介護.com
各カテゴリ→ 準備/心構え 環境作り 食事介助 排泄介助 睡眠介助 清潔介助 床ズレ対策 移動介助 リハビリ介助 痴呆介助
 トップ  > 参考文献・論文・サイト一覧 サイトマップ
介護の準備と心構え

 ・介護始める時の態勢づくり
 ・介護生活プランの立案方法
 ・介護人自身の健康管理
◆お年寄りに対する理解◆
 ・『身体』『心理』への理解
◆『寝たきり』を予防する方法◆
 ・寝たきりのきっかけ
 ・『寝たまま』状態の悪影響
 ・寝たきりを予防する要件

介護の環境作り

 ・住まいの危険な場所の点検
◆介護に適した住環境の改造◆
 @照明方法 A移動の工夫
 Bお風呂場 Cトイレ
 D寝床    E臭いの対策法
各季節ごとの注意点と工夫◆
 @春季A夏季B秋季C冬季

食事の介助と工夫

 ・栄養バランスの考え方
 ・献立の作り方
 ・調理方法の工夫
 @脱水の予防A便秘の予防
 B塩分摂取を控えるコツ
 C食欲不振』の場合の工夫
 D嚥下困難』の場合の工夫
◆正しく食事をとる方法◆
 ・正しい食事の姿勢
 ・自助具を使用しての食事
 ・寝たままでの食事の介助法
 ・薬剤を使う際の注意点
 ・健康の記録の記入方法

排泄の介助と自立

◆排泄をしやすくする工夫◆
 ・トイレを使いやすくする工夫
 ・排泄で介助が必要な場合
 ・便器(腰上げ)の使用法
 ・便器(腰上げできない場合)
◆介護での排泄の補助器具◆
 @衣服・下着     A尿器
 Bポータブルトイレ Cオムツ
◆排泄トラブルと予防法◆
 @失禁 A便秘 B下痢

睡眠の介助と工夫

◆快眠のための寝具選び◆
 ・快眠の寝具選びの4ポイント
 ・ベッド周辺の整備
 ・布団(フトン)の活用法
 ・寝床シーツの扱い方
 ・着脱の楽な寝巻(パジャマ)
◆睡眠時のトラブル予防◆
 ・長時間寝込む場合の注意点
 ・寝返り(体位の変換)の介助

清潔保持の介助

◆清潔保持の介助と注意点◆
 ・入浴介助の方法と注意点
部分浴の介助@手浴 A足浴
 ・清拭方法(入浴できない)
 ・洗髪介助 ・洗面・洗顔介助
口腔の清潔保持の介助法
 @歯磨き A入れ歯
 ・スキンケアとかゆみの悩み
◆清潔保持に活用できる衣服◆
 @扱いやすい衣類
 A下着と寝巻(パジャマ)

床ズレ予防の介助

 ・主な原因 ・主な症状と経過
◆床ズレ予防法や対処法◆
 ・床ズレ発症の予防・対処法
 ・床ズレ全般の対処法

移動と動作の介助

 ・安全で無理のない移動介助
 ・寝たまま位置移動の介助
 ・上体(上半身)起こし介助法
 ・ベッドからイスの移動の介助
 ・イスから立ち上がるの介助
 ・車イス介助法と注意点

リハビリの介助

リハビリテーションのポイント
介護での関節拘縮の予防法
 @手と腕と肩 A
◆自力でできるリハビリ◆
寝たままでできるリハビリ・運動
 @上半身 A下半身
座ってできるリハビリ・運動
 @腕・肩、足 A前と横へ
 ・安全な歩き方の練習・介助
 ・言語・聴覚障害がある場合

痴呆症状の介助

 ・痴呆症状の介護とは
 @介護の仕方と注意点
 A痴呆と老化の違いと原因
 Bの主な症状
 C予防する生活のポイント
 D痴呆症状との付き合い方

ターミナルケア(終末期の介護)

 ・ターミナルケアとは
 ・ターミナルケアは在宅か病院か
◆介護者が知るべき応急手当◆
 ・容態の見方(緊急時の手当)

参考文献・論文・サイト一覧

 

 整形外科全般・文献

  • 中村 利孝ほか『標準整形外科学』医学書院、2011年
  • 中村 耕三ほか『整形外科クルズス』南江堂、2003年
  • 越智 隆弘『骨・軟部腫瘍』金原出版、2005年
  • 高橋 正明『STEP整形外科』鍬谷書店、2009年
  • 森岡 秀夫『骨・軟部腫瘍および骨系統・代謝性疾患 』羊土社、2009年
  • 大塚隆信『骨・軟部腫瘍臨床・画像・病理』診断と治療社、2010年
  • 千葉 一裕ほか『脊椎・脊髄』羊土社、2008年
  • 松本 秀男ほか『下肢』羊土社、2008年
  • 池上 博泰『上肢』羊土社、2011年
  • 『整形外科卒後研修Q&A』南江堂、2011年
  • 『腰部脊柱管狭窄症診療ガイドライン』南江堂、2011年
  • 『骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン』ライフ・サイエンス出版、2011年
  • 『腰椎椎間板ヘルニア診療ガイドライン』南江堂、2011年
  • 『骨・関節術後感染予防ガイドライン』南江堂、2006年
  • 『外傷初期診療ガイドライン』へるす出版、2008年
  • 木村 友厚『リウマチ診療の要点と盲点』文光堂、2011年
  • 岩本 幸英『整形外科手術の要点と盲点』文光堂、2011年
  • 藤井 敏男『小児整形外科の要点と盲点』文光堂、2009年
  • 亀ヶ谷 真琴ほか『こどもの整形外科疾患の診かた―診断・治療から患者家族への説明まで』医学書院、2011年
  • 『小児整形外科テキスト』メジカルビュー社、2004年

