介護.com
他カテゴリ→ 準備/心構え 環境作り 食事介助 排泄介助 睡眠介助 清潔介助 床ズレ対策 リハビリ介助 痴呆介助 ターミナルケア
 トップ > 移動介助> 介護で車イスを使いこなす介助法と注意点:正しい使い方で体に合った車イスを使用する サイトマップ
介護の準備と心構え

 ・介護始める時の態勢づくり
 ・介護生活プランの立案方法
 ・介護人自身の健康管理
◆お年寄りに対する理解◆
 ・『身体』『心理』への理解
◆『寝たきり』を予防する方法◆
 ・寝たきりのきっかけ
 ・『寝たまま』状態の悪影響
 ・寝たきりを予防する要件

介護の環境作り

 ・住まいの危険な場所の点検
◆介護に適した住環境の改造◆
 @照明方法 A移動の工夫
 Bお風呂場 Cトイレ
 D寝床    E臭いの対策法
各季節ごとの注意点と工夫◆
 @春季A夏季B秋季C冬季

食事の介助と工夫

 ・栄養バランスの考え方
 ・献立の作り方
 ・調理方法の工夫
 @脱水の予防A便秘の予防
 B塩分摂取を控えるコツ
 C食欲不振』の場合の工夫
 D嚥下困難』の場合の工夫
◆正しく食事をとる方法◆
 ・正しい食事の姿勢
 ・自助具を使用しての食事
 ・寝たままでの食事の介助法
 ・薬剤を使う際の注意点
 ・健康の記録の記入方法

排泄の介助と自立

◆排泄をしやすくする工夫◆
 ・トイレを使いやすくする工夫
 ・排泄で介助が必要な場合
 ・便器(腰上げ)の使用法
 ・便器(腰上げできない場合)
◆介護での排泄の補助器具◆
 @衣服・下着     A尿器
 Bポータブルトイレ Cオムツ
◆排泄トラブルと予防法◆
 @失禁 A便秘 B下痢

睡眠の介助と工夫

◆快眠のための寝具選び◆
 ・快眠の寝具選びの4ポイント
 ・ベッド周辺の整備
 ・布団(フトン)の活用法
 ・寝床シーツの扱い方
 ・着脱の楽な寝巻(パジャマ)
◆睡眠時のトラブル予防◆
 ・長時間寝込む場合の注意点
 ・寝返り(体位の変換)の介助

清潔保持の介助

◆清潔保持の介助と注意点◆
 ・入浴介助の方法と注意点
部分浴の介助@手浴 A足浴
 ・清拭方法(入浴できない)
 ・洗髪介助 ・洗面・洗顔介助
口腔の清潔保持の介助法
 @歯磨き A入れ歯
 ・スキンケアとかゆみの悩み
◆清潔保持に活用できる衣服◆
 @扱いやすい衣類
 A下着と寝巻(パジャマ)

床ズレ予防の介助

 ・主な原因 ・主な症状と経過
◆床ズレ予防法や対処法◆
 ・床ズレ発症の予防・対処法
 ・床ズレ全般の対処法

移動と動作の介助

 ・安全で無理のない移動介助
 ・寝たまま位置移動の介助
 ・上体(上半身)起こし介助法
 ・ベッドからイスの移動の介助
 ・イスから立ち上がるの介助
 ・車イス介助法と注意点

リハビリの介助

リハビリテーションのポイント
介護での関節拘縮の予防法
 @手と腕と肩 A
◆自力でできるリハビリ◆
寝たままでできるリハビリ・運動
 @上半身 A下半身
座ってできるリハビリ・運動
 @腕・肩、足 A前と横へ
 ・安全な歩き方の練習・介助
 ・言語・聴覚障害がある場合

痴呆症状の介助

 ・痴呆症状の介護とは
 @介護の仕方と注意点
 A痴呆と老化の違いと原因
 Bの主な症状
 C予防する生活のポイント
 D痴呆症状との付き合い方

ターミナルケア(終末期の介護)

 ・ターミナルケアとは
 ・ターミナルケアは在宅か病院か
◆介護者が知るべき応急手当◆
 ・容態の見方(緊急時の手当)

介護で車イスを使いこなす介助法と注意点:正しい使い方で体に合った車イスを使用する

◇介護での移動する際の介助の方法と工夫

 

身体に合った車イスを使用する

 車イスには、標準者のほかに片手駆動車、電動車、リクライニングタイプの車イスなど、さまざまな種類があります。だから、車イスを初めて購入する際には、下記の点をよく相談して、使うお年寄り(被介護者)の状態に合ったタイプ(型)を選ぶようにしましょう。

  1. お年寄り(被介護者)自身が操作できるか、介助が(どの程度)必要か
  2. 家の中のスペースはどの程度あるのか
  3. 家の周りの状況

 お年寄り(被介護者)が車イスを使用しているときに、常に何らかの介助(カイジョ)が必要である場合には、キャリバーブレーキ(手元のブレーキ)が付いているタイプ(型)が便利でしょう。膝(ヒザ)の高さが左右の足で異なっているお年寄り(被介護者)は、フットレストの高さもそれに合わせて調節するようにしましょう。お年寄り(被介護者)の気に入った色合いで、乗りたくなるような車イスを選ぶのが良いでしょう。
 お年寄り(被介護者)が自分で車イスを操作できる場合には、できるだけお年寄り(被介護者)自身で操作するように習慣づけて、介護者は必要なときだけ押すようにします。

