介護.com
他カテゴリ→ 準備/心構え 環境作り 食事介助 睡眠介助 清潔介助 床ズレ対策 移動介助 リハビリ介助 痴呆介助 ターミナルケア
 トップ > 排泄介助> 介護での便秘がひどい場合の対策:下剤・座薬、浣腸、摘便など状況や状態に応じて最適な方法を サイトマップ
介護の準備と心構え

 ・介護始める時の態勢づくり
 ・介護生活プランの立案方法
 ・介護人自身の健康管理
◆お年寄りに対する理解◆
 ・『身体』『心理』への理解
◆『寝たきり』を予防する方法◆
 ・寝たきりのきっかけ
 ・『寝たまま』状態の悪影響
 ・寝たきりを予防する要件

介護の環境作り

 ・住まいの危険な場所の点検
◆介護に適した住環境の改造◆
 @照明方法 A移動の工夫
 Bお風呂場 Cトイレ
 D寝床    E臭いの対策法
各季節ごとの注意点と工夫◆
 @春季A夏季B秋季C冬季

食事の介助と工夫

 ・栄養バランスの考え方
 ・献立の作り方
 ・調理方法の工夫
 @脱水の予防A便秘の予防
 B塩分摂取を控えるコツ
 C食欲不振』の場合の工夫
 D嚥下困難』の場合の工夫
◆正しく食事をとる方法◆
 ・正しい食事の姿勢
 ・自助具を使用しての食事
 ・寝たままでの食事の介助法
 ・薬剤を使う際の注意点
 ・健康の記録の記入方法

排泄の介助と自立

◆排泄をしやすくする工夫◆
 ・トイレを使いやすくする工夫
 ・排泄で介助が必要な場合
 ・便器(腰上げ)の使用法
 ・便器(腰上げできない場合)
◆介護での排泄の補助器具◆
 @衣服・下着     A尿器
 Bポータブルトイレ Cオムツ
◆排泄トラブルと予防法◆
 @失禁 A便秘 B下痢

睡眠の介助と工夫

◆快眠のための寝具選び◆
 ・快眠の寝具選びの4ポイント
 ・ベッド周辺の整備
 ・布団(フトン)の活用法
 ・寝床シーツの扱い方
 ・着脱の楽な寝巻(パジャマ)
◆睡眠時のトラブル予防◆
 ・長時間寝込む場合の注意点
 ・寝返り(体位の変換)の介助

清潔保持の介助

◆清潔保持の介助と注意点◆
 ・入浴介助の方法と注意点
部分浴の介助@手浴 A足浴
 ・清拭方法(入浴できない)
 ・洗髪介助 ・洗面・洗顔介助
口腔の清潔保持の介助法
 @歯磨き A入れ歯
 ・スキンケアとかゆみの悩み
◆清潔保持に活用できる衣服◆
 @扱いやすい衣類
 A下着と寝巻(パジャマ)

床ズレ予防の介助

 ・主な原因 ・主な症状と経過
◆床ズレ予防法や対処法◆
 ・床ズレ発症の予防・対処法
 ・床ズレ全般の対処法

移動と動作の介助

 ・安全で無理のない移動介助
 ・寝たまま位置移動の介助
 ・上体(上半身)起こし介助法
 ・ベッドからイスの移動の介助
 ・イスから立ち上がるの介助
 ・車イス介助法と注意点

リハビリの介助

リハビリテーションのポイント
介護での関節拘縮の予防法
 @手と腕と肩 A
◆自力でできるリハビリ◆
寝たままでできるリハビリ・運動
 @上半身 A下半身
座ってできるリハビリ・運動
 @腕・肩、足 A前と横へ
 ・安全な歩き方の練習・介助
 ・言語・聴覚障害がある場合

痴呆症状の介助

 ・痴呆症状の介護とは
 @介護の仕方と注意点
 A痴呆と老化の違いと原因
 Bの主な症状
 C予防する生活のポイント
 D痴呆症状との付き合い方

ターミナルケア(終末期の介護)

 ・ターミナルケアとは
 ・ターミナルケアは在宅か病院か
◆介護者が知るべき応急手当◆
 ・容態の見方(緊急時の手当)

介護での便秘がひどい場合の対策:下剤・座薬、浣腸、摘便など状況や状態に応じて最適な方法を

◇介護生活での排泄(排便・排尿)の介助と自立の方法

介護での便秘がひどい場合の対策

便秘症状が何日も継続するようであれば

 2,3日に1度ていど、あるはずの便通が5日や6日、場合によっては1週間もないと、気分が悪くなって食欲も減退してくるでしょう。こうした場合には、ただ歩くだけではなく、階段を上がり下がりしてみたり、牛乳をたっぷりと飲んだり、バナナなどの果物を十分に食べるなど、ふだんより腸が活発に動いてくれるような刺激を与えることに努めてみましょう。お腹のマッサージなどもしてみましょう。また、どれも効果が見られなかったら、下剤(ゲザイ)浣腸(カンチョウ)摘便(テキベン)などを試みてください。

