介護.com
他カテゴリ→ 準備/心構え 環境作り 食事介助 排泄介助 睡眠介助 清潔介助 床ズレ対策 移動介助 痴呆介助 ターミナルケア
 トップ > リハビリ> リハビリテーションでの入浴法:清潔保持と療法としてのそれぞれの役割が重要 サイトマップ
介護の準備と心構え

 ・介護始める時の態勢づくり
 ・介護生活プランの立案方法
 ・介護人自身の健康管理
◆お年寄りに対する理解◆
 ・『身体』『心理』への理解
◆『寝たきり』を予防する方法◆
 ・寝たきりのきっかけ
 ・『寝たまま』状態の悪影響
 ・寝たきりを予防する要件

介護の環境作り

 ・住まいの危険な場所の点検
◆介護に適した住環境の改造◆
 @照明方法 A移動の工夫
 Bお風呂場 Cトイレ
 D寝床    E臭いの対策法
各季節ごとの注意点と工夫◆
 @春季A夏季B秋季C冬季

食事の介助と工夫

 ・栄養バランスの考え方
 ・献立の作り方
 ・調理方法の工夫
 @脱水の予防A便秘の予防
 B塩分摂取を控えるコツ
 C食欲不振』の場合の工夫
 D嚥下困難』の場合の工夫
◆正しく食事をとる方法◆
 ・正しい食事の姿勢
 ・自助具を使用しての食事
 ・寝たままでの食事の介助法
 ・薬剤を使う際の注意点
 ・健康の記録の記入方法

排泄の介助と自立

◆排泄をしやすくする工夫◆
 ・トイレを使いやすくする工夫
 ・排泄で介助が必要な場合
 ・便器(腰上げ)の使用法
 ・便器(腰上げできない場合)
◆介護での排泄の補助器具◆
 @衣服・下着     A尿器
 Bポータブルトイレ Cオムツ
◆排泄トラブルと予防法◆
 @失禁 A便秘 B下痢

睡眠の介助と工夫

◆快眠のための寝具選び◆
 ・快眠の寝具選びの4ポイント
 ・ベッド周辺の整備
 ・布団(フトン)の活用法
 ・寝床シーツの扱い方
 ・着脱の楽な寝巻(パジャマ)
◆睡眠時のトラブル予防◆
 ・長時間寝込む場合の注意点
 ・寝返り(体位の変換)の介助

清潔保持の介助

◆清潔保持の介助と注意点◆
 ・入浴介助の方法と注意点
部分浴の介助@手浴 A足浴
 ・清拭方法(入浴できない)
 ・洗髪介助 ・洗面・洗顔介助
口腔の清潔保持の介助法
 @歯磨き A入れ歯
 ・スキンケアとかゆみの悩み
◆清潔保持に活用できる衣服◆
 @扱いやすい衣類
 A下着と寝巻(パジャマ)

床ズレ予防の介助

 ・主な原因 ・主な症状と経過
◆床ズレ予防法や対処法◆
 ・床ズレ発症の予防・対処法
 ・床ズレ全般の対処法

移動と動作の介助

 ・安全で無理のない移動介助
 ・寝たまま位置移動の介助
 ・上体(上半身)起こし介助法
 ・ベッドからイスの移動の介助
 ・イスから立ち上がるの介助
 ・車イス介助法と注意点

リハビリの介助

リハビリテーションのポイント
介護での関節拘縮の予防法
 @手と腕と肩 A
◆自力でできるリハビリ◆
寝たままでできるリハビリ・運動
 @上半身 A下半身
座ってできるリハビリ・運動
 @腕・肩、足 A前と横へ
 ・安全な歩き方の練習・介助
 ・言語・聴覚障害がある場合

痴呆症状の介助

 ・痴呆症状の介護とは
 @介護の仕方と注意点
 A痴呆と老化の違いと原因
 Bの主な症状
 C予防する生活のポイント
 D痴呆症状との付き合い方

ターミナルケア(終末期の介護)

 ・ターミナルケアとは
 ・ターミナルケアは在宅か病院か
◆介護者が知るべき応急手当◆
 ・容態の見方(緊急時の手当)

