介護.com
他カテゴリ→ 準備/心構え 環境作り 食事介助 排泄介助 睡眠介助 清潔介助 床ズレ対策 移動介助 痴呆介助 ターミナルケア
 トップ > リハビリ> リハビリテーションとは何か:様々な分野にまたがって身体の状態を元に回復させるための援助を行う サイトマップ
介護の準備と心構え

 ・介護始める時の態勢づくり
 ・介護生活プランの立案方法
 ・介護人自身の健康管理
◆お年寄りに対する理解◆
 ・『身体』『心理』への理解
◆『寝たきり』を予防する方法◆
 ・寝たきりのきっかけ
 ・『寝たまま』状態の悪影響
 ・寝たきりを予防する要件

介護の環境作り

 ・住まいの危険な場所の点検
◆介護に適した住環境の改造◆
 @照明方法 A移動の工夫
 Bお風呂場 Cトイレ
 D寝床    E臭いの対策法
各季節ごとの注意点と工夫◆
 @春季A夏季B秋季C冬季

食事の介助と工夫

 ・栄養バランスの考え方
 ・献立の作り方
 ・調理方法の工夫
 @脱水の予防A便秘の予防
 B塩分摂取を控えるコツ
 C食欲不振』の場合の工夫
 D嚥下困難』の場合の工夫
◆正しく食事をとる方法◆
 ・正しい食事の姿勢
 ・自助具を使用しての食事
 ・寝たままでの食事の介助法
 ・薬剤を使う際の注意点
 ・健康の記録の記入方法

排泄の介助と自立

◆排泄をしやすくする工夫◆
 ・トイレを使いやすくする工夫
 ・排泄で介助が必要な場合
 ・便器(腰上げ)の使用法
 ・便器(腰上げできない場合)
◆介護での排泄の補助器具◆
 @衣服・下着     A尿器
 Bポータブルトイレ Cオムツ
◆排泄トラブルと予防法◆
 @失禁 A便秘 B下痢

睡眠の介助と工夫

◆快眠のための寝具選び◆
 ・快眠の寝具選びの4ポイント
 ・ベッド周辺の整備
 ・布団(フトン)の活用法
 ・寝床シーツの扱い方
 ・着脱の楽な寝巻(パジャマ)
◆睡眠時のトラブル予防◆
 ・長時間寝込む場合の注意点
 ・寝返り(体位の変換)の介助

清潔保持の介助

◆清潔保持の介助と注意点◆
 ・入浴介助の方法と注意点
部分浴の介助@手浴 A足浴
 ・清拭方法(入浴できない)
 ・洗髪介助 ・洗面・洗顔介助
口腔の清潔保持の介助法
 @歯磨き A入れ歯
 ・スキンケアとかゆみの悩み
◆清潔保持に活用できる衣服◆
 @扱いやすい衣類
 A下着と寝巻(パジャマ)

床ズレ予防の介助

 ・主な原因 ・主な症状と経過
◆床ズレ予防法や対処法◆
 ・床ズレ発症の予防・対処法
 ・床ズレ全般の対処法

移動と動作の介助

 ・安全で無理のない移動介助
 ・寝たまま位置移動の介助
 ・上体(上半身)起こし介助法
 ・ベッドからイスの移動の介助
 ・イスから立ち上がるの介助
 ・車イス介助法と注意点

リハビリの介助

リハビリテーションのポイント
介護での関節拘縮の予防法
 @手と腕と肩 A
◆自力でできるリハビリ◆
寝たままでできるリハビリ・運動
 @上半身 A下半身
座ってできるリハビリ・運動
 @腕・肩、足 A前と横へ
 ・安全な歩き方の練習・介助
 ・言語・聴覚障害がある場合

痴呆症状の介助

 ・痴呆症状の介護とは
 @介護の仕方と注意点
 A痴呆と老化の違いと原因
 Bの主な症状
 C予防する生活のポイント
 D痴呆症状との付き合い方

ターミナルケア(終末期の介護)

