介護.com
他カテゴリ→ 準備/心構え 環境作り 食事介助 排泄介助 睡眠介助 清潔介助 床ズレ対策 リハビリ介助 痴呆介助 ターミナルケア
 トップ > 移動介助> 安全で無理のない移動介助(移動介助のポイント):負担の少ない方法を知り、拘縮予防のため病後 サイトマップ
介護の準備と心構え

 ・介護始める時の態勢づくり
 ・介護生活プランの立案方法
 ・介護人自身の健康管理
◆お年寄りに対する理解◆
 ・『身体』『心理』への理解
◆『寝たきり』を予防する方法◆
 ・寝たきりのきっかけ
 ・『寝たまま』状態の悪影響
 ・寝たきりを予防する要件

介護の環境作り

 ・住まいの危険な場所の点検
◆介護に適した住環境の改造◆
 @照明方法 A移動の工夫
 Bお風呂場 Cトイレ
 D寝床    E臭いの対策法
各季節ごとの注意点と工夫◆
 @春季A夏季B秋季C冬季

食事の介助と工夫

 ・栄養バランスの考え方
 ・献立の作り方
 ・調理方法の工夫
 @脱水の予防A便秘の予防
 B塩分摂取を控えるコツ
 C食欲不振』の場合の工夫
 D嚥下困難』の場合の工夫
◆正しく食事をとる方法◆
 ・正しい食事の姿勢
 ・自助具を使用しての食事
 ・寝たままでの食事の介助法
 ・薬剤を使う際の注意点
 ・健康の記録の記入方法

排泄の介助と自立

◆排泄をしやすくする工夫◆
 ・トイレを使いやすくする工夫
 ・排泄で介助が必要な場合
 ・便器(腰上げ)の使用法
 ・便器(腰上げできない場合)
◆介護での排泄の補助器具◆
 @衣服・下着     A尿器
 Bポータブルトイレ Cオムツ
◆排泄トラブルと予防法◆
 @失禁 A便秘 B下痢

睡眠の介助と工夫

◆快眠のための寝具選び◆
 ・快眠の寝具選びの4ポイント
 ・ベッド周辺の整備
 ・布団(フトン)の活用法
 ・寝床シーツの扱い方
 ・着脱の楽な寝巻(パジャマ)
◆睡眠時のトラブル予防◆
 ・長時間寝込む場合の注意点
 ・寝返り(体位の変換)の介助

清潔保持の介助

◆清潔保持の介助と注意点◆
 ・入浴介助の方法と注意点
部分浴の介助@手浴 A足浴
 ・清拭方法(入浴できない)
 ・洗髪介助 ・洗面・洗顔介助
口腔の清潔保持の介助法
 @歯磨き A入れ歯
 ・スキンケアとかゆみの悩み
◆清潔保持に活用できる衣服◆
 @扱いやすい衣類
 A下着と寝巻(パジャマ)

床ズレ予防の介助

 ・主な原因 ・主な症状と経過
◆床ズレ予防法や対処法◆
 ・床ズレ発症の予防・対処法
 ・床ズレ全般の対処法

移動と動作の介助

 ・安全で無理のない移動介助
 ・寝たまま位置移動の介助
 ・上体(上半身)起こし介助法
 ・ベッドからイスの移動の介助
 ・イスから立ち上がるの介助
 ・車イス介助法と注意点

リハビリの介助

リハビリテーションのポイント
介護での関節拘縮の予防法
 @手と腕と肩 A
◆自力でできるリハビリ◆
寝たままでできるリハビリ・運動
 @上半身 A下半身
座ってできるリハビリ・運動
 @腕・肩、足 A前と横へ
 ・安全な歩き方の練習・介助
 ・言語・聴覚障害がある場合

痴呆症状の介助

 ・痴呆症状の介護とは
 @介護の仕方と注意点
 A痴呆と老化の違いと原因
 Bの主な症状
 C予防する生活のポイント
 D痴呆症状との付き合い方

ターミナルケア(終末期の介護)

 ・ターミナルケアとは
 ・ターミナルケアは在宅か病院か
◆介護者が知るべき応急手当◆
 ・容態の見方(緊急時の手当)

安全で無理のない移動介助(移動介助のポイント):負担の少ない方法を知り、拘縮予防のため病後に

◇介護での移動する際の介助の方法と工夫

移動介助

負担の少ない方法で

 介護のなかで、お年寄り(被介護者)の姿勢を変えたり(体位変換)、身体を移動させることは、重労働と言えるでしょう。つまり、不自然な姿勢で作業を行ったり、力の余裕もなく介助(カイジョ)を行うと、腰痛などを起こすばかりではなく、思わぬ事故にもつながります。介助をする際には、適切な姿勢でおこないましょう。
 これに加えて、一人で介助(カイジョ)をおこなうことばかりを考えずに、なるべく周りの人の手も借りたり、交替することも考えて、過度に負担がかかることを避ける手段も考えましょう。お年寄り(被介護者)にとっても、介護者にとっても、人間関係の広がりを保つことにもなります。お年寄り(被介護者)自身が少しでも動けると、介護者への負担がずいぶんと違ってきます。そして、動作のたびに「今日はスムーズに動けたね」などといったように、励ましの言葉をかけながら、お年寄り(被介護者)本人の動こうとする気持ちを引き出しながら行うことが重要です。

