介護.com
他カテゴリ→ 準備/心構え 環境作り 食事介助 排泄介助 睡眠介助 清潔介助 床ズレ対策 移動介助 痴呆介助 ターミナルケア
 トップ > リハビリ> 言語や聴覚に障害がある場合のコミュニケーションのポイント:ゆっくりと丁寧に意思疎通を試み サイトマップ
介護の準備と心構え

 ・介護始める時の態勢づくり
 ・介護生活プランの立案方法
 ・介護人自身の健康管理
◆お年寄りに対する理解◆
 ・『身体』『心理』への理解
◆『寝たきり』を予防する方法◆
 ・寝たきりのきっかけ
 ・『寝たまま』状態の悪影響
 ・寝たきりを予防する要件

介護の環境作り

 ・住まいの危険な場所の点検
◆介護に適した住環境の改造◆
 @照明方法 A移動の工夫
 Bお風呂場 Cトイレ
 D寝床    E臭いの対策法
各季節ごとの注意点と工夫◆
 @春季A夏季B秋季C冬季

食事の介助と工夫

 ・栄養バランスの考え方
 ・献立の作り方
 ・調理方法の工夫
 @脱水の予防A便秘の予防
 B塩分摂取を控えるコツ
 C食欲不振』の場合の工夫
 D嚥下困難』の場合の工夫
◆正しく食事をとる方法◆
 ・正しい食事の姿勢
 ・自助具を使用しての食事
 ・寝たままでの食事の介助法
 ・薬剤を使う際の注意点
 ・健康の記録の記入方法

排泄の介助と自立

◆排泄をしやすくする工夫◆
 ・トイレを使いやすくする工夫
 ・排泄で介助が必要な場合
 ・便器(腰上げ)の使用法
 ・便器(腰上げできない場合)
◆介護での排泄の補助器具◆
 @衣服・下着     A尿器
 Bポータブルトイレ Cオムツ
◆排泄トラブルと予防法◆
 @失禁 A便秘 B下痢

睡眠の介助と工夫

◆快眠のための寝具選び◆
 ・快眠の寝具選びの4ポイント
 ・ベッド周辺の整備
 ・布団(フトン)の活用法
 ・寝床シーツの扱い方
 ・着脱の楽な寝巻(パジャマ)
◆睡眠時のトラブル予防◆
 ・長時間寝込む場合の注意点
 ・寝返り(体位の変換)の介助

清潔保持の介助

◆清潔保持の介助と注意点◆
 ・入浴介助の方法と注意点
部分浴の介助@手浴 A足浴
 ・清拭方法(入浴できない)
 ・洗髪介助 ・洗面・洗顔介助
口腔の清潔保持の介助法
 @歯磨き A入れ歯
 ・スキンケアとかゆみの悩み
◆清潔保持に活用できる衣服◆
 @扱いやすい衣類
 A下着と寝巻(パジャマ)

床ズレ予防の介助

 ・主な原因 ・主な症状と経過
◆床ズレ予防法や対処法◆
 ・床ズレ発症の予防・対処法
 ・床ズレ全般の対処法

移動と動作の介助

 ・安全で無理のない移動介助
 ・寝たまま位置移動の介助
 ・上体(上半身)起こし介助法
 ・ベッドからイスの移動の介助
 ・イスから立ち上がるの介助
 ・車イス介助法と注意点

リハビリの介助

リハビリテーションのポイント
介護での関節拘縮の予防法
 @手と腕と肩 A
◆自力でできるリハビリ◆
寝たままでできるリハビリ・運動
 @上半身 A下半身
座ってできるリハビリ・運動
 @腕・肩、足 A前と横へ
 ・安全な歩き方の練習・介助
 ・言語・聴覚障害がある場合

痴呆症状の介助

 ・痴呆症状の介護とは
 @介護の仕方と注意点
 A痴呆と老化の違いと原因
 Bの主な症状
 C予防する生活のポイント
 D痴呆症状との付き合い方

ターミナルケア(終末期の介護)

 ・ターミナルケアとは
 ・ターミナルケアは在宅か病院か
◆介護者が知るべき応急手当◆
 ・容態の見方(緊急時の手当)

