介護.com
他カテゴリ→ 準備/心構え 環境作り 食事介助 排泄介助 睡眠介助 清潔介助 床ズレ対策 移動介助 リハビリ介助 ターミナルケア
 トップ > 痴呆介助> 痴呆症状の対応・介助の方法・カテゴリトップ サイトマップ
介護の準備と心構え

 ・介護始める時の態勢づくり
 ・介護生活プランの立案方法
 ・介護人自身の健康管理
◆お年寄りに対する理解◆
 ・『身体』『心理』への理解
◆『寝たきり』を予防する方法◆
 ・寝たきりのきっかけ
 ・『寝たまま』状態の悪影響
 ・寝たきりを予防する要件

介護の環境作り

 ・住まいの危険な場所の点検
◆介護に適した住環境の改造◆
 @照明方法 A移動の工夫
 Bお風呂場 Cトイレ
 D寝床    E臭いの対策法
各季節ごとの注意点と工夫◆
 @春季A夏季B秋季C冬季

食事の介助と工夫

 ・栄養バランスの考え方
 ・献立の作り方
 ・調理方法の工夫
 @脱水の予防A便秘の予防
 B塩分摂取を控えるコツ
 C食欲不振』の場合の工夫
 D嚥下困難』の場合の工夫
◆正しく食事をとる方法◆
 ・正しい食事の姿勢
 ・自助具を使用しての食事
 ・寝たままでの食事の介助法
 ・薬剤を使う際の注意点
 ・健康の記録の記入方法

排泄の介助と自立

◆排泄をしやすくする工夫◆
 ・トイレを使いやすくする工夫
 ・排泄で介助が必要な場合
 ・便器(腰上げ)の使用法
 ・便器(腰上げできない場合)
◆介護での排泄の補助器具◆
 @衣服・下着     A尿器
 Bポータブルトイレ Cオムツ
◆排泄トラブルと予防法◆
 @失禁 A便秘 B下痢

睡眠の介助と工夫

◆快眠のための寝具選び◆
 ・快眠の寝具選びの4ポイント
 ・ベッド周辺の整備
 ・布団(フトン)の活用法
 ・寝床シーツの扱い方
 ・着脱の楽な寝巻(パジャマ)
◆睡眠時のトラブル予防◆
 ・長時間寝込む場合の注意点
 ・寝返り(体位の変換)の介助

清潔保持の介助

◆清潔保持の介助と注意点◆
 ・入浴介助の方法と注意点
部分浴の介助@手浴 A足浴
 ・清拭方法(入浴できない)
 ・洗髪介助 ・洗面・洗顔介助
口腔の清潔保持の介助法
 @歯磨き A入れ歯
 ・スキンケアとかゆみの悩み
◆清潔保持に活用できる衣服◆
 @扱いやすい衣類
 A下着と寝巻(パジャマ)

床ズレ予防の介助

 ・主な原因 ・主な症状と経過
◆床ズレ予防法や対処法◆
 ・床ズレ発症の予防・対処法
 ・床ズレ全般の対処法

移動と動作の介助

 ・安全で無理のない移動介助
 ・寝たまま位置移動の介助
 ・上体(上半身)起こし介助法
 ・ベッドからイスの移動の介助
 ・イスから立ち上がるの介助
 ・車イス介助法と注意点

リハビリの介助

リハビリテーションのポイント
介護での関節拘縮の予防法
 @手と腕と肩 A
◆自力でできるリハビリ◆
寝たままでできるリハビリ・運動
 @上半身 A下半身
座ってできるリハビリ・運動
 @腕・肩、足 A前と横へ
 ・安全な歩き方の練習・介助
 ・言語・聴覚障害がある場合

痴呆症状の介助

 ・痴呆症状の介護とは
 @介護の仕方と注意点
 A痴呆と老化の違いと原因
 Bの主な症状
 C予防する生活のポイント
 D痴呆症状との付き合い方

ターミナルケア(終末期の介護)

 ・ターミナルケアとは
 ・ターミナルケアは在宅か病院か
◆介護者が知るべき応急手当◆
 ・容態の見方(緊急時の手当)

