介護.com
他カテゴリ→ 準備/心構え 環境作り 食事介助 排泄介助 睡眠介助 清潔介助 床ズレ対策 移動介助 リハビリ介助 ターミナルケア
 トップ > 痴呆介助> 痴呆を予防する生活のポイント:10つの生活習慣で痴呆を予防・上手く付き合う対策法 サイトマップ
介護の準備と心構え

 ・介護始める時の態勢づくり
 ・介護生活プランの立案方法
 ・介護人自身の健康管理
◆お年寄りに対する理解◆
 ・『身体』『心理』への理解
◆『寝たきり』を予防する方法◆
 ・寝たきりのきっかけ
 ・『寝たまま』状態の悪影響
 ・寝たきりを予防する要件

介護の環境作り

 ・住まいの危険な場所の点検
◆介護に適した住環境の改造◆
 @照明方法 A移動の工夫
 Bお風呂場 Cトイレ
 D寝床    E臭いの対策法
各季節ごとの注意点と工夫◆
 @春季A夏季B秋季C冬季

食事の介助と工夫

 ・栄養バランスの考え方
 ・献立の作り方
 ・調理方法の工夫
 @脱水の予防A便秘の予防
 B塩分摂取を控えるコツ
 C食欲不振』の場合の工夫
 D嚥下困難』の場合の工夫
◆正しく食事をとる方法◆
 ・正しい食事の姿勢
 ・自助具を使用しての食事
 ・寝たままでの食事の介助法
 ・薬剤を使う際の注意点
 ・健康の記録の記入方法

排泄の介助と自立

◆排泄をしやすくする工夫◆
 ・トイレを使いやすくする工夫
 ・排泄で介助が必要な場合
 ・便器(腰上げ)の使用法
 ・便器(腰上げできない場合)
◆介護での排泄の補助器具◆
 @衣服・下着     A尿器
 Bポータブルトイレ Cオムツ
◆排泄トラブルと予防法◆
 @失禁 A便秘 B下痢

睡眠の介助と工夫

◆快眠のための寝具選び◆
 ・快眠の寝具選びの4ポイント
 ・ベッド周辺の整備
 ・布団(フトン)の活用法
 ・寝床シーツの扱い方
 ・着脱の楽な寝巻(パジャマ)
◆睡眠時のトラブル予防◆
 ・長時間寝込む場合の注意点
 ・寝返り(体位の変換)の介助

清潔保持の介助

◆清潔保持の介助と注意点◆
 ・入浴介助の方法と注意点
部分浴の介助@手浴 A足浴
 ・清拭方法(入浴できない)
 ・洗髪介助 ・洗面・洗顔介助
口腔の清潔保持の介助法
 @歯磨き A入れ歯
 ・スキンケアとかゆみの悩み
◆清潔保持に活用できる衣服◆
 @扱いやすい衣類
 A下着と寝巻(パジャマ)

床ズレ予防の介助

 ・主な原因 ・主な症状と経過
◆床ズレ予防法や対処法◆
 ・床ズレ発症の予防・対処法
 ・床ズレ全般の対処法

移動と動作の介助

 ・安全で無理のない移動介助
 ・寝たまま位置移動の介助
 ・上体(上半身)起こし介助法
 ・ベッドからイスの移動の介助
 ・イスから立ち上がるの介助
 ・車イス介助法と注意点

リハビリの介助

リハビリテーションのポイント
介護での関節拘縮の予防法
 @手と腕と肩 A
◆自力でできるリハビリ◆
寝たままでできるリハビリ・運動
 @上半身 A下半身
座ってできるリハビリ・運動
 @腕・肩、足 A前と横へ
 ・安全な歩き方の練習・介助
 ・言語・聴覚障害がある場合

痴呆症状の介助

 ・痴呆症状の介護とは
 @介護の仕方と注意点
 A痴呆と老化の違いと原因
 Bの主な症状
 C予防する生活のポイント
 D痴呆症状との付き合い方

ターミナルケア(終末期の介護)

 ・ターミナルケアとは
 ・ターミナルケアは在宅か病院か
◆介護者が知るべき応急手当◆
 ・容態の見方(緊急時の手当)

痴呆を予防する生活のポイント:10つの生活習慣で痴呆を予防・上手く付き合う対策法

◇介護での痴呆症状の対応・介助の方法

痴呆予防

  1. 生活習慣病(成人病)の予防(痴呆予防のポイント)