 

下剤・座薬の使用法・注意点

 下剤(ゲザイ)を使用する場合には、体質や便秘(ベンピ)の状態によって使う種類も量もちがうので、担当の専門医に処方してもらったほうが安全でしょう。
 下剤は、夜に、寝る前に飲むのがふつうですが、最初は朝方、介護者の目が届くときに飲ませて、飲んでからどのくらいで便意を催すか、一回で出るか、何回かに分けて出るか、便の様子などを見ておきます。
 座薬は、下剤よりも効き方がおだやかえで、身体の弱っているお年寄り(被介護者)にも安心して使うことができます。お腹を触ってみて、特に左下部に便が下がっていれば効き目は顕著(ケンチョ)です。座薬を入れてから15分くらいで便意を催します。

 

浣腸の使用法・注意点

 浣腸(カンチョウ)をすると、一気に便が出ますから、血圧の変動を起こしやすく、高血圧心臓疾患のあるお年寄りや身体の弱っているお年寄りには、使用する上で注意が必要となります。このようなことを考慮すると、使用する際には必ず担当の専門医の指示を受けるようにしましょう。
 浣腸の使い方は、浣腸液を入れて、トイレットペーパーなどで肛門(コウモン)を押さえて、5分ぐらい我慢してもらいます。これは、便意ギリギリまで我慢するほうが効果的です。失敗して液だけが出てきてしまったら、もう一本使ってみましょう。

  • 「浣腸(カンチョウ)」に関しての補足:自然排便が無い場合にグリセリンなどの薬液を、直接に直腸に注入して排便を促す方法です。市販の浣腸液を用いて家族などが行っている場合もありますが、本来は浣腸は医療行為です。直腸粘膜を傷つけたため起こる出血や肛門痛、急な蠕動運動(ゼンドウ・ウンドウ)によって起こる腹痛や、特に高齢者においては排便にともなう急激な血圧の低下も見られますので、それらの副作用については介護従事者(あるいは在宅介護者)も知っておくべきでしょう。ストーマを装着しているものに対しての浣腸は、洗腸法とも呼ばれており、特に注意が必要です。一般的に言って、下行結腸、S字状結腸のストーマで医師の許可がある場合のみ行われます。


≫次のページ「摘便(テキベン)の方法・注意点:浣腸よりも安全で体力の無い場合に指先で便をかき出す排便介助法」へ

 


同じカテゴリ「排泄の介助」のページ
排泄介助の基本的な考え
 @お年寄りの排泄の特徴と留意点
 A気をつけるべき泌尿器系の病気に要注意
 B排泄の各段階での介助方法ポイント

◆介護生活で排泄をしやすくする工夫◆
トイレを使いやすくする工夫
   【参考】有効で安全な手すりの付け方
排泄で介助が必要な場合
 @トイレ(排泄)の介助ポイント
 Aトイレでの排泄介助の具体的な方法例
便器(腰上げができる場合)の使用法
 @便器でのお世話の手順
 A差し込み便器の使い方
   【参考】差し込み便器の種類
便器(腰上げができない場合)の使用法
 @帯やふろしきを使用して腰上げの介助
 Aお年寄りを横向きにしての腰上げ介助
 B紙おむつ・ゴム製便器を使用しての介助

◆介護で活用できる排泄の補助器具◆
トイレで用をたすのが楽な衣服や下着
   【参考】排泄で着脱の楽な下着
ポータブルトイレの活用
   【参考】ポータブルトイレの種類
尿器の使用法・注意点
 @介護での尿器の活用例(使い方)
   【参考】介護で活用できる尿器の種類
オムツを使用する際の注意点
 @介護で使用するオムツの種類と選び方
   【参考】オムツとカバーの種類と注意点
 Aオムツを替える際の注意点
 Bオムツの替え方の具体例と準備するもの
 Cオムツの使用を止めても良い条件

◆介護での排泄に関わるトラブルと予防法◆
失禁時の適切な対策
 @失禁対策用品の活用法
    【参考】失禁用品(失禁パンツ)の種類
 A失禁の改善と予防法
便秘で注意すべき症状
 @便秘の予防法と対策
   【参考】お年寄りでもできる便秘に効く体操
 A便秘がひどい場合の対策
   【参考】摘便(テキベン)の方法・注意点
下痢がひどい場合の対策
このカテゴリでよくある質問
 ・


◆当サイトの見方◆
関心のある分野を上のカテゴリメニューから選び、各カテゴリのトップページにいって関心のある情報を探してください。
同じカテゴリで他のページも見たければ、下部にあるページ紹介から探してみてください。
左メニューは、各カテゴリのトップページと主なページを載せてありますので、関心のあるページを見てみてください。
◆著者紹介◆
介護経験10年以上の介護福祉士・介護支援専門員(ケアマネジャー)4人が中心となり作成・管理・運営しています。
他に看護師や医師にもアドバイスを頂きながら作成しております。
介護る.com
介護
kaigol.com

本サイトのご利用について 参照文献・論文・サイト一覧
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・