リハビリテーションでの入浴法:清潔保持と療法としてのそれぞれの役割が重要

◇介護でのリハビリテーションの方法と工夫

入浴リハビリテーション

入浴の清潔保持のための活用

 入浴の第一の目的は、身体の清潔を保つことであることは皆さんご同意いただけるでしょう。
 特に、お年寄り(被介護者)の場合には、皮膚(ヒフ)の新陳代謝は、若い時期と比較して、盛んではありません。皮膚の分泌(ブンピツ)量も減ってしまい、自浄作用で皮膚を清潔に保つというサイクルが、上手く働かなくなっています。その上さらに、免疫(ウイルスや細菌などが体内に侵入した際に、排除して自分の身体を守ろうとする働き)の機能が衰えているために、汚れによる細菌感染の機会(チャンス)が多くなります。このようなことを考慮すると、入浴によって、汚れを洗い流すことは、お年寄り(被介護者)ほど必要性が増しているということが言えるでしょう。つまり、入浴は、皮膚(ヒフ)の自浄作用の代わりをしてくれるわけです。

 特に、寝たきりのお年寄り(被介護者)で、床ズレができている場合には、こまめに入浴をしているかどうかが傷の治り方に大きくかかわっているのです。床ズレは、その傷の深度によって一度から四度までの段階がありますが、一度や二度の床ズレであれば、積極的に入浴して差し支えありません。むしろ、入浴によって、傷の回復が促進されると言ってよいでしょう。それよりも深い床ズレの場合でも、病院では入浴させることがありますが、自宅療養の場合には、シャワーにしておいたほうが良いでしょう。しかしながら、いずれの場合にしても、主治医(かかりつけのホームドクター)とよく相談して、患っている床ズレの症状に合った入り方をするのが良いでしょう。

 【参考】湿気や不潔による床ズレ(介護における床ズレの原因)

  • 「褥瘡(ジョクソウ:「床ズレ」のこと)」に関しての補足:褥瘡(ジョクソウ)、いわゆる『床ズレ』とは、長期間にわたって寝たきりになったとき、ベッドや布団(フトン)に接した部分が圧迫されて、血行障害が起こりがちになった箇所において、皮膚(ヒフ)や皮下組織が傷み、壊死(エシ:血流の障害や血管内腔の閉塞などにより血流が止まり支配下領域の局所組織や細胞が変性して死んだ状態)した状態です。褥瘡(ジョクソウ)の主な症状としては、寝た状態で圧迫を受けた部分の皮膚(ヒフ)がただれて、潰瘍(カイヨウ)になることもあります。褥瘡(ジョクソウ)の治療法としては、まずは、同じ体位で寝たままにならないように、数時間ごとに向きを変えるようにします。炎症が起きたり潰瘍(カイヨウ)ができた場合には外用薬を使用します。潰瘍が重い場合には、壊死した部分を切除します。

 

入浴の治療法・リハビリ(物理療法と温熱療法)としての活用

 入浴の一つの目的として、物理療法温熱療法としての入浴ということが挙げられます。つまり、入浴することによって、身体は温まり、血液循環がよくなります。そのために、骨折の後遺症(コウイショウ)や関節痛などにより動かせなかった手足も、お風呂のなかでは一時的に痛みが和らいで、楽に動かせるようになります。これに加えて、局所の浮腫み(ムクミ)も軽快します。

 お年寄り(被介護者)は、リハビリテーションが必要であると分かってはいても、動かすことで痛みを覚えてしまうと、なかなか自分から積極的に動かそうとはしてくれないものです。そこで、入浴をリハビリテーションと結びつけて、四肢の可動性を回復するメニューは、近年では、病院などで盛んに行われるようになりました。また、歩けるお年寄り(被介護者)は、介助者の手を借りて入浴をさせて、入浴中で痛みの生じない範囲で他動運動やマッサージを行います。
 自宅でリハビリテーションを行う場合には、運動メニューをこなそうとするよりは、はじめは痛みが和らいだときに、自由に動かせる喜びを十分に味わってもらうこと、入浴による爽快感を満喫してもらうことに主眼を置いた方が良いでしょう。

  • 「温熱療法」に関しての補足:温熱療法とは、各種の物理療法によりリハビリテーションを行う物理療法の一つで、患部(病気や傷のあるところ)の血行を良くして、病気による痛みを軽減して、筋肉の緊張を取り除いて、関節の可動域(各関節が運動を行なう際に正常に動かすことができる範囲)を改善することを目的としています。例を挙げると、ホットパック、パラフィン浴、マイクロウェーブ療法、超音波療法などがあります。

 