痴呆症状の対応・介助の方法・カテゴリトップ

◇介護での痴呆症状の対応・介助の方法

痴呆症状の対応・介助の方法

 いわゆる「ボケ症状」とみなされていたものでも、単なる老化現象によるものと、病気による痴呆(チホウ)とは区別されます。お年寄り(被介護者)の様子がおかしいと気づいたら、可能なかぎり早い時期に専門の医師の診断を受けるようにしましょう。治療や介護次第では、完治とまではいかなくとも、大きく改善できる場合もあります。
 身近な人の人格が壊れていくような痴呆(チホウ)症状の介護は非常に辛いものがありますが、正しい知識と対応法を知って、老いを温かく見守ってあげることが良いでしょう。

 

 以下では、「痴呆症状の対応・介助の方法」カテゴリのページを、皆さんが必要としている情報をすぐに見つけられるように解説しながら紹介していきます。
 他のカテゴリのページを見たい場合には、右のメニューから選んでください。また、各カテゴリのトップ紹介・解説ページを見たい場合には、上部のメニューから選んでみてください。

  • 「痴呆(チホウ)」に関しての補足:痴呆(チホウ)は成人になってから起こり、一度獲得された正常に発達した知能が、後天的な原因により障害を受け、不可逆的に低下することです。記銘力や見当識障害が見られ、記憶力の低下や判断力の低下、理解力の低下などの症状が見られます。
  • アルツハイマー型痴呆」に関しての補足:老年期(満65歳以上の者)の方で、加齢に伴う脳の一次性萎縮性病変による痴呆(チホウ)です。比較的緩慢に進行する器質的痴呆で、持続的に知能低下が見られます。理解力・判断力の低下、記憶障害、人格水準の低下、見当識障害、日常生活能力の低下、失禁(シッキン)が出現して、やがて寝たきりの状態となります。主な症状としては、昔の記憶より最近の記憶の方が失われ易いという記銘力の低下が特徴的です。痴呆が進行しても、本人の感情は比較的保たれているので、言葉によるコミュニケーションができなくとも、感情に訴えたり、喜怒哀楽を的確に捉えて接する接することが本人の安寧には効果的です。しかしながら、痴呆症状は個別にかなり差があるので、個々に状態を把握することが原則です。
    痴呆の状態に陥ると、@言葉や理屈では理解が難しい、A新しい事柄を覚えるのが苦手、B注意力や瞬発力も衰えるので思わぬ怪我(ケガ)をすることがある、などの生活を行ううえでの負担や危険が増すので、介護者などはその点に配慮する必要があります。類似の病気としては、『アルツハイマー病』があるが、これは40〜60歳ぐらいの初老期に発症するものです。しかしながら、脳の病理所見からは両者を区別することが難しく、両者を併せてアルツハイマー型痴呆と呼ぶことが多くなっております。
    【アルツハイマー病」】アルツハイマー病は器質性精神障害のひとつです。初老期(40〜60歳前後)に、脳の形や大きさに異常をきたし、記憶障害、知能の低下、倫理観の鈍麻(ドンマ)、せん妄、徘徊(ハイカイ)、暴力行為、末期には言葉の中程や最後の部分を繰り返してしまうなどといった症状を呈する疾患です。特に、昔のことは覚えていても、最近のきおくがなくなることが特徴で、これに加えて、覚えられない記銘力の低下も伴います。
  • 「加齢に伴う変化(介護をする視点)」に関しての補足:加齢(年齢を重ねること)にともなって起こる変化は個々人によって差があるのですが、高齢期における身体的・精神的変化の特徴を知っておくことが適切な介護につながることは言うまでもありません。介護従事者(あるいは在宅介護者)は、医学的(療養上の)注意事項をよく守った上で、利用者が快適な生活を送ることができるように創意工夫をしなければいけません。
    筋力や運動機能は、20〜30歳代をピークとして、その後、加齢に伴って低下していくのですが、その程度には個人差があります。知的機能においては身体的機能とは異なり、年老いてもなお若者にはない優れたレベルを示すものもあります。経験と強く関係する言語的知能は、老年期(満65歳以上の者)でも比較的遅くまで維持されます。教育や社会経験を通して身に着けた能力は、高齢になっても発揮することができます。また、柔軟な考え方ができ、広い視野を持って物事を見つめることもできます。
    感覚器の機能は、加齢により低下していきますが、中でも老人性難聴と呼ばれるように、聴覚は衰えてきます。初期老化は高音域が聞こえなくなり、次第に全音域に広がります。老眼は目の調節機能の衰えであり、20〜30センチの手元の領域が見えにくくなります。老人性白内障も加齢による視力低下の原因として多く見られます。加齢により心筋の収縮力は減少し、肺活量も低下します。また、すぐに貧血(ヒンケツ)気味になったり、腎機能も低下します。
    免疫能力の低下もみられ、感染症にかかりやすくなったり、治りにくかったりします。平衡感覚も衰えて立位バランスが悪くなって転倒しやすくなります。

