介護.com
他カテゴリ→ 環境作り 食事介助 排泄介助 睡眠介助 清潔介助 床ズレ対策 移動介助 リハビリ介助 痴呆介助 ターミナルケア
 トップ > 準備/心構え> お年寄りの『身体』への理解:老化によって若者とは違う不自由さを理解したうえで介護を行う サイトマップ
介護の準備と心構え

 ・介護始める時の態勢づくり
 ・介護生活プランの立案方法
 ・介護人自身の健康管理
◆お年寄りに対する理解◆
 ・『身体』『心理』への理解
◆『寝たきり』を予防する方法◆
 ・寝たきりのきっかけ
 ・『寝たまま』状態の悪影響
 ・寝たきりを予防する要件

介護の環境作り

 ・住まいの危険な場所の点検
◆介護に適した住環境の改造◆
 @照明方法 A移動の工夫
 Bお風呂場 Cトイレ
 D寝床    E臭いの対策法
各季節ごとの注意点と工夫◆
 @春季A夏季B秋季C冬季

食事の介助と工夫

 ・栄養バランスの考え方
 ・献立の作り方
 ・調理方法の工夫
 @脱水の予防A便秘の予防
 B塩分摂取を控えるコツ
 C食欲不振』の場合の工夫
 D嚥下困難』の場合の工夫
◆正しく食事をとる方法◆
 ・正しい食事の姿勢
 ・自助具を使用しての食事
 ・寝たままでの食事の介助法
 ・薬剤を使う際の注意点
 ・健康の記録の記入方法

排泄の介助と自立

◆排泄をしやすくする工夫◆
 ・トイレを使いやすくする工夫
 ・排泄で介助が必要な場合
 ・便器(腰上げ)の使用法
 ・便器(腰上げできない場合)
◆介護での排泄の補助器具◆
 @衣服・下着     A尿器
 Bポータブルトイレ Cオムツ
◆排泄トラブルと予防法◆
 @失禁 A便秘 B下痢

睡眠の介助と工夫

◆快眠のための寝具選び◆
 ・快眠の寝具選びの4ポイント
 ・ベッド周辺の整備
 ・布団(フトン)の活用法
 ・寝床シーツの扱い方
 ・着脱の楽な寝巻(パジャマ)
◆睡眠時のトラブル予防◆
 ・長時間寝込む場合の注意点
 ・寝返り(体位の変換)の介助

清潔保持の介助

◆清潔保持の介助と注意点◆
 ・入浴介助の方法と注意点
部分浴の介助@手浴 A足浴
 ・清拭方法(入浴できない)
 ・洗髪介助 ・洗面・洗顔介助
口腔の清潔保持の介助法
 @歯磨き A入れ歯
 ・スキンケアとかゆみの悩み
◆清潔保持に活用できる衣服◆
 @扱いやすい衣類
 A下着と寝巻(パジャマ)

床ズレ予防の介助

 ・主な原因 ・主な症状と経過
◆床ズレ予防法や対処法◆
 ・床ズレ発症の予防・対処法
 ・床ズレ全般の対処法

移動と動作の介助

 ・安全で無理のない移動介助
 ・寝たまま位置移動の介助
 ・上体(上半身)起こし介助法
 ・ベッドからイスの移動の介助
 ・イスから立ち上がるの介助
 ・車イス介助法と注意点

リハビリの介助

リハビリテーションのポイント
介護での関節拘縮の予防法
 @手と腕と肩 A
◆自力でできるリハビリ◆
寝たままでできるリハビリ・運動
 @上半身 A下半身
座ってできるリハビリ・運動
 @腕・肩、足 A前と横へ
 ・安全な歩き方の練習・介助
 ・言語・聴覚障害がある場合

痴呆症状の介助

 ・痴呆症状の介護とは
 @介護の仕方と注意点
 A痴呆と老化の違いと原因
 Bの主な症状
 C予防する生活のポイント
 D痴呆症状との付き合い方

ターミナルケア(終末期の介護)

 ・ターミナルケアとは
 ・ターミナルケアは在宅か病院か
◆介護者が知るべき応急手当◆
 ・容態の見方(緊急時の手当)

