介護.com
他カテゴリ→ 準備/心構え 環境作り 食事介助 排泄介助 睡眠介助 清潔介助 床ズレ対策 移動介助 痴呆介助 ターミナルケア
 トップ > リハビリ> リハビリテーションのポイント:あせらず着実に、生活の中でできることから少しずつ行っていく サイトマップ
介護の準備と心構え

 ・介護始める時の態勢づくり
 ・介護生活プランの立案方法
 ・介護人自身の健康管理
◆お年寄りに対する理解◆
 ・『身体』『心理』への理解
◆『寝たきり』を予防する方法◆
 ・寝たきりのきっかけ
 ・『寝たまま』状態の悪影響
 ・寝たきりを予防する要件

介護の環境作り

 ・住まいの危険な場所の点検
◆介護に適した住環境の改造◆
 @照明方法 A移動の工夫
 Bお風呂場 Cトイレ
 D寝床    E臭いの対策法
各季節ごとの注意点と工夫◆
 @春季A夏季B秋季C冬季

食事の介助と工夫

 ・栄養バランスの考え方
 ・献立の作り方
 ・調理方法の工夫
 @脱水の予防A便秘の予防
 B塩分摂取を控えるコツ
 C食欲不振』の場合の工夫
 D嚥下困難』の場合の工夫
◆正しく食事をとる方法◆
 ・正しい食事の姿勢
 ・自助具を使用しての食事
 ・寝たままでの食事の介助法
 ・薬剤を使う際の注意点
 ・健康の記録の記入方法

排泄の介助と自立

◆排泄をしやすくする工夫◆
 ・トイレを使いやすくする工夫
 ・排泄で介助が必要な場合
 ・便器(腰上げ)の使用法
 ・便器(腰上げできない場合)
◆介護での排泄の補助器具◆
 @衣服・下着     A尿器
 Bポータブルトイレ Cオムツ
◆排泄トラブルと予防法◆
 @失禁 A便秘 B下痢

睡眠の介助と工夫

◆快眠のための寝具選び◆
 ・快眠の寝具選びの4ポイント
 ・ベッド周辺の整備
 ・布団(フトン)の活用法
 ・寝床シーツの扱い方
 ・着脱の楽な寝巻(パジャマ)
◆睡眠時のトラブル予防◆
 ・長時間寝込む場合の注意点
 ・寝返り(体位の変換)の介助

清潔保持の介助

◆清潔保持の介助と注意点◆
 ・入浴介助の方法と注意点
部分浴の介助@手浴 A足浴
 ・清拭方法(入浴できない)
 ・洗髪介助 ・洗面・洗顔介助
口腔の清潔保持の介助法
 @歯磨き A入れ歯
 ・スキンケアとかゆみの悩み
◆清潔保持に活用できる衣服◆
 @扱いやすい衣類
 A下着と寝巻(パジャマ)

床ズレ予防の介助

 ・主な原因 ・主な症状と経過
◆床ズレ予防法や対処法◆
 ・床ズレ発症の予防・対処法
 ・床ズレ全般の対処法

移動と動作の介助

 ・安全で無理のない移動介助
 ・寝たまま位置移動の介助
 ・上体(上半身)起こし介助法
 ・ベッドからイスの移動の介助
 ・イスから立ち上がるの介助
 ・車イス介助法と注意点

リハビリの介助

リハビリテーションのポイント
介護での関節拘縮の予防法
 @手と腕と肩 A
◆自力でできるリハビリ◆
寝たままでできるリハビリ・運動
 @上半身 A下半身
座ってできるリハビリ・運動
 @腕・肩、足 A前と横へ
 ・安全な歩き方の練習・介助
 ・言語・聴覚障害がある場合

痴呆症状の介助

 ・痴呆症状の介護とは
 @介護の仕方と注意点
 A痴呆と老化の違いと原因
 Bの主な症状
 C予防する生活のポイント
 D痴呆症状との付き合い方

ターミナルケア(終末期の介護)

 ・ターミナルケアとは
 ・ターミナルケアは在宅か病院か
◆介護者が知るべき応急手当◆
 ・容態の見方(緊急時の手当)

リハビリテーションのポイント:あせらず着実に、生活の中でできることから少しずつ行っていく

◇介護でのリハビリテーションの方法と工夫

リハビリテーション

 リハビリテーション介護において、できる限り元の生活に近づくということは、介護する側、介護される側双方の希望でしょう。しかしながら、実際には、リハビリテーションの効果には個人差がある上に、症状もさまざまで、なかなか思うようには回復しないこともあります。介護をする側が一生懸命になりすぎて、お年寄り(被介護者)をあせらせたり、ちっとも良くならないと落胆させたりしていては、何にもならないのです。動けなくて辛いのはお年寄り(被介護者)自身であるということを忘れないようにしましょう。リハビリテーションは一歩一歩目標を立てて、段階的に進めていくのがコツです。

