介護.com
他カテゴリ→ 準備/心構え 環境作り 食事介助 睡眠介助 清潔介助 床ズレ対策 移動介助 リハビリ介助 痴呆介助 ターミナルケア
 トップ > 排泄介助> 泌尿器系の病気に要注意(排泄介助のポイント):失禁や便秘などの陰には病気やストレスが サイトマップ
介護の準備と心構え

 ・介護始める時の態勢づくり
 ・介護生活プランの立案方法
 ・介護人自身の健康管理
◆お年寄りに対する理解◆
 ・『身体』『心理』への理解
◆『寝たきり』を予防する方法◆
 ・寝たきりのきっかけ
 ・『寝たまま』状態の悪影響
 ・寝たきりを予防する要件

介護の環境作り

 ・住まいの危険な場所の点検
◆介護に適した住環境の改造◆
 @照明方法 A移動の工夫
 Bお風呂場 Cトイレ
 D寝床    E臭いの対策法
各季節ごとの注意点と工夫◆
 @春季A夏季B秋季C冬季

食事の介助と工夫

 ・栄養バランスの考え方
 ・献立の作り方
 ・調理方法の工夫
 @脱水の予防A便秘の予防
 B塩分摂取を控えるコツ
 C食欲不振』の場合の工夫
 D嚥下困難』の場合の工夫
◆正しく食事をとる方法◆
 ・正しい食事の姿勢
 ・自助具を使用しての食事
 ・寝たままでの食事の介助法
 ・薬剤を使う際の注意点
 ・健康の記録の記入方法

排泄の介助と自立

◆排泄をしやすくする工夫◆
 ・トイレを使いやすくする工夫
 ・排泄で介助が必要な場合
 ・便器(腰上げ)の使用法
 ・便器(腰上げできない場合)
◆介護での排泄の補助器具◆
 @衣服・下着     A尿器
 Bポータブルトイレ Cオムツ
◆排泄トラブルと予防法◆
 @失禁 A便秘 B下痢

睡眠の介助と工夫

◆快眠のための寝具選び◆
 ・快眠の寝具選びの4ポイント
 ・ベッド周辺の整備
 ・布団(フトン)の活用法
 ・寝床シーツの扱い方
 ・着脱の楽な寝巻(パジャマ)
◆睡眠時のトラブル予防◆
 ・長時間寝込む場合の注意点
 ・寝返り(体位の変換)の介助

清潔保持の介助

◆清潔保持の介助と注意点◆
 ・入浴介助の方法と注意点
部分浴の介助@手浴 A足浴
 ・清拭方法(入浴できない)
 ・洗髪介助 ・洗面・洗顔介助
口腔の清潔保持の介助法
 @歯磨き A入れ歯
 ・スキンケアとかゆみの悩み
◆清潔保持に活用できる衣服◆
 @扱いやすい衣類
 A下着と寝巻(パジャマ)

床ズレ予防の介助

 ・主な原因 ・主な症状と経過
◆床ズレ予防法や対処法◆
 ・床ズレ発症の予防・対処法
 ・床ズレ全般の対処法

移動と動作の介助

 ・安全で無理のない移動介助
 ・寝たまま位置移動の介助
 ・上体(上半身)起こし介助法
 ・ベッドからイスの移動の介助
 ・イスから立ち上がるの介助
 ・車イス介助法と注意点

リハビリの介助

リハビリテーションのポイント
介護での関節拘縮の予防法
 @手と腕と肩 A
◆自力でできるリハビリ◆
寝たままでできるリハビリ・運動
 @上半身 A下半身
座ってできるリハビリ・運動
 @腕・肩、足 A前と横へ
 ・安全な歩き方の練習・介助
 ・言語・聴覚障害がある場合

痴呆症状の介助

 ・痴呆症状の介護とは
 @介護の仕方と注意点
 A痴呆と老化の違いと原因
 Bの主な症状
 C予防する生活のポイント
 D痴呆症状との付き合い方

ターミナルケア(終末期の介護)

 ・ターミナルケアとは
 ・ターミナルケアは在宅か病院か
◆介護者が知るべき応急手当◆
 ・容態の見方(緊急時の手当)

泌尿器系の病気に要注意(排泄介助のポイント):失禁や便秘などの陰には病気やストレスが隠されている可能性も

◇介護生活での排泄(排便・排尿)の介助と自立の方法

泌尿器系の病気

 とりわけ失禁(シッキン)にかんしては、お年寄り(被介護者)本人がもっとも大きなショックを受けるのです。このようなことを考慮すると、周りの人は、追い討ちをかけないように、さりげない対応が必要となってきます。しかしながら、失禁(シッキン)という症状のかげには病気やストレスなどが隠されている場合もあります。特に女性の場合には、外陰部周辺の雑菌が尿道に入り込みやすいですから、排泄(ハイセツ)後の処置に気をつけて、局部は常にきれいにしておきましょう。そして、下記に挙げたような場合には、早めに病院にいって担当の専門医の判断をあおぎましょう。

  1. 風邪(カゼ)をひいていないか、その症状が見られないか


  2. 便秘(ベンピ)をしてはないか

    • 「便秘(ベンピ)」に関しての補足:便秘とは、便が大腸内に長時間において停滞し、水分が再吸収されることによってかたくなって、排便(ハイベン)に困難および苦痛を伴う状態です。便秘のタイプ(型)としては、大腸の機能障害による『大腸性便秘(ダイチョウセイ・ベンピ)』と、直腸における排便機能の障害による『直腸性便秘(チョクチョウセイ・ベンピ)』の2つのタイプ(型)に分けられます。
      大腸性便秘にかんしては、『弛緩性便秘(シカンセイ・ベンピ)』・『痙攣性便秘(ケイレンセイ・ベンピ)』・『機械的通過障害による便秘』があります。また、直腸性便秘には、日本人に最も多い『習慣性便秘』があります。
      便秘には予防策が重要で、そのためには、①毎日一定時間に排便を試みる、②水分を十分に摂って、栄養バランスの良い食事をこころがけ、繊維に富む食品や脂肪食品を多く摂取すること、③腹部マッサージや腹筋の増強運動を行うこと、④ストレス解消や不安・恐怖などの精神的要因の軽減に努めること、などが挙げられます。