お年寄りの『身体』への理解:老化によって若者とは違う不自由さを理解したうえで介護を行う

◇介護生活をスムーズに行うための準備と心構え

老化

身体の抵抗力が低下し病気や怪我が深刻化しやすい

 一般的に言って、加齢をしていくと、身体の機能が全般的に衰えていくということがあります。このような「老い」に対する実感は、その年齢になってみないと理解できないことですね。しかしながら、介護を効率よく、効果的にしていく上では、介護をされる側の方々がどのような状態にあるのか、を知っておくことは非常に重要なことと言えるでしょう。このようなことを考慮すると、せめて知識の上だけででも、老化がからだにどのような影響を及ぼすのかを知っておくべきだと思います。
 下記では、特に加齢によって弱体化するからだの部位にかんしてを上げておきますので、それぞれの特徴を理解した上で、配慮して介護を行うようにしましょう。

  1. 内蔵機能が弱まる

    加齢によって特徴的な点は、呼吸器(コキュウキ)、循環器(ジュンカンキ)、消化器の機能が低下します。ようするに、身体全体が倦怠感(ケンタイカン)に包まれて、疲れやすくなり、病気全般への抵抗力が弱まってきて、肺炎(ハイエン)、脳梗塞(ノウコウソク)、心筋梗塞(シンキンコウソク)など、お年寄りに多い病気の原因となっていくのです。これに加えて、便秘(ベンピ)や下痢(ゲリ)などの胃腸器官系のトラブルも非常に多くなり、比較的軽い病状であっても、食生活全般にも悪影響を及ぼすことがおおくなります。
    加齢をすると、脳の細胞も萎縮(イシュク)していきますが、この現象は、そのまま知能の低下を意味するものではないことに注意が必要です。つまり、加齢によって、単純な記憶力は衰えても、判断力や想像力、想像力などは向上します。
  1. 運動機能が低下する

    加齢によって、特に低下する機能は、平衡感覚(ヘイコウカンカク)や瞬発力といった運動機能でしょう。つまり、とっさの動作ができなかったり、バランス感覚を失って、転びやすいといったこともそのためです。これに加えて、持久力や筋力なども、徐々に衰えていくために、活動力・行動力全般が低下していきます。
  1. 感覚機能が弱体化する

    まず第一に、視覚に関しては、加齢によって、老眼になるばかりでなく、目の病気にもかかりやすくなるので、半年に一回は目の検査を受けるようにしましょう。こうした視覚能力の病気に関しては、当サイトの別ページで詳しく説明させていただきますので、そちらをご参照ください。
    そして、第二に、聴覚に関してですが、高い音や声が聞こえにくくなります。しかしながら、その一方で、低い声でのひそひそ話はよく聞こえるといったことがありますから、不用意に介護においての愚痴(グチ)などや陰口などを話さないようにしましょう。
    このように、視覚や聴覚が衰えてくると、よく見えないことや聞こえないことを、自分勝手な想像で判断するといったこともあります。このようなことを考慮すると、介護を受けているお年寄りが見当違いなことを言っているなと思ったら、丁寧に説明してきちんと対応することが、その後の介護生活に大きな影響をおよぼすことは覚えておく必要があるでしょう。
    これらのほかには、嗅覚(キュウカク)味覚触覚が衰えてきます、ガス漏れや火傷(ヤケド)に気づくのが遅れてしまうこともありますから、そういった点に十分に注意してください。こうしたことは、介護者自身が介護を受ける年齢になった際に、注意すべきことでもありますので、そういった意味でもよい勉強と思って、注意するようにしてください。なお、いざと言う場合の応急手当などにかんしては、当サイトの別ページで詳しく説明させていただきますので、そちらをご参照ください。

     【参考】火傷(ヤケド)の場合の応急手当:火傷(熱傷)の広さと深さに注意

 

介護を受けているお年寄りの訴えに気づく必要がある

 前述したように、感覚機能が低下していて鈍くなっているお年寄りが、不調を訴えている場合には、一大事と言えるでしょう。だからこそ、そういった場合には、早め早めの対応を心がけて、気づいていくようにしましょう。普段から、お年寄りの状態に注意し、これに加えて、お年寄りにも自発的に異常があった場合に報告させる習慣をつけるようにできれば理想ですね。何事も、介護は、介護をする側とされる側がタッグを組んで行っていくと言う点は忘れてはいけません。
 そして、発熱、食欲不振、意識の薄れ、便秘(ベンピ)、呼吸の乱れなどは、介護者が気をつけていないと見逃しかねません。そのほかには、生ものを食べたときにお腹をこわしたとか、暗がりを歩いていて転びかけたなどといった不測の事態もありえます。このようなことを考慮すると、生活全般にわたって、気遣うようにしましょう。