    痴呆の原因となる脳血管障害を防ぐためには、糖尿病、高血圧など、いわゆる生活習慣病(成人病)を悪化させないように気をつけなければいけません。お酒やタバコを控えて、塩分の摂り過ぎに注意して、肥満を防止し、適度の運動を習慣付けましょう。心身ともに過度に疲労をしないようにし、規則正しい生活を送るように心がけましょう。定期的に健康診断を受けることも重要です。

    【参考】介護での塩分摂取を上手に控えるコツ

    【参考】生活動作でのリハビリ(その他の運動も参考に!)
    • 「生活習慣病(成人病)」に関しての補足:生活習慣病は、糖尿病、肺がん、高血圧症、肥満症、高脂血症など、その発病や経過が生活習慣に密接にかかわっている疾病を言います。従来「成人病」と言われていた疾病群です。
       
    • 「脳血管障害(脳卒中)」に関しての補足:脳血管病変を原因とする疾患を脳血管障害(脳卒中)と総称します。脳梗塞(脳血栓・脳塞栓)と脳出血(脳内出血・クモ膜下出血)に大別されます。脳梗塞は脳の血管が血栓(ケッセン)により閉塞されて、その血管に栄養されていた脳組織が壊死(エシ)に陥るものである。脳の血管で血栓(ケッセン)が生じる『脳血栓』と、他の部位で形成された血栓が形成された血栓が血流にのって脳血管に運ばれて閉塞を生じる『脳塞栓』があります。また、脳出血は、動脈瘤、高血圧などにより脳血管が破綻して生じるものであり、出血部位によりクモ膜下出血、脳内出血に分けられます。
       
    • 「肥満(ヒマン)」に関しての補足:肥満症とは、身体に脂肪が過剰に沈着して、生活機能に障害を及ぼす場合であって、高血圧、心疾患、関節痛や運動障害を引き起こし、糖尿病なども併発し易いです。標準体重の10%以上の体重のものを「過体重」、20%以上のものを「肥満」と呼ぶことが多いです。
      肥満症は、30歳以後に起こることが多く、性差は顕著ではありません。成人肥満症の3割程度は小児期から移行すると言われています。肥満は摂取熱量が消費量を上回ることから起きます。肥満症は原因的には「外因性肥満(多食による起こる)」と「内因性肥満(代謝性肥満や内分泌性肥満)」に分けられます。代謝性とは脂肪の合成や分解に異常がある場合、内分泌性は下垂体や視床下部・性腺・甲状腺や多腺性機能障害で起こるものです。



  2. 栄養バランスのとれた食生活(痴呆予防のポイント)

    栄養の摂り過ぎで肥満になるのもいけませんが、栄養不足も痴呆症状を引き起こす原因となることがあります。ビタミンやミネラル、カルシウムなども不足しないように、できれば1日30品目とることを心がけるといいでしょう。
    ここでは詳しくは説明しませんが、介護における栄養バランスの管理にかんしては、当サイトの別ページで詳しく説明させていただきますので、そちらをご参照ください。

    【参考】介護での栄養バランスの考え方:高齢者に必要な栄養

    【参考】介護での献立の作り方
     
    • 「栄養(栄養素)」に関しての補足:栄養にかんして、人について言えば、「人間が健康で十分な社会生活を行うために食事から摂取する食品成分」を指します。人の栄養素を大別しますと、糖質、脂質、タンパク質、無機質(ミネラル)、ビタミンの5群となっており、これらを5大栄養素と言います。そのほかに、人が生きていくために外界から取り込む必要のあるものに酸素と水がありますが、これらは通常は栄養素には入りません。


  3. 怪我や病気による「寝たきり」の予防(痴呆予防のポイント)

    引き込もりがちになって寝込んでしまうと、生活の範囲が極度に限定されてしまい、刺激も少なくなり、孤独感に陥りやすくなります。これが痴呆症状を引き起こす原因となることは言うまでもありません。お年寄り(被介護者)の生活環境を今一度チェック(点検)して、せめて家庭内での事故だけでも防止するように努めましょう。
    これに加えて、病気で寝込んでいても、必要以上に安静期間を長引かせないようにしましょう。また、寝ながら、お年寄り(被介護者)が一人でもできる簡単な運動療法・リハビリテーションなどがありますから、当サイトの別ページで詳しく説明させていただきますので、そちらをご参照ください。