 ・ターミナルケアとは
 ・ターミナルケアは在宅か病院か
◆介護者が知るべき応急手当◆
 ・容態の見方(緊急時の手当)

介護でのリハビリテーションとは何か:分野にまたがって身体の状態を元に回復させるための援助を行う

◇介護でのリハビリテーションの方法と工夫

リハビリテーション(英語:rehabilitation)

 文化的に社会生活を送るという点で、身体の不自由な方を、可能な限り元の状態に回復させるためのすべてのことを『リハビリテーション』と言います。ようするにリハビリテーションには、医学的な面だけでなく、社会的(教育的、職業的など)な側面も含有されております。障害を持つ方の能力を最大限に引き出して、社会生活へ再出発させることが重要な目的なのです。
 このようなことに加えて、在宅リハビリテーションとは、障害者が獲得した能力を維持して、家庭内での役割を持ちながら、生きがいのある生活を送ることを目標としております。

  • 「リハビリテーション(やや学術的な内容)」に関しての補足:障害者福祉の領域で用いられるリハビリテーションとは、障害者の「全人間的復権」を目指して、障害のある人へ具体的な援助を行うことにあります。援助における観点の取り方の違いにより、医学的リハビリテーション、職業リハビリテーション、社会リハビリテーション、教育リハビリテーションなどに分類されており、身体障害者福祉法、知的障害者福祉法、精神障害者福祉法をはじめとする関連各法により公的に行われております。

 リハビリテーションの対象となるのは、脳卒中(ノウソッチュウ)などで手足に麻痺(マヒ)症状のある人、視聴覚障害や言語障害のある人、精神的に問題がある人などですね。これに加えて、麻痺(マヒ)がなくても、お年寄り(被介護者)などが寝たままでいると、関節が固まったり、筋肉が縮んだりして、身体を動かそうと思っても動かせなくなってしまいます。
 このようなことにならないためのリハビリテーション(拘縮の予防)も重要でしょう。病気で体力的に問題のあるお年寄り(被介護者)も、リハビリテーションの対象となるでしょう。

 【参考】『寝たまま』状態の問題点・悪影響(廃用症候群の悪影響など)

  • 「脳血管障害(脳卒中)」に関しての補足:脳血管病変を原因とする疾患を脳血管障害(脳卒中)と総称します。脳梗塞(脳血栓・脳塞栓)と脳出血(脳内出血・クモ膜下出血)に大別されます。脳梗塞は脳の血管が血栓(ケッセン)により閉塞されて、その血管に栄養されていた脳組織が壊死(エシ)に陥るものである。脳の血管で血栓(ケッセン)が生じる『脳血栓』と、他の部位で形成された血栓が形成された血栓が血流にのって脳血管に運ばれて閉塞を生じる『脳塞栓』があります。また、脳出血は、動脈瘤、高血圧などにより脳血管が破綻して生じるものであり、出血部位によりクモ膜下出血、脳内出血に分けられます。
    【参考】リハビリの実際:脳卒中の患者さんのケース:リハビリが実際にどのように勧められるのかの様子
  • 「拘縮(コウシュク)」に関しての補足:『拘縮(コウシュク)』とは、運動器官である関節が、長期間にわたる安静・固定などによる、皮膚(ヒフ)や筋(スジ)、靱帯(ジンタイ)など関節自体以外の軟部組織の変化によって、関節の正常な可動域(各関節が運動を行なう際に正常に動かすことができる範囲)が制限されている状態を指します。
    拘縮には、曲がったままの状態の「屈曲拘縮」と、伸ばしたままの状態の「伸展拘縮」があります。長期間にわたって関節を動かさないでいると、関節の拘縮(コウシュク)をきたして、可動域が制限されてきます。
    特に『廃用症候群』による関節拘縮から歩行困難となり、ついで寝たきりになることもすくなくありません。これに加えて、運動麻痺(ウンドウ・マヒ)があると筋肉を動かすことがなくなり、結果として関節拘縮を招くことにもなりますから注意が必要です。そして、拘縮をきたした場合、温熱療法による局所的に熱を加えることで、血流を増加させ、拘縮した組織を柔らかくし、疼痛を和らげて、効果的です。
    【廃用症候群】廃用症候群とは、長期間の安静状態を継続して、身体の機能を部分的に使わない状態が続いたりした結果による機能低下の総称です。このような機能低下は、運動機能だけではなく、内臓の機能や精神機能など全身の機能に及びます。筋萎縮、骨萎縮、関節拘縮、起立性低血圧、褥瘡(「床ズレ」のこと)、尿路結石などの症状があります。これらの機能低下は、原因となっている疾患による機能低下や形態の変化と区別するために、二次的障害と呼ばれております。必要以上の寝たきりでの安静は廃用症候群を招き、全身症状の悪化、合併症の併発といった悪循環を起こし易いため注意が必要です。起立性低血圧、褥瘡(「床ズレ」のこと)などの末梢循環障害や筋萎縮、関節萎縮などの運動器官障害では、看護師や理学療法士、介護福祉士などが中心になって、その予防や改善に取り組むことが最善でしょう。