       
  3. 身近な人の死や家の新居移転など、環境の変化でストレスを感じていないか


  4. (男性の場合)前立腺肥大症ではないか、その疑いのある症状はないか
    ・尿がでにくい症状が出てはないか
    ・排尿に時間がかかりすぎていないか
    ・排尿後の切れが悪く、残尿感(ザンニョウカン)などはないか
    • 「前立腺肥大症(ゼンリツセンヒダイショウ)」に関しての補足:前立腺肥大症とは、男性の尿道の周囲に位置する「前立腺」の内腺が肥大する疾患です。尿道の狭窄(キョウサク)、尿閉(ニョウヘイ)などの排尿障害を生じやすい病気として知られております。高齢の男性によく見られる疾患で、その症状は3期に分かれます。すなわち、肥大した前立腺が膀胱(ボウコウ)を刺激するために、夜間頻尿となり、次の段階として、排尿に時間がかかるようになり、尿腺が細くなって残尿が出現するようになります。そして、最終的には、尿失禁(奇異性尿失禁)、尿路感染症、尿閉(ニョウヘイ)、水腎症などを生じます。高齢の男性で下腹部膨満を伴う腹痛を認めた場合には、排尿の有無を必ず確認する必要があります。

  1. (女性の場合)膀胱炎ではないか、その疑いのある症状がないか
    ・排尿時に痛みがあり、残尿感(ザンニョウカン)がないか
    ・尿がにごる、もしくは血尿(ケツニョウ)が出る

    • 「膀胱炎・尿路感染症(ニョウロカンセンショウ)」に関しての補足:外尿道口から細菌から尿路に逆流して侵入して生じます。起因菌の多くは大腸菌であり、女性の場合には外尿道口と肛門(コウモン)が近いために尿路感染症が生じやすいです。特に脳血管障害、寝たきりなどで尿路にカテーテルなどの異物を挿入している場合には生じ易いです。また、糖尿病では全身の抵抗力が低下して、尿中に糖分が混じるために、細菌が繁殖しやすい状態にあるためにその危険性が高まります。感染がどこまで進行したかで膀胱炎と腎盂腎炎に大別されます。膀胱炎では排尿痛、膿尿、頻尿(ヒンニョウ)を生じますが、発熱はありません。腎盂腎炎では、腹部痛、発熱、血液中の白血球増加を生じます。尿意が強くトイレまで我慢できずに失禁することがよく起こります(切迫性尿失禁)。


≫次のページ「排泄の各段階での介助方法ポイント(排泄介助のポイント):過剰な介護を避け各段階によって補助具などの活用で効率的な介護を」へ

 


同じカテゴリ「排泄の介助」のページ
排泄介助の基本的な考え
 @お年寄りの排泄の特徴と留意点
 A気をつけるべき泌尿器系の病気に要注意
 B排泄の各段階での介助方法ポイント

◆介護生活で排泄をしやすくする工夫◆
トイレを使いやすくする工夫
   【参考】有効で安全な手すりの付け方
排泄で介助が必要な場合
 @トイレ(排泄)の介助ポイント
 Aトイレでの排泄介助の具体的な方法例
便器(腰上げができる場合)の使用法
 @便器でのお世話の手順
 A差し込み便器の使い方
   【参考】差し込み便器の種類
便器(腰上げができない場合)の使用法
 @帯やふろしきを使用して腰上げの介助
 Aお年寄りを横向きにしての腰上げ介助
 B紙おむつ・ゴム製便器を使用しての介助

◆介護で活用できる排泄の補助器具◆
トイレで用をたすのが楽な衣服や下着
   【参考】排泄で着脱の楽な下着
ポータブルトイレの活用
   【参考】ポータブルトイレの種類
尿器の使用法・注意点
 @介護での尿器の活用例(使い方)
   【参考】介護で活用できる尿器の種類
オムツを使用する際の注意点
 @介護で使用するオムツの種類と選び方
   【参考】オムツとカバーの種類と注意点
 Aオムツを替える際の注意点
 Bオムツの替え方の具体例と準備するもの
 Cオムツの使用を止めても良い条件

◆介護での排泄に関わるトラブルと予防法◆
失禁時の適切な対策
 @失禁対策用品の活用法
    【参考】失禁用品(失禁パンツ)の種類
 A失禁の改善と予防法
便秘で注意すべき症状
 @便秘の予防法と対策
   【参考】お年寄りでもできる便秘に効く体操
 A便秘がひどい場合の対策
   【参考】摘便(テキベン)の方法・注意点
下痢がひどい場合の対策
このカテゴリでよくある質問
 ・


◆当サイトの見方◆
関心のある分野を上のカテゴリメニューから選び、各カテゴリのトップページにいって関心のある情報を探してください。
同じカテゴリで他のページも見たければ、下部にあるページ紹介から探してみてください。
左メニューは、各カテゴリのトップページと主なページを載せてありますので、関心のあるページを見てみてください。
◆著者紹介◆
介護経験10年以上の介護福祉士・介護支援専門員(ケアマネジャー)4人が中心となり作成・管理・運営しています。
他に看護師や医師にもアドバイスを頂きながら作成しております。
介護る.com
介護
kaigol.com

本サイトのご利用について 参照文献・論文・サイト一覧
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・