    【参考】寝たきりのきっかけと予防策:寝かせきりとなる病状や状況を回避

    【参考】寝たままでできる上半身の運動
    【参考】座った姿勢でできるリハビリ・運動


    • 「寝たきり」に関しての補足:6ヶ月以上にわたって、日中もベッド上での生活が主体である者(障害老人の日常生活自立度判定基準ランクB〜C)を言います。
      ランクBは、屋内での生活は何らかの介助(カイジョ)を必要として、日中もベッド上での生活が主体ですが、座位を保つことができます。車イスに移乗して、食事や排泄(ハイセツ)はベッドから離れて行える者と2つに大別されております。
      ランクCは、1日中ベッドで過ごして、排泄、食事、着替えにおいて介助(カイジョ)を要するもので、自力で寝返りをうつものと自力で寝返りがうてないものに分けられております。
      長期間にわたって寝たきり状態であると、本来の疾患以外に様々な障害がもたらされます。起立性低血圧、抵抗力の低下により感染症にかかりやすくなり床ズレも生じやすいです。それに加えて、仮性痴呆、自発性の欠如、発汗や不眠などの身体症状、抑うつ状態、妄想や幻覚など精神的な障害を起こしやすくなります。これら寝たきりに付随する症状を予防するためにも寝かせきりにしないことが重要です。そして、すでに寝たきり老人であるからと言って老人の通常の生活から除外すべきではなく、その症状や健康度に応じた社会活動を行えるように介護者の助力が必要となります。



  4. 孤立をさせない(痴呆予防のポイント)

    たとえ病気や老化が原因で痴呆症状が出てき始めても、適切な対応をすれば、その進行を最小限に食い止めることができます。お年寄り(被介護者)は社会的にも家庭内でも孤独を感じやすく、周囲が温かく受け入れて、絶えず人間的な関係を保っていくようにしなければ、心を閉ざしてしまい、自分だけの狭い世界に閉じこもりがちです。過程での団らんは当然のことながら、お年寄り(被介護者)の友人や知り合いを積極的に迎え入れたり、地域のお年寄り(被介護者)の交流に参加をするようにすすめたりしましょう。
    何も考えなかったり、何もしなかったり、このような無精(ブショウ)が、多くのお年寄り(被介護者)には楽で暮らしていき易い状況ですが、実は、そこに大きな落とし穴があるのです。


  5. 生活環境の急激な変化の要注意(痴呆予防のポイント)

    例を挙げると、配偶者の死や仕事からの引退、引っ越しによる環境の激変、子どもの独立などといったことで、生活のはりを失うと、心にポッカリと穴がいたようになり、孤独感を募らせます。可能な限り、お年寄り(被介護者)をひとりにさせず、気分転換に誘うなどして、気持ちを引き立ててあげましょう。


  6. 家庭内での人間関係を良く維持する(痴呆予防のポイント)

    お年寄り(被介護者)のいる家庭では、家族のそれぞれが少しずつできることをして、みんなでお年寄り(被介護者)をみるという良好な人間関係の維持が非常に重要なのです。痴呆症状が出始めたお年寄り(被介護者)を疎んじたり、だれか一人に世話を押し付けたりするのでは困ります。そうなれば、世話を押し付けられた人は、過度の負担から心身ともに疲れてしまい、お年寄り(被介護者)への丁寧な対応も不可能となるでしょう。


  7. 高齢者の特別扱いはしない(痴呆予防のポイント)

    人間関係の良好な維持や、高齢者の孤立化を避ける、といったことは気をつけつつも、腫れ物にでもさわるような扱いや過度に丁重に扱ったりすることは、お年寄り(被介護者)の負担にもなり、孤独感を覚えるものです。家族の中では、できるだけみんなと同じように接して、必要以上の手出しや口出しはしないことが大事ですね。病人扱いや特別扱いはお年寄り(被介護者)の自立心、ひいては生活への積極性や自立性もくじいてしまうことになります。


  8. 生きがいを持って生活する(痴呆予防のポイント)

    仕事を引退して何もすぐことが無かったり、家庭の中でもすることがないなど、こうしたことでは頭は働くことをサボり始めて、痴呆症状が現れてしまうのは必定でしょう。このようなことを考慮すると、趣味に打ち込んだり、地域のボランティア活動に参加したり、老人大学や成人学級で学ぶことも良いでしょう。
    家庭内でもこれはおじいさん、これはおばあさんの仕事と言った具合に役割を決めて、役割を果たすことが生きがいにつながるようにするのです。


  9. メモの習慣を(痴呆予防のポイント)