 診断検査関連・文献

  • 百島 祐貴『画像診断コンパクトナビ』医学教育出版社、2009年
  • 宮城 征四郎『身体所見からの臨床診断』羊土社、2009年
  • 野口 善令『診断に直結する検査の選び方、活かし方』羊土社、2010年
  • 福原 俊一『誰も教えてくれなかった診断学―患者の言葉から診断仮説をどう作るか』医学書院、2008年

 その他・文献

  • 江口 弘芳『STEP 眼科』海馬書房、2011年
  • 高橋 茂樹『STEP内科〈6〉消化器・膠原病』海馬書房、2006年
  • 高橋 茂樹『内科〈3〉代謝・内分泌 』海馬書房、2011年
  • 高野 義人『STEP 麻酔科』海馬書房、2008年
  • 梅村敏『STEP内科〈5〉循環器』海馬書房、2006年
  • 武田 武夫, 畑江 芳郎『STEP 小児科』海馬書房、2009年
  • 可世木 久幸『STEP産婦人科〈1〉婦人科』海馬書房、2004年
  • 高橋 茂樹『STEP内科〈3〉代謝・内分泌』海馬書房、2011年
  • 高橋 茂樹『STEP内科〈4〉腎・呼吸器』海馬書房、2005年
  • 高橋 茂樹『STEP 耳鼻咽喉科』海馬書房、2008年
  • 久保 武『耳鼻咽喉科学』金芳堂、2004年
  • 森満 保『イラスト耳鼻咽喉科』文光堂、2004年
  • 鈴木 淳一『標準耳鼻咽喉科・頭頚部外科学』医学書院、1997年
  • 小松崎 篤『耳鼻咽喉・頭頚部手術アトラス』医学書院、1999年
  • 野村 恭也『新耳鼻咽喉科学』南山堂、2004年
  • 菊地 浩吉『医科免疫学』南江堂、2008年
  • 伊藤 隆『解剖学講義』南山堂、2001年
  • 坂井 建雄、河原 克雅『カラー図解人体の正常構造と機能』日本医事新報社、2008年
  • 鹿取 信『標準薬理学』医学書院、2001年
  • 日比 紀文『炎症性腸疾患』医学書院、2010年
  • 日比紀文『炎症性腸疾患を日常診療で診る―IBDとは?その診断と患者にあわせた治療』羊土社、2010年
  • 高橋 寛『知っておきたい消化管疾患70』日本医事新報社、2006年
  • 荒木 力『腹部CT診断120ステップ』中外医学社、2002年
  • 医療情報科学研究所『病気がみえる vol.6―Medical Disease:An Illustrated Reference』メディックメディア、2009年
  • アレルギー疾患ガイド編集委員会『アレルギー疾患ガイド―発症から予防・治療まで』中央法規出版、2006年
  • 今野 昭義『最新医学別冊 新しい診断と治療のABC 12/免疫2 アレルギー性鼻炎』最新医学社、2011年
  • 岡田 正人『レジデントのためのアレルギー疾患診療マニュアル』医学書院、2006年
  • 砂川慶介、尾内一信『小児感染症治療ハンドブック』診断と治療社、2008年
  • 小児呼吸器感染症診療ガイドライン作成委員『小児呼吸器感染症診療ガイドライン』協和企画、2011年
  • 日本小児アレルギー学会『小児アレルギー疾患総合ガイドライン』協和企画、2011年
  • 福岡地区小児科医会乳幼児保健委員会『乳幼児健診マニュアル』医学書院、2011年
  • 日本小児アレルギー学会『小児気管支喘息治療・管理ハンドブック』協和企画、2010年
  • 五十嵐 隆『新 小児薬用量』診断と治療社、2009年
  • 高久 史麿、矢崎 義雄『治療薬マニュアル』医学書院、2011年
  • 泉 孝英『ガイドライン外来診療』日経メディカル開発、2011年
  • 山口 徹『今日の治療指針―私はこう治療している』医学書院、2011年
  • 五十嵐 隆『症状別 検査の選び方・進め方』中山書店、2011年
  • 五十嵐 隆『小児慢性疾患のサポート』中山書店、2011年
  • ジャネットE.サウスーポール、サミュエルC.マセニー、エブリンL.ルイス『家庭医療の技術 ―ファミリーフィジシャン養成講座』日経BP社、2011年
  • 岡田 正人『レジデントのためのアレルギー疾患診療マニュアル』医学書院、2006年

 当サイトの作成にあたって、参考にした文献や論文、サイトなどは、このページに随時追加・更新していきます。

 


 
 
 


◆当サイトの見方◆
関心のある分野を上のカテゴリメニューから選び、各カテゴリのトップページにいって関心のある情報を探してください。
同じカテゴリで他のページも見たければ、下部にあるページ紹介から探してみてください。
左メニューは、各カテゴリのトップページと主なページを載せてありますので、関心のあるページを見てみてください。
◆著者紹介◆
介護経験10年以上の介護福祉士・介護支援専門員(ケアマネジャー)4人が中心となり作成・管理・運営しています。
他に看護師や医師にもアドバイスを頂きながら作成しております。
介護る.com
介護
kaigol.com

本サイトのご利用について 参照文献・論文・サイト一覧
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・