 【参考】介護者自身の健康診断・健康管理も重要

 

病後すぐに対応することが重要

 長い気管、寝たままの状態でいると、筋肉や関節が硬くなる『拘縮(コウシュク)』状態となったり、縮んだりする『萎縮(イシュク)』状態となったりして、いざ身体を動かそうとすると筋肉や関節が痛みます。また、急に起きると目眩(メマイ)を催して、不安を感じてしまい、ますます混乱に拍車がかかり動けなくなることもあります。

  • 「拘縮(コウシュク)」に関しての補足:『拘縮(コウシュク)』とは、運動器官である関節が、長期間にわたる安静・固定などによる、皮膚(ヒフ)や筋(スジ)、靱帯(ジンタイ)など関節自体以外の軟部組織の変化によって、関節の正常な可動域(各関節が運動を行なう際に正常に動かすことができる範囲)が制限されている状態を指します。拘縮には、曲がったままの状態の「屈曲拘縮」と、伸ばしたままの状態の「伸展拘縮」があります。長期間にわたって関節を動かさないでいると、関節の拘縮(コウシュク)をきたして、可動域が制限されてきます。特に『廃用症候群』による関節拘縮から歩行困難となり、ついで寝たきりになることもすくなくありません。これに加えて、運動麻痺(ウンドウ・マヒ)があると筋肉を動かすことがなくなり、結果として関節拘縮を招くことにもなりますから注意が必要です。そして、拘縮をきたした場合、温熱療法による局所的に熱を加えることで、血流を増加させ、拘縮した組織を柔らかくし、疼痛を和らげて、効果的です。

 寝たきりとなる直接の原因には、脳卒中(ノウソッチュウ)などが挙げられますが、病気になった直後の対応次第でおよそ8割のお年寄り(被介護者)が寝たきりにならずに済むといわれております。安静第一といって、身体を動かさずにいると、使わない身体の機能は衰える一方になり、心理的にも無精(ブショウ)になって、何をするにも人を頼る気持ちになり、そのまま寝たきりの病人となってしまいがちとなるのです。
 だから、脳卒中(ノウソッチュウ)の発作後などは、絶対安静期が過ぎたら、すぐにリハビリテーション(英語:rehabilitation)が始められます。介護者は担当の専門医と相談の上で、ベッドで寝ている状態でも、拘縮(コウシュク)を起こさないための関節運動など、病後の対応に十分に配慮すべきでしょう。

  • 「脳血管障害(脳卒中)」に関しての補足:脳血管病変を原因とする疾患を脳血管障害(脳卒中)と総称します。脳梗塞(脳血栓・脳塞栓)と脳出血(脳内出血・クモ膜下出血)に大別されます。脳梗塞は脳の血管が血栓(ケッセン)により閉塞されて、その血管に栄養されていた脳組織が壊死(エシ)に陥るものである。脳の血管で血栓(ケッセン)が生じる『脳血栓』と、他の部位で形成された血栓が形成された血栓が血流にのって脳血管に運ばれて閉塞を生じる『脳塞栓』があります。また、脳出血は、動脈瘤、高血圧などにより脳血管が破綻して生じるものであり、出血部位によりクモ膜下出血、脳内出血に分けられます。

 


同じカテゴリ「移動介助」のページ
安全で無理のない移動介助
   【参考】介護者の健康診断・健康管理
寝たままでの位置移動の介助法
 @寝たままで横に移動させる介助法
 A寝たままで縦に移動させる介助法
 B寝たままでお年寄りを運ぶ介助法
上体(上半身)起こしの介助法
 @ふとんで上体(上半身)を起こす介助法
 Aベッドで上体(上半身)を起こす介助法
 B後ろから上体(上半身)を起こす介助法

ベッドからイスへの移動
の介助法

イスから立ち上がる移動の介助法

介護で車イスを使いこなす介助法と注意点

   【参考】車イスでの外出時の注意点
 @車イスの乗り降りでの介助法
 A車イスで坂道で押す介助法
 B車イスを段差のある場所で押す介助法
 C車イスから自動車への乗り降りの介助法
このカテゴリでよくある質問
 ・


◆当サイトの見方◆
関心のある分野を上のカテゴリメニューから選び、各カテゴリのトップページにいって関心のある情報を探してください。
同じカテゴリで他のページも見たければ、下部にあるページ紹介から探してみてください。
左メニューは、各カテゴリのトップページと主なページを載せてありますので、関心のあるページを見てみてください。
◆著者紹介◆
介護経験10年以上の介護福祉士・介護支援専門員(ケアマネジャー)4人が中心となり作成・管理・運営しています。
他に看護師や医師にもアドバイスを頂きながら作成しております。
介護る.com
介護
kaigol.com

本サイトのご利用について 参照文献・論文・サイト一覧
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・