    痴呆の最も一般的な症状は『物忘れ(健忘)』です。記憶力は、加齢とともに衰えることを自覚するようになり、メモを取る習慣をつけておきたいものです。
    たとえば、書き込みのできるカレンダーに、その日の予定だけではなく、その日の主な出来事をメモしておくと、家族との会話にも自信を持って参加することができるでしょう。電話の応対もメモしておけば、家族の信頼を得ることができるでしょう。できれば簡単な日記をつけると、よりいっそう効果的な痴呆防止法になるのでお勧めします。
     
    • 「健忘(ケンボウ)」に関しての補足:健忘(いわゆる「物忘れ」のこと)とは、記憶したことが思い出せないことです。覚えられないのではなく、忘れているだけですから、言われればすぐに思い出します。
      ◇「健忘症候群(ケンボウショウコウグン)」について:健忘症候群は、「コルサコフ症候群」とも呼ばれています。記憶障害を中心として、記銘力低下、失見当識(見当識障害)、健忘症、意図しない作話などが見られます。健忘症候群は、頭部外傷、一酸化炭素中毒、アルツハイマー病、アルコール精神病などに見られます。アルツハイマー病では高度な痴呆(チホウ)に至ることも特徴です。主病巣は海馬、乳頭体、視床、帯状回の障害で、記憶回路が障害をきたします。慢性アルコール中毒の場合には、特に「コルサコフ症」と呼ばれます。



  10. 年をとることと上手に付き合う
     
    老化はだれにも避けることができない現象です。身体や機能の衰えに上手く対応して、上手に年をとっていくことが、結果的に痴呆症状を軽減することにもつながります。目にあった眼鏡(メガネ)をかけて、耳が遠くなったら補聴器を使ってみるなりして、失禁(シッキン)を恐れて外出を控えるよりは積極的に失禁用パッドを使用してみるというように、やむを得ない老化は素直に受け入れて、さりげない対応をしていくことが、前向きで楽しい老化につながっていくのだと思います。

    【参考】介護での失禁時の適切な対策
     
    • 「失禁(尿失禁)」に関しての補足:尿失禁は、排尿を自分の意思でコントロールすることができなくなる状態です。脳血管障害、脊髄損傷などの排尿に関連する神経の障害で見られる神経因性膀胱、中年期(40歳から64歳)以降の多産婦の多く見られ、くしゃみや重いものを持ち上げることなどで急激に腹圧が高まって生じる『腹圧性尿失禁(ストレス性尿失禁)』、前立腺肥大症で見られる『奇異性尿失禁』、尿路感染症で尿意が強くトイレに行くのが間に合わずに症実『切迫性尿失禁』などがあります。

 


同じカテゴリ「痴呆介助」のページ
痴呆症状の介護とは
 @痴呆症状の介護の仕方と注意点
 A痴呆と老化の違いと原因
 B痴呆の主な症状
 C痴呆を予防する生活のポイント
 D痴呆症状のあるお年寄りとの付き合い方

◆痴呆症状のお年寄りの介護での悩み◆
食事での痴呆症状の悩み
 @46時中に空腹を訴えるケース
 A目に入った物を何でも口に入れてしまう
排尿での痴呆症状の悩み
 @ひんぱんな失禁
 Aお年寄り(被介護者)が大便をいじる
睡眠での痴呆症状の悩み
 @夜中に騒ぎ出す
 A昼夜の逆転・夜間の徘徊
徘徊での痴呆症状の悩み
 @やたら近所を歩き回る
 A夜間に家族の部屋をのぞきまわる
対人関係での痴呆症状の悩み
 @周囲に対して疑い深くなる
 Aやたら怒りっぽい
 B家族の顔を忘れる
 C介護者につきまとう
生活一般での痴呆症状の悩み
 @近所からガラクタを収集する
 Aできて当たり前の動作ができない
 B危険なことを平気でする
このカテゴリでよくある質問
 ・


◆当サイトの見方◆
関心のある分野を上のカテゴリメニューから選び、各カテゴリのトップページにいって関心のある情報を探してください。
同じカテゴリで他のページも見たければ、下部にあるページ紹介から探してみてください。
左メニューは、各カテゴリのトップページと主なページを載せてありますので、関心のあるページを見てみてください。
◆著者紹介◆
介護経験10年以上の介護福祉士・介護支援専門員(ケアマネジャー)4人が中心となり作成・管理・運営しています。
他に看護師や医師にもアドバイスを頂きながら作成しております。
介護る.com
介護
kaigol.com

本サイトのご利用について 参照文献・論文・サイト一覧
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・