言語障害や聴覚障害がある場合のコミュニケーションのポイント:ゆっくりと丁寧に意思疎通を試みて徐々に

◇介護でのリハビリテーションの方法と工夫

障害

言語障害や聴覚障害があるお年寄りとのコミュニケーション

  1. 短い言葉で、ジェスチャーなども交えて、なるべく顔を見ながら話す
  2. 一度にいろいろなことを話さない丁寧に説明しつつ話す
  3. お年寄りが言いたい言葉が思いつかないときは、こちらから助け舟を出したり、想像する
  4. 読んだり書いたりができれば、紙に書いてコミュニケーションをし、お年寄りが寝たり起きたりの生活の場合は、ベッドのそばなどにホワイトボードを用意して大きな字で書くなど工夫する
  5. 補聴器を使っているお年寄りと話す場合には、補聴器をつけているか確かめて、補聴器のそばで話しかける

 

言語障害の場合の介助法

言葉が不自由になったら

 年をとると、話し方が遅くなったり、うまく言葉が出なくなることがあります。また、『失語症(シツゴショウ)』、『構音障害(コウオンショウガイ)』など、言語障害を持つお年寄り(被介護者)も少なくはありません。コミュニケーションをとるのが難しくなると、孤独になりがちですし、身体の具合が悪くてもうまく伝えられずに、大事にいたるという危険性もあります。
 お年寄り(被介護者)のご家族は、これらの言葉の障害を把握して、わかりやすい単語でゆっくりと話す、根気よく時間をかけて聞いてあげるといった心配りをしながら、日常のコミュニケーションをはかってください。

  • 「言語障害(ゲンゴショウガイ)」に関しての補足:言語障害とは、言葉によるコミュニケーションの障害の総称です。言語障害には構音障害のほかに、理解力の障害もあり、失語症、言語発達遅滞、機能的構音障害、運動障害性構音障害、口蓋裂言語、吃音、脳性麻痺言語、聴覚障害、音声障害などがあります。失語症ひとつとってみてもさまざまなタイプ(型)に分けることができます。
  • 「言語障害者とのコミュニケーションのポイント」に関しての補足:言語障害者のコミュニケーションで重要なことは、相手の言っていること(言おうとしていること)を理解しようとする気持ちと、待つことです。イライラして話を途中でさえぎってしまったり、その逆に良かれと思って代弁しすぎたりしないように注意することが重要です。コミュニケーションの基本でもある「話す」ことが障害された場合の辛さを考慮して、信頼関係を築くところから介護が始まります。何度も聞き返すことはお互いに気まずくなって、話の内容を未確認のままで進めると事故やトラブルの原因となります。文字や絵を使った非言語的コミュニケーションも取り入れます。

 

耳が不自由な場合(難聴)の介助法

 お年寄り(被介護者)と暮らすご家族の多くが、難聴によるコミュニケーションの不便さを訴えられます。たしかに年を重ねると、ほとんどのお年寄りは耳が遠くなり、テレビのボリュームをガンガン大きくしたり、周りの人は大声で何度も繰り返し話さなくてはならなかったりします。これに加えて、言葉を聞き分けることが難しくなるために、話の内容を誤って受け止めて、誤解を生んだりしがちです。
 お年寄り(被介護者)が耳が遠くなったら、補聴器を使用したほうが良いか、耳鼻咽喉科で相談してみるのが良いでしょう。これに加えて、中耳炎(チュウジエン)耳アカがたまったために難聴になっている場合もあります。まずは、耳鼻咽喉科で原因を確かめて、用具についても指導を受けると良いでしょう。