 

痴呆症状のお年寄り(被介護者)の介護での悩み

  • 睡眠での痴呆症状の悩み
    意識障害や夜間せん妄などから、特有の現象が生じることがありますが、冷静に適切な対応をとることが重要です。生活のリズムを作るために、介護全般においての対処が必要となるでしょう。 
    1. 夜中に騒ぎ出す
    2. 昼夜の逆転・夜間の徘徊

 

  • 「痴呆性高齢者の介護」に関しての補足:痴呆性高齢者の介護の基本は、穏やかで安定性のある接し方ですね。痴呆(チホウ)によって、物忘れがひどくなったり、見当識障害や考える力、理解する力が低下したりする症状によって、日常生活においてもさまざまなトラブルが生じてきます。それら一つ一つの事柄に対して、その都度に訂正したり叱ったりして説得しても、相手の混乱や不安感を増長するだけなのです。だから本人や周囲の危険に結びつかない限りは、まずはその事態を受容して次に正しい方法を介護者が一緒に行って示すなどの方法が適していると言えるでしょう。これに加えて、情報は必ず1対1で相手の目を見ながら簡潔に伝えるようにしましょう。食事をした直後に再度食事の要求があった場合などでは、「今ちょうど食事の支度をしているから待っててください」など、そのときその場に本人が納得するような受け答えをすることが良いでしょう。話すときには、介護者の気持ちが伝わるようにや、やや感情を込めて話しましょう。必要な場合には、手を握ったり、肩に触れたりすることで安心感が得られることもあります。痴呆性高齢者の場合には、昔の思い出がよく話されるのですが、これを現実逃避ととらえるのではなく、痴呆性疾患の特性である上に、現在を生きる自信につながると言う点でも尊重してあげるのが良いでしょう。

 


同じカテゴリ「痴呆介助」のページ
痴呆症状の介護とは
 @痴呆症状の介護の仕方と注意点
 A痴呆と老化の違いと原因
 B痴呆の主な症状
 C痴呆を予防する生活のポイント
 D痴呆症状のあるお年寄りとの付き合い方

◆痴呆症状のお年寄りの介護での悩み◆
食事での痴呆症状の悩み
 @46時中に空腹を訴えるケース
 A目に入った物を何でも口に入れてしまう
排尿での痴呆症状の悩み
 @ひんぱんな失禁
 Aお年寄り(被介護者)が大便をいじる
睡眠での痴呆症状の悩み
 @夜中に騒ぎ出す
 A昼夜の逆転・夜間の徘徊
徘徊での痴呆症状の悩み
 @やたら近所を歩き回る
 A夜間に家族の部屋をのぞきまわる
対人関係での痴呆症状の悩み
 @周囲に対して疑い深くなる
 Aやたら怒りっぽい
 B家族の顔を忘れる
 C介護者につきまとう
生活一般での痴呆症状の悩み
 @近所からガラクタを収集する
 Aできて当たり前の動作ができない
 B危険なことを平気でする
このカテゴリでよくある質問
 ・


◆当サイトの見方◆
関心のある分野を上のカテゴリメニューから選び、各カテゴリのトップページにいって関心のある情報を探してください。
同じカテゴリで他のページも見たければ、下部にあるページ紹介から探してみてください。
左メニューは、各カテゴリのトップページと主なページを載せてありますので、関心のあるページを見てみてください。
◆著者紹介◆
介護経験10年以上の介護福祉士・介護支援専門員(ケアマネジャー)4人が中心となり作成・管理・運営しています。
他に看護師や医師にもアドバイスを頂きながら作成しております。
介護る.com
介護
kaigol.com

本サイトのご利用について 参照文献・論文・サイト一覧
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・