介護.com
他カテゴリ→ 準備/心構え 食事介助 排泄介助 睡眠介助 清潔介助 床ズレ対策 移動介助 リハビリ介助 痴呆介助 ターミナルケア
 トップ > 環境づくり> 様々な移動方法に合わせた環境整備:移動に不自由を強いられる人に合わせて生活環境を整備 サイトマップ
介護の準備と心構え

 ・介護始める時の態勢づくり
 ・介護生活プランの立案方法
 ・介護人自身の健康管理
◆お年寄りに対する理解◆
 ・『身体』『心理』への理解
◆『寝たきり』を予防する方法◆
 ・寝たきりのきっかけ
 ・『寝たまま』状態の悪影響
 ・寝たきりを予防する要件

介護の環境作り

 ・住まいの危険な場所の点検
◆介護に適した住環境の改造◆
 @照明方法 A移動の工夫
 Bお風呂場 Cトイレ
 D寝床    E臭いの対策法
各季節ごとの注意点と工夫◆
 @春季A夏季B秋季C冬季

食事の介助と工夫

 ・栄養バランスの考え方
 ・献立の作り方
 ・調理方法の工夫
 @脱水の予防A便秘の予防
 B塩分摂取を控えるコツ
 C食欲不振』の場合の工夫
 D嚥下困難』の場合の工夫
◆正しく食事をとる方法◆
 ・正しい食事の姿勢
 ・自助具を使用しての食事
 ・寝たままでの食事の介助法
 ・薬剤を使う際の注意点
 ・健康の記録の記入方法

排泄の介助と自立

◆排泄をしやすくする工夫◆
 ・トイレを使いやすくする工夫
 ・排泄で介助が必要な場合
 ・便器(腰上げ)の使用法
 ・便器(腰上げできない場合)
◆介護での排泄の補助器具◆
 @衣服・下着     A尿器
 Bポータブルトイレ Cオムツ
◆排泄トラブルと予防法◆
 @失禁 A便秘 B下痢

睡眠の介助と工夫

◆快眠のための寝具選び◆
 ・快眠の寝具選びの4ポイント
 ・ベッド周辺の整備
 ・布団(フトン)の活用法
 ・寝床シーツの扱い方
 ・着脱の楽な寝巻(パジャマ)
◆睡眠時のトラブル予防◆
 ・長時間寝込む場合の注意点
 ・寝返り(体位の変換)の介助

清潔保持の介助

◆清潔保持の介助と注意点◆
 ・入浴介助の方法と注意点
部分浴の介助@手浴 A足浴
 ・清拭方法(入浴できない)
 ・洗髪介助 ・洗面・洗顔介助
口腔の清潔保持の介助法
 @歯磨き A入れ歯
 ・スキンケアとかゆみの悩み
◆清潔保持に活用できる衣服◆
 @扱いやすい衣類
 A下着と寝巻(パジャマ)

床ズレ予防の介助

 ・主な原因 ・主な症状と経過
◆床ズレ予防法や対処法◆
 ・床ズレ発症の予防・対処法
 ・床ズレ全般の対処法

移動と動作の介助

 ・安全で無理のない移動介助
 ・寝たまま位置移動の介助
 ・上体(上半身)起こし介助法
 ・ベッドからイスの移動の介助
 ・イスから立ち上がるの介助
 ・車イス介助法と注意点

リハビリの介助

リハビリテーションのポイント
介護での関節拘縮の予防法
 @手と腕と肩 A
◆自力でできるリハビリ◆
寝たままでできるリハビリ・運動
 @上半身 A下半身
座ってできるリハビリ・運動
 @腕・肩、足 A前と横へ
 ・安全な歩き方の練習・介助
 ・言語・聴覚障害がある場合

痴呆症状の介助

 ・痴呆症状の介護とは
 @介護の仕方と注意点
 A痴呆と老化の違いと原因
 Bの主な症状
 C予防する生活のポイント
 D痴呆症状との付き合い方

ターミナルケア(終末期の介護)

