法
 @仰向け時;顔・両腕・胸・腹の清拭方法
 A横向き時:背中・腰・お尻の清拭方法
 B仰向け時;両足・かかと・陰部の清拭方法
洗髪の介助方法と注意点
洗面・洗顔の介助方法と注意点
   【参考】注意すべき顔の汚れやすい場所
口腔の清潔保持の介助法と注意点
 @歯磨きの介助方法と注意点
 A入れ歯のお手入れ方法
 B口の中にトラブルがある場合
   【参考】介護での痰(タン)のお世話
お年寄りのスキンケアとかゆみの悩み
   【参考】「かゆみ」を予防するポイント

◆清潔保持に活用できる衣服◆
 @扱いやすい衣類と着やすくする工夫
 A介護に適した下着と寝巻(パジャマ)
   【参考】麻痺症状で活用できる衣服
 B介護での衣服のオシャレの楽しみ方
このカテゴリでよくある質問
 ・


◆当サイトの見方◆
関心のある分野を上のカテゴリメニューから選び、各カテゴリのトップページにいって関心のある情報を探してください。
同じカテゴリで他のページも見たければ、下部にあるページ紹介から探してみてください。
左メニューは、各カテゴリのトップページと主なページを載せてありますので、関心のあるページを見てみてください。
◆著者紹介◆
介護経験10年以上の介護福祉士・介護支援専門員(ケアマネジャー)4人が中心となり作成・管理・運営しています。
他に看護師や医師にもアドバイスを頂きながら作成しております。
介護る.com
介護
kaigol.com

本サイトのご利用について 参照文献・論文・サイト一覧
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・