介護で車イスを使用する上での具体的な介助方法

  1. 車イスの乗り降りでの介助法
  2. 車イスで坂道で押す介助法
  3. 車イスを段差のある場所で押す介助法
  4. 車イスから自動車への乗り降りの介助法

 

介護で車イスを使用する上での注意点

車イス

  1. 下り坂道で車イスを押す際には、必ず握りブレーキをかけながらを徹底
  2. 乗り降りは、必ずブレーキをかけながら行う
  3. ステッピングバーを踏むと前輪が上がる
  4. 動きが鈍くなったら、タイヤに油をさす
  5. キャスターにゴミが詰まっていないかをチェック(点検)する
  6. 足置き(フットレスト)は乗り降りの際に上げておく。踏むとひっくり返る
  7. レッグレストは、お年寄り(被介護者)が自分で操作する場合には外しておく
  8. 肘当て(アームレスト)が取り外せるタイプ(型)もあり、ベッドなどに移る際には取り外せると便利

 

車イスの位置の置き方

  • 車イスはお年寄り(被介護者)の健側(ケンソク:障害もしくは麻痺のない側)に20〜30度の角度で斜めに置きます。
    車イスの位置

 

  • 「車イスの貸し出しについて」に関しての補足: 車イスは、社会福祉協議会などが無料で貸し出しているほか、厚生年金保険でも無料で支給してもらうことができます。詳しい問い合わせは、社会福祉協議会か福祉事務所へお問い合わせください。
  • 「介護で使用する車イス」に関しての補足:車イスは、本来は一人ひとりの身体や症状に合ったものを個別に選定されるべき補装具です。身体障害者福祉法のよる補装具としての車イスは担当の専門医の処方箋を要します。車イスは駆動の方式によって、電動式と手動式(マニュアル)に分類することができます。手動式はさらに、@後輪駆動型、A片手駆動式、Bリクライニング型、C手押し式(介助型)などに分類されます。介護従事者が車イスを使用している者に介助を行う場合、特にトランスファー、移動についての知識と技術は必要なものとなります。これに加えて、車イスを使用している者の麻痺(マヒ)の程度、変形や痛みの具合や部位などについても知っておく必要があります。
    たとえば、片麻痺のお年寄り(被介護者)の場合には、健側(ケンソク:障害もしくは麻痺のない側)を軸にしながら回旋して座らせるので、ブレーキをかけた車イスを利用者の健側に、ベッドから20〜30度の角度で斜めに置くことが基本です。また、自力でベッドから車イス、車イスからトイレにトランスファーできる場合でもベッドやトイレ、そして車イスのそれぞれの高さが同じくらいであることが望ましく、介護従事者がその点を配慮しなければならないこともあります。
    移動の場合には、たとえば急な坂をおりる時に、介護者はくだりに向かって後ろ向きになり、車イスを押すような感じで足のスタンスを前後に広く取って降ります。ミゾや隙間があるところでは、キャスターが落ち込まないようにティッピングレバーを踏み込み、車イスの前方を浮かせて前に進みます。段差があるところでは、ティッピングレバーを踏んでキャスターを上げ、段にキャスターを乗せてから後輪を押し上げます。上がりのエスカレーターには前向きで乗ってブレーキをかけ、介護者は後ろから支えます。下りのエスカレーターには後ろ向きに乗ってブレーキをかけて、介護者は低い位置から支えるなどです。


≫次のページ「車イスでの外出時の注意点:安全確認と移動するコースの下調べを忘れずに行う」へ

 


同じカテゴリ「移動介助」のページ
安全で無理のない移動介助
   【参考】介護者の健康診断・健康管理
寝たままでの位置移動の介助法
 @寝たままで横に移動させる介助法
 A寝たままで縦に移動させる介助法
 B寝たままでお年寄りを運ぶ介助法
上体(上半身)起こしの介助法
 @ふとんで上体(上半身)を起こす介助法
 Aベッドで上体(上半身)を起こす介助法
 B後ろから上体(上半身)を起こす介助法

ベッドからイスへの移動
の介助法

イスから立ち上がる移動の介助法

介護で車イスを使いこなす介助法と注意点

   【参考】車イスでの外出時の注意点
 @車イスの乗り降りでの介助法
 A車イスで坂道で押す介助法
 B車イスを段差のある場所で押す介助法
 C車イスから自動車への乗り降りの介助法
このカテゴリでよくある質問
 ・


◆当サイトの見方◆
関心のある分野を上のカテゴリメニューから選び、各カテゴリのトップページにいって関心のある情報を探してください。
同じカテゴリで他のページも見たければ、下部にあるページ紹介から探してみてください。
左メニューは、各カテゴリのトップページと主なページを載せてありますので、関心のあるページを見てみてください。
◆著者紹介◆
介護経験10年以上の介護福祉士・介護支援専門員(ケアマネジャー)4人が中心となり作成・管理・運営しています。
他に看護師や医師にもアドバイスを頂きながら作成しております。
介護る.com
介護
kaigol.com

本サイトのご利用について 参照文献・論文・サイト一覧
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・