  • 「加齢に伴う変化(介護をする視点)」に関しての補足:加齢(年齢を重ねること)にともなって起こる変化は個々人によって差があるのですが、高齢期における身体的・精神的変化の特徴を知っておくことが適切な介護につながることは言うまでもありません。介護従事者(あるいは在宅介護者)は、医学的(療養上の)注意事項をよく守った上で、利用者が快適な生活を送ることができるように創意工夫をしなければいけません。
    筋力や運動機能は20〜30歳代をピークとして、その後、加齢に伴って低下していくのですが、その程度には個人差があります。
    知的機能においては身体的機能とは異なり、年老いてもなお若者にはない優れたレベルを示すものもあります。経験と強く関係する言語的知能は、老年期(満65歳以上の者)でも比較的遅くまで維持されます。教育や社会経験を通して身に着けた能力は、高齢になっても発揮することができます。また、柔軟な考え方ができ、広い視野を持って物事を見つめることもできます。
    感覚器の機能は加齢により低下していきますが、中でも老人性難聴と呼ばれるように、聴覚は衰えてきます。初期老化は高音域が聞こえなくなり、次第に全音域に広がります。老眼は目の調節機能の衰えであり、20〜30センチの手元の領域が見えにくくなります。老人性白内障も加齢による視力低下の原因として多く見られます。加齢により心筋の収縮力は減少し、肺活量も低下します。また、すぐに貧血(ヒンケツ)気味になったり、腎機能も低下します。
    免疫能力の低下もみられ、感染症にかかりやすくなったり、治りにくかったりします。平衡感覚も衰えて立位バランスが悪くなって転倒しやすくなります。


≫次のページ「健康で残されている機能を活かす:生活への自発性と積極性を維持して介護負担の軽減を」へ

 


同じカテゴリ「準備/心構え」のページ
◆ゆとりある介護生活で必要な心構えと準備◆
介護始める時の態勢づくり 
 @在宅介護が可能な最低限の3条件
 A介護の家族・親戚での分担を行う
介護生活プランの立案方法

 【参考】「介護疲れ」予防のプラン立案のコツ
介護人自身の健康管理
 @家事の合理化で介護負担の軽減
   【参考】介護者の健康管理チェック表
 A正しい姿勢で介護を行う
   【参考】介護作業での負担の少ない姿勢

◆お年寄り(被介護者)に対する理解◆
お年寄りの『身体』への理解
 @健康で残されている機能を活かす
   【参考】お年寄りの健康状態チェック方法
お年寄りの『心理』への理解
 @お年寄り個々人の人生背景を理解した対応
 A言葉がけをしつつスムーズな介護を
 Bお年寄りの生理と心理の変化への理解

◆『寝たきり』を予防する介護方法◆
『閉じこもり』を防止する介護方法
 @社会の中で生きている自覚を促す
 A閉じこもり症候群に要注意
 Bお年寄りに相談事を持ちかける
   【参考】お年寄りの人生背景を知る項目
寝たきりのきっかけと予防策
 @脳卒中後の麻痺(マヒ)症状
 A老衰・骨折外傷
 Bリウマチ関節炎などの関節の病気
 C過保護すぎる介護の環境
 D閉じこもり・引きこもり
『寝たまま』状態の問題点・悪影響
 @骨の萎縮      A内臓の機能の低下
 B筋力の低下と関節の硬化
 C精神機能の低下 D床ズレなどの合併症
寝たきりを予防する要件
 @脳卒中・骨折予防が予防の第一歩
 A寝かせきりから、過度の安静は逆効果
 Bリハビリは早期開始が効果的
 Cリハビリは食事・排泄・着替えから
 D身だしなみと寝食分けて生活にメリハリ
 E手は出しすぎず目は離さずを基本に
 F行動を広げる機器の活用
 G住みやすくする工夫
 H趣味など楽しみをみつけ閉じこもりを防止
 I機能訓練・介護サービスなどの利用
このカテゴリでよくある質問
 ・


◆当サイトの見方◆
関心のある分野を上のカテゴリメニューから選び、各カテゴリのトップページにいって関心のある情報を探してください。
同じカテゴリで他のページも見たければ、下部にあるページ紹介から探してみてください。
左メニューは、各カテゴリのトップページと主なページを載せてありますので、関心のあるページを見てみてください。
◆著者紹介◆
介護経験10年以上の介護福祉士・介護支援専門員(ケアマネジャー)4人が中心となり作成・管理・運営しています。
他に看護師や医師にもアドバイスを頂きながら作成しております。
介護る.com
介護
kaigol.com

本サイトのご利用について 参照文献・論文・サイト一覧
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・