 ・ターミナルケアとは
 ・ターミナルケアは在宅か病院か
◆介護者が知るべき応急手当◆
 ・容態の見方(緊急時の手当)

様々な移動方法に合わせた環境整備:移動に不自由を強いられる人に合わせて生活環境を整備

◇介護生活に適した住環境づくりの方法と工夫

 

 お年寄り(被介護者)に適した移動方法が見つかったのなら、可能な限りそれに合わせて、周囲の環境などを整えていくことを忘れてはいけません。移動方法に合わせて、下記のような点に注意して整備してみましょう。

  1. ほふく移動の場合には

    お年寄り(被介護者)の移動方法が、主に「ほふく移動」の場合には、床暖房にしたり、障害物をなくすようにして、室内や通路に不用なものを置かないようにします。
       ホフク移動
  1. つたい歩きの場合には

    お年寄り(被介護者)の移動方法が、主に「つたい歩き」の場合には、移動しやすいように手すりをつけます。家具は、もたれても大丈夫なように固定してください。そして、家具の上にものを高く積み上げるのは、危険なのでやめるようにしましょう。
       つたい歩き
  1. 杖を使用する場合には

    お年寄り(被介護者)の移動方法が、「杖を使用して歩く」場合には、気がねなく歩き回れるように、音の響かないコルク床材などにすると良いでしょう。つまずく原因になりそうなものは片付けるようにしましょう。介護での杖の有効な活用法や注意点などは、当サイトの別ページで詳しく説明させていただきますので、そちらをご参照ください。

    【参考】杖を使って歩くときの介助法・注意点:障害の程度に合わせて道具を
     
    • 「介護で使用する『杖(ツエ)』」に関しての補足:身体、特に下肢(カシ)の運動機能の低下を補うために使用される用具の一つです。骨折や腱(ケン)の切断など受傷による一時的なものから、脳血管疾患による半身の麻痺(マヒ)、もしくは慢性関節リウマチのような慢性的な関節の炎症のために、日常生活の中での移動で必要となる福祉用具の範囲まで、広く用いられている用具です。主に一時的な運動機能の低下に対しては、松葉杖が用いられることが多く、運動機能の状態によって基底面を広く取って安定性が高い多点杖や軽量で丈夫(ジョウブ)なタイプ(型)、もしくは上半身に体重を預けるように用いることができるように腕支持器がつけられているクラッチ型(カナディアンクラッチ、ロフストランドクラッチ)などがあります。福祉用具としての杖は、身体障害者福祉法における補装具として、あるいは介護保険法に規定される福祉用具として、給付・貸与もしくは購入することができます。
       
  1. 車椅子にのって移動する場合には

    お年寄り(被介護者)の移動方法が、主に「車椅子による移動」の場合には、床材は木製かコルク、毛足の短いじゅうたんなどにして、きしんだり、つっかからないようにします。そして、戸は可能な限り引き戸やアコーディオンカーテンにしましょう。敷居には段差をつくらずに、間口や廊下(ロウカ)は車イスが通れるように十分広くします。ドアの場合には、操作の簡単な大き目のノブを使いやすい位置に取り付けます。これに加えて、お風呂場やトイレ、洗面台、調理台などが、車椅子でも使えるようにしてあれば、お年寄り(被介護者)の活動範囲がさらに広がります。介護での車イスの有効な活用法や注意点などは、当サイトの別ページで詳しく説明させていただきますので、そちらをご参照ください。