  • 「聴覚障害(チョウカクショウガイ)」に関しての補足:身体障害者福祉法では、両耳の聴力レベルが70dB以上の者を聴覚障害者としております。耳から大脳に至る感覚中枢の経路に損傷を受けて、音声の聞き取りが困難であることです。先天性の場合には、発語困難や平衡機能に障害をきたすことが見られます。
  • 「聴覚障害者とのコミュニケーションのポイント」に関しての補足:「聞こえない」といった障害は、他者からは気づきにくい障害であり、疎外感を受けやすいのです。聴覚障害者とのコミュニケーションの基本は、@聴覚を補うための視覚を充分に活用できるように、表情や身振りを加える、A静かな場所で話す、B正面から話しかける(後ろからでは分からない)、C話す速度は普通でよい(ゆっくり過ぎるとクチビルの形が変わり判断しにくい)、D大声では話さない(大きすぎる声は歪んで聞こえてしないかえって聞こえにくい)、Eできれば1対1で話す、F電話やマイクを通した声はさらに聞きにくいことを認識しておく、G会議や集会の場では聞こえを補う方法を考える、H重要なことや分かりにくいことは必ず文字にして渡す、I手話や指文字などを有効に使う(すべての人が使えるというわけではない)、などといったことがあります。手話や指文字は、日常のあいさつや名前の紹介などには積極的に活用したいですね。手話は単なるサインではなく、言葉としての意味を持つことを理解しておきましょう。
  • 「難聴(ナンチョウ)」に関しての補足:難聴とは、音を伝達もしくは感受する器官の機能が何らかの原因によりその機能が低下していくことで、音が聞こえにくくなる状態のことです。機能の障害が生じる部位により『伝音性難聴』と『感音性難聴』とに分類されます。
    伝音性難聴とは、伝音器(外耳道、鼓膜、耳小骨など)の障害で、聴力を上げるために補聴器の効果が大きいです。伝音性難聴は医学的治療が可能なものが多いと言う特徴があります。感音性難聴とは、感覚器(内耳から大脳皮質)の障害で補聴器の適用が困難です。また高齢のために生じる老人性難聴という病気もあり、老化によって、内耳と聴神経から聴覚中枢に至る部分の機能が低下することによって起こる感音性難聴です。これは医学的治療効果が比較的低いです。音自体は聞こえていても、言葉や騒音の中での聞き取りが難しくなります。まず高音が聞き取りにくくなり、会話で用いられる低音は聞き取れるために、難聴が進行してから気づかれることが多いです。難聴のレベルはオージオメーターで計測され、身体障害者福祉法では、70dB以上の者を聴覚障害者としています。
  • 「補聴器(ホチョウキ)」に関しての補足:補聴器は、身体障害者福祉法に規定されている補装具の一つです。マイク、増幅器、レシーバーからなる音の増幅装置です。音声を増幅することで、聴覚の機能が低下した状態でも音声を感受できるようにつくられております。補聴器は、一般的に音の振動を代替する機器ですので、伝音性難聴の方が適しております。種類としては、耳穴型、耳かけ型、箱型などのタイプ(型)があります。補聴器の使用にあたっては、一人ひとりの聞こえの状態に合わせた調整(フィッテシング)が必要となります。補聴器は会話だけでなく周囲の雑音も拾ってしまうこと、機械的な音であること、外す際にはハウリング(ピーピー恩)を防ぐために必ず電源を切っておくことなどの特徴を知った上で正しく効果的に使用できるように支援する必要があります。

 


同じカテゴリ「リハビリ」のページ
リハビリテーションのポイント
 @高齢者のリハビリテーションの特徴
 A介護でのリハビリテーションとは何か
 B医学的・社会的リハビリテーション
   【参考】リハビリの実際:脳卒中の患者
   【参考】リハビリ成功のポイント
リハビリテーションでの入浴法
介護での関節拘縮の予防法
 @手と腕と肩の拘縮の予防法
 A足の拘縮の予防法
◆お年寄りが自力でできるリハビリテーション◆
寝たままでできるリハビリ・運動
 @上半身(頭・首、腕・肩)の運動
 A下半身(足、腰)の運動
自力での上体起こしのリハビリ・運動
 @仰向け体勢から上体起こし
 A横向き体勢から上体起こし
 Bベッドの柵・道具を利用して上体起こし
自力での寝床(ネドコ)からイスへの移動
 @ベッドからイスへ移動する方法
 A布団(フトン)からイスへ移動する方法
座ってできるリハビリ・運動
 @腕・肩、足のリハビリ・運動
 A前と横への移動のリハビリ・運動
立ち上がるリハビリ・運動
 @前開きの衣服の着脱方法
 Aかぶり式の衣服の着脱方法
 Bズボンや靴下を履く方法

安全な歩き方の練習・介助法
 @歩行介助の方法(片麻痺がある場合)
 A歩行器の種類と使用上の注意点
 B杖を使って歩くときの介助法・注意点
   【参考】杖を使っての歩き方(三点確保)
 C歩きにくい場所での歩行方法
 D歩きにくい場所での杖の歩行方法

言語や聴覚に障害がある場合
 @失語症(言語障害)の介助法
 A構音障害(言語障害)の方の介助法
このカテゴリでよくある質問
 ・


◆当サイトの見方◆
関心のある分野を上のカテゴリメニューから選び、各カテゴリのトップページにいって関心のある情報を探してください。
同じカテゴリで他のページも見たければ、下部にあるページ紹介から探してみてください。
左メニューは、各カテゴリのトップページと主なページを載せてありますので、関心のあるページを見てみてください。
◆著者紹介◆
介護経験10年以上の介護福祉士・介護支援専門員(ケアマネジャー)4人が中心となり作成・管理・運営しています。
他に看護師や医師にもアドバイスを頂きながら作成しております。
介護る.com
介護
kaigol.com

本サイトのご利用について 参照文献・論文・サイト一覧
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・