より良い介護には入浴の習慣の重要性を理解する

 できることであれば、介護下にあるお年寄り(被介護者)が、毎日入浴できると良いのですが、介助者の都合がなかなかつかなかったり、お年寄り(被介護者)の体調がすぐれないなど、さまざまな事情があることでしょう。しかしながら、面倒であるということは理由にしないほうが身のためであるというこを肝にめいじておきましょう。入浴の習慣は、介護全般だけでなく、お年寄り(被介護者)の健康にも大きく影響します。だから、最低でも、週に一回、できれば二、三回は入浴させてあげましょう。お湯の温度は38度前後で、ぬるめの温度に背ってするのが良いでしょう。
 冬季は湯ざめなどしないように、部屋や脱衣所をあらかじめ温めておくことも大事なことです。お年寄り(被介護者)が風邪(カゼ)をひいてしまっては意味がありません。

 【参考】入浴介助の方法と注意点:介護での入浴介助には段取りと環境づくり

  • 「入浴介助(ニュウヨクカイジョ)」に関しての補足:入浴には、心身の緊張をほぐし、人を安らかな気持ちにさせる効果があります。特に睡眠前の入浴は、安眠を導く効果があります。入浴の際の介助は、障害の部位・種類、入浴する者の年齢や好みなどにより異なりますが、共通して言えることは、@要介護者の耳前の観察と準備、A転倒をしないような安全の確保、B血液の循環を良くして身体を清潔に保つための適切な介助、C入浴後の水分補給などです。
    入浴前には、血圧や体温を確認して通常に比べて高いようであれば入浴する人の希望があっても見合わせたほうが無難です。これに加えて、食後1時間は入浴によって全身の血行が良くなることにより、消化器系の血流量が減少して負担がかかり、消化の能力が落ちるために避けましょう。
    入浴する人の体調とともに、浴室の環境にも留意し、浴室の床には転倒を防ぐための滑り止めマットがあるかどうか、室温はひく過ぎないか(24度程度を目安に調節)を確認します。湯の温度は個人差はありますが、高齢者、特に血圧が高い人の湯の温度はややぬるめの38度くらいにします。入浴するに当たっては、介助者は利用者の顔色や表情を注意深く観察して、疲労が溜まってはいないかなどを確認しましょう。
 

同じカテゴリ「リハビリ」のページ
リハビリテーションのポイント
 @高齢者のリハビリテーションの特徴
 A介護でのリハビリテーションとは何か
 B医学的・社会的リハビリテーション
   【参考】リハビリの実際:脳卒中の患者
   【参考】リハビリ成功のポイント
リハビリテーションでの入浴法
介護での関節拘縮の予防法
 @手と腕と肩の拘縮の予防法
 A足の拘縮の予防法
◆お年寄りが自力でできるリハビリテーション◆
寝たままでできるリハビリ・運動
 @上半身(頭・首、腕・肩)の運動
 A下半身(足、腰)の運動
自力での上体起こしのリハビリ・運動
 @仰向け体勢から上体起こし
 A横向き体勢から上体起こし
 Bベッドの柵・道具を利用して上体起こし
自力での寝床(ネドコ)からイスへの移動
 @ベッドからイスへ移動する方法
 A布団(フトン)からイスへ移動する方法
座ってできるリハビリ・運動
 @腕・肩、足のリハビリ・運動
 A前と横への移動のリハビリ・運動
立ち上がるリハビリ・運動
 @前開きの衣服の着脱方法
 Aかぶり式の衣服の着脱方法
 Bズボンや靴下を履く方法

安全な歩き方の練習・介助法
 @歩行介助の方法(片麻痺がある場合)
 A歩行器の種類と使用上の注意点
 B杖を使って歩くときの介助法・注意点
   【参考】杖を使っての歩き方(三点確保)
 C歩きにくい場所での歩行方法
 D歩きにくい場所での杖の歩行方法

言語や聴覚に障害がある場合
 @失語症(言語障害)の介助法
 A構音障害(言語障害)の方の介助法
このカテゴリでよくある質問
 ・


◆当サイトの見方◆
関心のある分野を上のカテゴリメニューから選び、各カテゴリのトップページにいって関心のある情報を探してください。
同じカテゴリで他のページも見たければ、下部にあるページ紹介から探してみてください。
左メニューは、各カテゴリのトップページと主なページを載せてありますので、関心のあるページを見てみてください。
◆著者紹介◆
介護経験10年以上の介護福祉士・介護支援専門員(ケアマネジャー)4人が中心となり作成・管理・運営しています。
他に看護師や医師にもアドバイスを頂きながら作成しております。
介護る.com
介護
kaigol.com

本サイトのご利用について 参照文献・論文・サイト一覧
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・