≫次のページ「医学的・社会的リハビリテーションについて:身体機能の維持や社会活動の中での有意義な暮らしを可能にさせる」へ

 


同じカテゴリ「リハビリ」のページ
リハビリテーションのポイント
 @高齢者のリハビリテーションの特徴
 A介護でのリハビリテーションとは何か
 B医学的・社会的リハビリテーション
   【参考】リハビリの実際:脳卒中の患者
   【参考】リハビリ成功のポイント
リハビリテーションでの入浴法
介護での関節拘縮の予防法
 @手と腕と肩の拘縮の予防法
 A足の拘縮の予防法
◆お年寄りが自力でできるリハビリテーション◆
寝たままでできるリハビリ・運動
 @上半身(頭・首、腕・肩)の運動
 A下半身(足、腰)の運動
自力での上体起こしのリハビリ・運動
 @仰向け体勢から上体起こし
 A横向き体勢から上体起こし
 Bベッドの柵・道具を利用して上体起こし
自力での寝床(ネドコ)からイスへの移動
 @ベッドからイスへ移動する方法
 A布団(フトン)からイスへ移動する方法
座ってできるリハビリ・運動
 @腕・肩、足のリハビリ・運動
 A前と横への移動のリハビリ・運動
立ち上がるリハビリ・運動
 @前開きの衣服の着脱方法
 Aかぶり式の衣服の着脱方法
 Bズボンや靴下を履く方法

安全な歩き方の練習・介助法
 @歩行介助の方法(片麻痺がある場合)
 A歩行器の種類と使用上の注意点
 B杖を使って歩くときの介助法・注意点
   【参考】杖を使っての歩き方(三点確保)
 C歩きにくい場所での歩行方法
 D歩きにくい場所での杖の歩行方法

言語や聴覚に障害がある場合
 @失語症(言語障害)の介助法
 A構音障害(言語障害)の方の介助法
このカテゴリでよくある質問
 ・


◆当サイトの見方◆
関心のある分野を上のカテゴリメニューから選び、各カテゴリのトップページにいって関心のある情報を探してください。
同じカテゴリで他のページも見たければ、下部にあるページ紹介から探してみてください。
左メニューは、各カテゴリのトップページと主なページを載せてありますので、関心のあるページを見てみてください。
◆著者紹介◆
介護経験10年以上の介護福祉士・介護支援専門員(ケアマネジャー)4人が中心となり作成・管理・運営しています。
他に看護師や医師にもアドバイスを頂きながら作成しております。
介護る.com
介護
kaigol.com

本サイトのご利用について 参照文献・論文・サイト一覧
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・