介護.com
他カテゴリ→ 準備/心構え 環境作り 食事介助 排泄介助 睡眠介助 清潔介助 床ズレ対策 移動介助 リハビリ介助 ターミナルケア
 トップ > 痴呆介助> やたら近所を歩き回る(徘徊での悩み・痴呆症状の接し方) サイトマップ
介護の準備と心構え

 ・介護始める時の態勢づくり
 ・介護生活プランの立案方法
 ・介護人自身の健康管理
◆お年寄りに対する理解◆
 ・『身体』『心理』への理解
◆『寝たきり』を予防する方法◆
 ・寝たきりのきっかけ
 ・『寝たまま』状態の悪影響
 ・寝たきりを予防する要件

介護の環境作り

 ・住まいの危険な場所の点検
◆介護に適した住環境の改造◆
 @照明方法 A移動の工夫
 Bお風呂場 Cトイレ
 D寝床    E臭いの対策法
各季節ごとの注意点と工夫◆
 @春季A夏季B秋季C冬季

食事の介助と工夫

 ・栄養バランスの考え方
 ・献立の作り方
 ・調理方法の工夫
 @脱水の予防A便秘の予防
 B塩分摂取を控えるコツ
 C食欲不振』の場合の工夫
 D嚥下困難』の場合の工夫
◆正しく食事をとる方法◆
 ・正しい食事の姿勢
 ・自助具を使用しての食事
 ・寝たままでの食事の介助法
 ・薬剤を使う際の注意点
 ・健康の記録の記入方法

排泄の介助と自立

◆排泄をしやすくする工夫◆
 ・トイレを使いやすくする工夫
 ・排泄で介助が必要な場合
 ・便器(腰上げ)の使用法
 ・便器(腰上げできない場合)
◆介護での排泄の補助器具◆
 @衣服・下着     A尿器
 Bポータブルトイレ Cオムツ
◆排泄トラブルと予防法◆
 @失禁 A便秘 B下痢

睡眠の介助と工夫

◆快眠のための寝具選び◆
 ・快眠の寝具選びの4ポイント
 ・ベッド周辺の整備
 ・布団(フトン)の活用法
 ・寝床シーツの扱い方
 ・着脱の楽な寝巻(パジャマ)
◆睡眠時のトラブル予防◆
 ・長時間寝込む場合の注意点
 ・寝返り(体位の変換)の介助

清潔保持の介助

◆清潔保持の介助と注意点◆
 ・入浴介助の方法と注意点
部分浴の介助@手浴 A足浴
 ・清拭方法(入浴できない)
 ・洗髪介助 ・洗面・洗顔介助
口腔の清潔保持の介助法
 @歯磨き A入れ歯
 ・スキンケアとかゆみの悩み
◆清潔保持に活用できる衣服◆
 @扱いやすい衣類
 A下着と寝巻(パジャマ)

床ズレ予防の介助

 ・主な原因 ・主な症状と経過
◆床ズレ予防法や対処法◆
 ・床ズレ発症の予防・対処法
 ・床ズレ全般の対処法

移動と動作の介助

 ・安全で無理のない移動介助
 ・寝たまま位置移動の介助
 ・上体(上半身)起こし介助法
 ・ベッドからイスの移動の介助
 ・イスから立ち上がるの介助
 ・車イス介助法と注意点

リハビリの介助

リハビリテーションのポイント
介護での関節拘縮の予防法
 @手と腕と肩 A
◆自力でできるリハビリ◆
寝たままでできるリハビリ・運動
 @上半身 A下半身
座ってできるリハビリ・運動
 @腕・肩、足 A前と横へ
 ・安全な歩き方の練習・介助
 ・言語・聴覚障害がある場合

痴呆症状の介助

 ・痴呆症状の介護とは
 @介護の仕方と注意点
 A痴呆と老化の違いと原因
 Bの主な症状
 C予防する生活のポイント
 D痴呆症状との付き合い方

ターミナルケア(終末期の介護)

 ・ターミナルケアとは
 ・ターミナルケアは在宅か病院か
◆介護者が知るべき応急手当◆
 ・容態の見方(緊急時の手当)

やたら近所を歩き回る(徘徊での悩み・痴呆症状の接し方)

◇介護での痴呆症状の対応・介助の方法

徘徊

 近所を歩き回るという症状は、痴呆症状の中期を過ぎて出てくることが多いのですが、病院などの施設に入ったり、新しい環境に移ったりした場合には、特に症状として現れやすいようです。ハッキリとした原因は解明されておりませんが、現在の状況をうまく認知できないことから起こることは確かなようです。お年寄り(被介護者)に問うてみると、「これから自宅に帰る」とおっしゃることが多いのですが、今いる場所が自宅であることを伝えても、現在の状況がわかっていないのですから理解することはできないのでしょう。
 そういった場合には、無理に家に閉じ込めようとしても、不安を募らせてしまうばかりです。「それでは、いっしょに家まで帰りましょう」と言って、お年寄り(被介護者)といっしょに家を出てみましょう。近所をしばらく歩いたら、自宅へ戻って家に帰ったことを被介護者(お年寄り)に確認して声かければいいのです。もっと歩きたがれば、ご飯を食べるなどと他のことに気を紛らわせて言葉をかわしているうちに、歩く願望も忘れてしまうでしょう。

