介護.com
他カテゴリ→ 準備/心構え 環境作り 食事介助 排泄介助 睡眠介助 清潔介助 床ズレ対策 移動介助 リハビリ介助 ターミナルケア
 トップ > 痴呆介助> 痴呆症状の介護の仕方と注意点:残存している能力を活かしつつ自尊心に配慮した対応を心がける サイトマップ
介護の準備と心構え

 ・介護始める時の態勢づくり
 ・介護生活プランの立案方法
 ・介護人自身の健康管理
◆お年寄りに対する理解◆
 ・『身体』『心理』への理解
◆『寝たきり』を予防する方法◆
 ・寝たきりのきっかけ
 ・『寝たまま』状態の悪影響
 ・寝たきりを予防する要件

介護の環境作り

 ・住まいの危険な場所の点検
◆介護に適した住環境の改造◆
 @照明方法 A移動の工夫
 Bお風呂場 Cトイレ
 D寝床    E臭いの対策法
各季節ごとの注意点と工夫◆
 @春季A夏季B秋季C冬季

食事の介助と工夫

 ・栄養バランスの考え方
 ・献立の作り方
 ・調理方法の工夫
 @脱水の予防A便秘の予防
 B塩分摂取を控えるコツ
 C食欲不振』の場合の工夫
 D嚥下困難』の場合の工夫
◆正しく食事をとる方法◆
 ・正しい食事の姿勢
 ・自助具を使用しての食事
 ・寝たままでの食事の介助法
 ・薬剤を使う際の注意点
 ・健康の記録の記入方法

排泄の介助と自立

◆排泄をしやすくする工夫◆
 ・トイレを使いやすくする工夫
 ・排泄で介助が必要な場合
 ・便器(腰上げ)の使用法
 ・便器(腰上げできない場合)
◆介護での排泄の補助器具◆
 @衣服・下着     A尿器
 Bポータブルトイレ Cオムツ
◆排泄トラブルと予防法◆
 @失禁 A便秘 B下痢

睡眠の介助と工夫

◆快眠のための寝具選び◆
 ・快眠の寝具選びの4ポイント
 ・ベッド周辺の整備
 ・布団(フトン)の活用法
 ・寝床シーツの扱い方
 ・着脱の楽な寝巻(パジャマ)
◆睡眠時のトラブル予防◆
 ・長時間寝込む場合の注意点
 ・寝返り(体位の変換)の介助

清潔保持の介助

◆清潔保持の介助と注意点◆
 ・入浴介助の方法と注意点
部分浴の介助@手浴 A足浴
 ・清拭方法(入浴できない)
 ・洗髪介助 ・洗面・洗顔介助
口腔の清潔保持の介助法
 @歯磨き A入れ歯
 ・スキンケアとかゆみの悩み
◆清潔保持に活用できる衣服◆
 @扱いやすい衣類
 A下着と寝巻(パジャマ)

床ズレ予防の介助

 ・主な原因 ・主な症状と経過
◆床ズレ予防法や対処法◆
 ・床ズレ発症の予防・対処法
 ・床ズレ全般の対処法

移動と動作の介助

 ・安全で無理のない移動介助
 ・寝たまま位置移動の介助
 ・上体(上半身)起こし介助法
 ・ベッドからイスの移動の介助
 ・イスから立ち上がるの介助
 ・車イス介助法と注意点

リハビリの介助

リハビリテーションのポイント
介護での関節拘縮の予防法
 @手と腕と肩 A
◆自力でできるリハビリ◆
寝たままでできるリハビリ・運動
 @上半身 A下半身
座ってできるリハビリ・運動
 @腕・肩、足 A前と横へ
 ・安全な歩き方の練習・介助
 ・言語・聴覚障害がある場合

痴呆症状の介助

 ・痴呆症状の介護とは
 @介護の仕方と注意点
 A痴呆と老化の違いと原因
 Bの主な症状
 C予防する生活のポイント
 D痴呆症状との付き合い方

ターミナルケア(終末期の介護)

 ・ターミナルケアとは
 ・ターミナルケアは在宅か病院か
◆介護者が知るべき応急手当◆
 ・容態の見方(緊急時の手当)

痴呆症状の介護の仕方と注意点:残存している能力を活かしつつ自尊心に配慮した対応を心がける

◇介護での痴呆症状の対応・介助の方法

痴呆

おだやかな心と態度で接する心がけ

 お年寄り(被介護者)の失禁(シッキン)などの失敗は、本人にもわかるものです。だから追い討ちをかけるような叱責(シッセキ)は、お年寄り(被介護者)にストレスを与え、かえって痴呆症状を悪化させて、異常行動に拍車をかけることになります。
 このようなことを考慮すると、介護下でのお年寄り(被介護者)の失敗を荒立てずに、何気なく処理して、温かく包み込むように接すれば、ストレスとならずに、問題行動も最小限に食い止めることができるようになるでしょう。そして、そうすればお年寄り(被介護者)も徐々に介護に協力的になっていき、介護者の負担も軽減されることも期待できます。

  • 「失禁(尿失禁)」に関しての補足:尿失禁は、排尿を自分の意思でコントロールすることができなくなる状態です。脳血管障害、脊髄損傷などの排尿に関連する神経の障害で見られる神経因性膀胱、中年期(40歳から64歳)以降の多産婦の多く見られ、くしゃみや重いものを持ち上げることなどで急激に腹圧が高まって生じる『腹圧性尿失禁(ストレス性尿失禁)』、前立腺肥大症で見られる『奇異性尿失禁』、尿路感染症で尿意が強くトイレに行くのが間に合わずに症実『切迫性尿失禁』などがあります。

 