生活の中でのリハビリテーション

 被介護者(お年寄り)が起き上がれるようになったら、自分でできる日常の動作は自分でできるように習慣づけることは重要なことです。
 つまり、室内での歩行や用便、洗顔、服の着替えなどは、たとえ時間がかかってもお年寄り自身でするようにして、家族は手を貸さずに見守りたいものですね。それがポジティブな方向に作用して、お年寄りが人生に対して積極的な気持ちになっていけば、活動範囲を広げてさまざまなことに挑戦できるようになるでしょう。残された機能を最大限に活かして、趣味などもおおいに楽しみましょう。
 病人扱いして何でもかんでも手助けをしたり、ハラハラ心配するばかりでは、回復のチャンスを逃します。このようなことを考慮すると、お年寄り(被介護者)が自分の力で暮らすという自信と自立心が、リハビリテーションの次のステップへの準備となるのです。

 

コミュニケーションを大事に

 お年寄り(被介護者)がリハビリテーションに意欲を持てず、積極的に参加しない場合には、その原因について考えてみることが大事です。どうせリハビリテーションなどしても良くはならないと消極的に考えていたり、孤独な状態におかれてはいないでしょうか。
 リハビリテーションセンターなどでは他のお年寄り(被介護者)と出会い、触発されることもあります。これに加えて、家族のはげましは、精神的な支えとなることが大きいでしょう。本人と、ご家族、担当の専門医や理学療法士作業療法士言語療法士保健師などとの気持ちのやり取りが、リハビリテーションを進める上で、実はもっとも重要なことなのです。

  • 「理学療法士(リガクリョウホウシ)」に関しての補足:理学療法士とは、理学療法を、医師の指示に基づき行う専門職のことです。「理学療法士および作業療法士」に基づく国家試験に合格し、厚生労働大臣より免許を受けた者を言います。理学療法士は「PT(physical therapist)とも呼ばれます。ちなみに、「理学療法」とは、身体に障害のある者に対して、主としてその基本的動作能力の回復を図るために、各種の運動、治療体操などを行ったり(運動療法)、電気刺激、マッサージ療法、温熱療法などの物理的手段(物理療法)を加えて行う療法のことです。
  • 「作業療法士(サギョウリョウホウシ)」に関しての補足:作業療法士は、作業療法を、医師の指示に基づき行う専門職のことです。「理学療法士および作業療法士」に基づく国家試験に合格し、厚生労働大臣より免許を受けた者を言います。高齢化、住宅ケアの推進などに伴って、介護福祉士や社会福祉士などの社会福祉専門職と協同することも多いです。作業療法士は「OT(occupational therapist)とも呼ばれます。ちなみに、「作業療法」とは、元来、精神科の患者さんの精神療法の技法として用いられており、作業を通した教育訓練によって心身障害者の社会的自立の能力を高めていく技法です。つまり、身体あるいは精神に障害のある方に対して行う療法であり、応用的動作能力や社会的適応能力の回復を図るため機能的作業訓練(関節可動域、筋力など)、日常生活動作(ADL)訓練、義手の操作訓練、自助具・装具の装着、心理的作業療法などがあります。


≫次のページ「高齢者のリハビリテーションの特徴・注意点:お年寄りと家族の間の意識のズレが生じやすい」へ

 


同じカテゴリ「リハビリ」のページ
リハビリテーションのポイント
 @高齢者のリハビリテーションの特徴
 A介護でのリハビリテーションとは何か
 B医学的・社会的リハビリテーション
   【参考】リハビリの実際:脳卒中の患者
   【参考】リハビリ成功のポイント
リハビリテーションでの入浴法
介護での関節拘縮の予防法
 @手と腕と肩の拘縮の予防法
 A足の拘縮の予防法
◆お年寄りが自力でできるリハビリテーション◆
寝たままでできるリハビリ・運動
 @上半身(頭・首、腕・肩)の運動
 A下半身(足、腰)の運動
自力での上体起こしのリハビリ・運動
 @仰向け体勢から上体起こし
 A横向き体勢から上体起こし
 Bベッドの柵・道具を利用して上体起こし
自力での寝床(ネドコ)からイスへの移動
 @ベッドからイスへ移動する方法
 A布団(フトン)からイスへ移動する方法
座ってできるリハビリ・運動
 @腕・肩、足のリハビリ・運動
 A前と横への移動のリハビリ・運動
立ち上がるリハビリ・運動
 @前開きの衣服の着脱方法
 Aかぶり式の衣服の着脱方法
 Bズボンや靴下を履く方法

安全な歩き方の練習・介助法
 @歩行介助の方法(片麻痺がある場合)
 A歩行器の種類と使用上の注意点
 B杖を使って歩くときの介助法・注意点
   【参考】杖を使っての歩き方(三点確保)
 C歩きにくい場所での歩行方法
 D歩きにくい場所での杖の歩行方法

言語や聴覚に障害がある場合
 @失語症(言語障害)の介助法
 A構音障害(言語障害)の方の介助法
このカテゴリでよくある質問
 ・


◆当サイトの見方◆
関心のある分野を上のカテゴリメニューから選び、各カテゴリのトップページにいって関心のある情報を探してください。
同じカテゴリで他のページも見たければ、下部にあるページ紹介から探してみてください。
左メニューは、各カテゴリのトップページと主なページを載せてありますので、関心のあるページを見てみてください。
◆著者紹介◆
介護経験10年以上の介護福祉士・介護支援専門員(ケアマネジャー)4人が中心となり作成・管理・運営しています。
他に看護師や医師にもアドバイスを頂きながら作成しております。
介護る.com
介護
kaigol.com

本サイトのご利用について 参照文献・論文・サイト一覧
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・