 繰り返すようですが、また始まった、などと思って無関心や無視するなどといった態度をとることは良くありません。ましてや行為そのものを否定することは禁物で、お年寄り(被介護者)は何らかの動機があって行っているので不信感や不安感をあおるだけです。共感されることから安心感が得られて、徘徊もずっと少なくなっていくはずです。

  • 「徘徊(ハイカイ)」に関しての補足:徘徊は、老年痴呆の主要な症状のひとつです。徘徊のきっかけとしては、@勘違い(たとえば、家のいるのに他人の家にいると勘違いして出かけようとする)A衝動的、あるいは目的も無しに頻繁に出かけようとするもの、B周囲の無理解や拘束に反応して出て行く場合、Cせん妄が原因となるもの、とに分類することができます。つまり、徘徊するお年寄りにも、それなりの意思があり、それに反して強引に引き戻したり押し付けたりすると、不安や抵抗をしめすことがあります。
    まずは、静かに見守ることが重要で、説得して止めさせるよりも情緒の安定をいかにして図るのかが介護者の適切な対応と言えるでしょう。しかしながら、徘徊は昼夜を問わず行われるので、徘徊をする者を疲労させ心身の状態を悪化させて、さらに徘徊が悪化するという事態もありますから、睡眠の状態や睡眠時間、徘徊の状態などを調べることで改善策を見つけることも重要な対策となるのです。

 

お年寄り(被介護者)の徘徊への対策

  1. 服に住所と名前、電話番号を書いたものをつけておく(前につけるととってしまい場合には後ろにつける)
  2. 近所の人に、外で見かけたら知らせるように頼んでおく
  3. 玄関の戸に音の出るものを取り付けておく(音で家の人の出入りが分かるようにする)
  4. 買い物や散歩に高齢者も連れて行く(適度に疲れるため、徘徊が減ることもあります)
  • 「徘徊への対応」に関しての補足:徘徊とは、ウロウロと目的も無く歩き回ること言い、痴呆の高度右面の障害の一つです。不眠や夜間せん妄に随伴したり、状況における自分の位置や存在に関する強い不安や誘引となることもあります。門や玄関などの出口を閉めておくことや室内を整頓しておくなど安全面への気配りを行って、行動を抑制せずに高齢者と一緒に出かけてみるのもよい対策でしょう。名札をつけるなど、氏名や住所、電話番号などが分かるような手段をしておくなどを対策が必要でしょう。
    夜間徘徊の原因としては、回りが暗くなり、静かになると、高齢者が一人になったような気がして、さびしくなって、誰かを探そうとして歩き回ったり、急に怖くなったり、精神的に落ち着かなくなるなどのことが考えられます。いずれにしても、高齢者の心の中の「孤独感」や「不安感」が原因であり、その人なりの不安の解消のための行動であると思われます。だから、夜間徘徊している高齢者に対しては、無理やりに部屋へ戻すことはせずに、高齢者の話を聞いて、黙ってそばについていたり、手を握ったりするなどして高齢者個々の状態に合ったことをしてあげるべきです。それには、各高齢者の日常生活をよく観察して、話を聞いてあげ、徘徊の原因を見出して行くことが重要です。

 


同じカテゴリ「痴呆介助」のページ
痴呆症状の介護とは
 @痴呆症状の介護の仕方と注意点
 A痴呆と老化の違いと原因
 B痴呆の主な症状
 C痴呆を予防する生活のポイント
 D痴呆症状のあるお年寄りとの付き合い方

◆痴呆症状のお年寄りの介護での悩み◆
食事での痴呆症状の悩み
 @46時中に空腹を訴えるケース
 A目に入った物を何でも口に入れてしまう
排尿での痴呆症状の悩み
 @ひんぱんな失禁
 Aお年寄り(被介護者)が大便をいじる
睡眠での痴呆症状の悩み
 @夜中に騒ぎ出す
 A昼夜の逆転・夜間の徘徊
徘徊での痴呆症状の悩み
 @やたら近所を歩き回る
 A夜間に家族の部屋をのぞきまわる
対人関係での痴呆症状の悩み
 @周囲に対して疑い深くなる
 Aやたら怒りっぽい
 B家族の顔を忘れる
 C介護者につきまとう
生活一般での痴呆症状の悩み
 @近所からガラクタを収集する
 Aできて当たり前の動作ができない
 B危険なことを平気でする
このカテゴリでよくある質問
 ・


◆当サイトの見方◆
関心のある分野を上のカテゴリメニューから選び、各カテゴリのトップページにいって関心のある情報を探してください。
同じカテゴリで他のページも見たければ、下部にあるページ紹介から探してみてください。
左メニューは、各カテゴリのトップページと主なページを載せてありますので、関心のあるページを見てみてください。
◆著者紹介◆
介護経験10年以上の介護福祉士・介護支援専門員(ケアマネジャー)4人が中心となり作成・管理・運営しています。
他に看護師や医師にもアドバイスを頂きながら作成しております。
介護る.com
介護
kaigol.com

本サイトのご利用について 参照文献・論文・サイト一覧
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・