自尊心を傷つけないように心がける

 お年寄り(被介護者)本人にはわからないと思って、目の前やちょっと離れた場所などで悪口を言ったり、介護の愚痴(グチ)をこぼしたりすると、実は敏感に感じているものです。プライドを傷つけられることは、お年寄り(被介護者)にとって非常に大きなストレスになり、痴呆(チホウ)の症状を進行させてしまいます。
 これに加えて、何もわからないと思って、小さな子どもに対するような口の聞き方も慎みましょう。体力や脳の機能が低下していても、人間としての自尊心や羞恥心は残っているのです。

 【参考】お年寄り個々人の人生背景を理解した対応

 【参考】言葉がけをしつつスムーズな介護を

  • 「痴呆性高齢者の介護」に関しての補足:痴呆性高齢者の介護の基本は、穏やかで安定性のある接し方ですね。痴呆(チホウ)によって、物忘れがひどくなったり、見当識障害や考える力、理解する力が低下したりする症状によって、日常生活においてもさまざまなトラブルが生じてきます。それら一つ一つの事柄に対して、その都度に訂正したり叱ったりして説得しても、相手の混乱や不安感を増長するだけなのです。だから本人や周囲の危険に結びつかない限りは、まずはその事態を受容して次に正しい方法を介護者が一緒に行って示すなどの方法が適していると言えるでしょう。
    これに加えて、情報は必ず1対1で相手の目を見ながら簡潔に伝えるようにしましょう。食事をした直後に再度食事の要求があった場合などでは、「今ちょうど食事の支度をしているから待っててください」など、そのときその場に本人が納得するような受け答えをすることが良いでしょう。話すときには、介護者の気持ちが伝わるようにや、やや感情を込めて話しましょう。必要な場合には、手を握ったり、肩に触れたりすることで安心感が得られることもあります。痴呆性高齢者の場合には、昔の思い出がよく話されるのですが、これを現実逃避ととらえるのではなく、痴呆性疾患の特性である上に、現在を生きる自信につながると言う点でも尊重してあげるのが良いでしょう。

 

現在残っている能力を活かす

 お年寄り(被介護者)の気分が良さそうなとき、元気なときにしていた作業を頼んでみるのも良いでしょう。庭の草取りや水撒き、お米とぎ、マメのさやとりといった簡単な作業などをすることで、気持ちにはりができて、生活にリズムをつくることがでいます。これに加えて、作業だけではなく、歌を歌うことなどでもいいのです。昔、よく口ずさんでいた歌をいっしょに歌ってあげましょう。歌との関連で他の興味なども生まれる発展もあるかもしれません。

 

痴呆性高齢者は健康管理に要注意

 痴呆症状のあるお年寄り(被介護者)は、暑さ、寒さ、痛さの感覚が鈍くなっております。これに加えて、身体の異常を訴えても実際の部位とは異なったところが悪くなっていたりすることもよくあります。よく歩き回っていたお年寄り(被介護者)が急に動かなくなったりだとか、ぼんやりしているとか、いつもと違う状態だったら、特に注意しておく必要があるでしょう。熱が無いか、気づかないうちに骨折をしてはいなかい、病気にかかってはいないかを確かめましょう。
 このようなことに加えて、特に具合が悪くなくても、定期的に体温や体重などをはかって健康管理をすることを習慣付けましょう。こうした管理に関しては、介護ノートの作成などが便利ですので、介護生活に余裕があれば記録をつけるようにしましょう。介護ノートにかんしては、当サイトの別ページで詳しく説明させていただきますので、そちらをご参照ください。

 【参考】介護での健康の記録(介護ノート)の記入方法


≫次のページ「痴呆と老化の違いと原因:老化と痴呆は異なり、痴呆症状の原因となる病気なども多くある」へ

 


同じカテゴリ「痴呆介助」のページ
痴呆症状の介護とは
 @痴呆症状の介護の仕方と注意点
 A痴呆と老化の違いと原因
 B痴呆の主な症状
 C痴呆を予防する生活のポイント
 D痴呆症状のあるお年寄りとの付き合い方

◆痴呆症状のお年寄りの介護での悩み◆
食事での痴呆症状の悩み
 @46時中に空腹を訴えるケース
 A目に入った物を何でも口に入れてしまう
排尿での痴呆症状の悩み
 @ひんぱんな失禁
 Aお年寄り(被介護者)が大便をいじる
睡眠での痴呆症状の悩み
 @夜中に騒ぎ出す
 A昼夜の逆転・夜間の徘徊
徘徊での痴呆症状の悩み
 @やたら近所を歩き回る
 A夜間に家族の部屋をのぞきまわる
対人関係での痴呆症状の悩み
 @周囲に対して疑い深くなる
 Aやたら怒りっぽい
 B家族の顔を忘れる
 C介護者につきまとう
生活一般での痴呆症状の悩み
 @近所からガラクタを収集する
 Aできて当たり前の動作ができない
 B危険なことを平気でする
このカテゴリでよくある質問
 ・


◆当サイトの見方◆
関心のある分野を上のカテゴリメニューから選び、各カテゴリのトップページにいって関心のある情報を探してください。
同じカテゴリで他のページも見たければ、下部にあるページ紹介から探してみてください。
左メニューは、各カテゴリのトップページと主なページを載せてありますので、関心のあるページを見てみてください。
◆著者紹介◆
介護経験10年以上の介護福祉士・介護支援専門員(ケアマネジャー)4人が中心となり作成・管理・運営しています。
他に看護師や医師にもアドバイスを頂きながら作成しております。
介護る.com
介護
kaigol.com

本サイトのご利用について 参照文献・論文・サイト一覧
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・