    【参考】介護で車イスを使いこなす介助法と注意点:正しい使い方で体に合った車イスを使用する

    • 「介護で使用する『車イス』」に関しての補足:車イスは、本来一人ひとりに合ったものを個別に選定されるべきものです。身体障害者福祉法による補装具としての車イスは医師の処方箋を必要とします。
      車イスは駆動の方式によって、電動式と手動式(マニュアル)に分類することができます。手動式はさらに、@後輪駆動型、A片手駆動式、Bリクライニング型、C手押し式(介助型)などに分類されます。
      介護従事者が車イスを使用している者に介助を行う場合、特にトランスファー、移動についての知識と技術は必要なものとなります。これに加えて、車イスを使用している者の麻痺(マヒ)の程度、変形や痛みの具合や部位などについても知っておく必要があります。例を挙げると、片麻痺の場合には健側(ケンソク:障害もしくは麻痺のない側)を軸にしながら回旋して座らせるので、ブレーキをかけた車イスを利用者の健側に、ベッドから20〜30℃の角度で斜めに置くことが基本です。また、自力でベッドから車イス、車イスからトイレに移動できる場合でも、ベッドやトイレ、車イスのそれぞれの高さが同じくらいであることが望ましく、介護従事者(あるいは在宅介護者)がその点に配慮しなければいけない場合もあります。車イス移動の場合には、たとえば急な坂を降りる時に、介護者は下りに向かって後ろ向きになり、車イスを押すような感じで足のスタンスを前後に広くとって降ります。溝や隙間のある場所では、キャスターが落ち込まないようにティッピングレバーを踏み込んで、車イスの前方を浮かせて前に進みます。段差がある場所では、ティッピングレバーを踏んでキャスターを上げて、段にキャスターを乗せてから後輪を押し上げます。
       
  1. リフトに乗って移動する場合には

    室内用のリフトに乗って移動する際には、室内用のリフトには、天井から吊り下げるもの、床面が上下するもの、階段に取り付ける昇降機など、さまざまな種類があります。お年寄り(被介護者)の状態や住宅の事情によって、それぞれのデザインがなされているので、設置する際には、専門家の意見を必ず聞いてから行うようにしましょう。

    • 「住宅改修支援事業」に関しての補足:高齢者向けに住宅改修のための相談や助言、介護保険制度の住宅改修費利用の助言を行う事業のことです。相談・助言を行うのは保健師理学療法士作業療法士などとなっております。
       リフト移動

 


同じカテゴリ「環境づくり」のページ
◆介護に適した環境作りの考え方◆
 @住まいの中の安全点検
 A床離れしやすい工夫を
 B家庭でのルールづくり
 C室温・湿度・換気は適切に
 Dお年寄りを孤立させない
 E住宅整備資金制度の活用
住まいの危険な場所の点検
 @家の中の段差を可能な限りなくす
 Aコードやマットは固定する
 B階段には滑り止めをはる
 C床など段差が下がり始めている場所に目印
 D手すりをつける
 E家の中を暗がりに明るさを
年寄りに優しい住宅改造の考え方

◆介護に適した住環境への改造方法◆
介護に優しい効果的な照明方法
 @照明の効率利用のための工夫
   【参考】目が見えにくくなる原因(病気)
家の中の移動を楽にする工夫
 @移動方法に合わせた環境整備
お風呂場の安全点検
トイレの適切な整備方法・洋式へ
寝床(ベッドとふとん)の利点比べ

臭いの対策法
 @身体を清潔に保つ習慣を
 A寝具や衣類を清潔に保つ習慣を
 Bトイレや尿器・便器などの処理

各季節ごとの介護の注意点と生活の工夫
 @春季の介護生活の注意点
 A夏季の介護生活の注意点
 B秋季の介護生活の注意点
 C冬季の介護生活の注意点
このカテゴリでよくある質問
 ・


◆当サイトの見方◆
関心のある分野を上のカテゴリメニューから選び、各カテゴリのトップページにいって関心のある情報を探してください。
同じカテゴリで他のページも見たければ、下部にあるページ紹介から探してみてください。
左メニューは、各カテゴリのトップページと主なページを載せてありますので、関心のあるページを見てみてください。
◆著者紹介◆
介護経験10年以上の介護福祉士・介護支援専門員(ケアマネジャー)4人が中心となり作成・管理・運営しています。
他に看護師や医師にもアドバイスを頂きながら作成しております。
介護る.com
介護
kaigol.com

本サイトのご利用について 参照文献・論文・サイト一覧
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・